キャプチャ
via youtube

チューリッヒ大学の人工知能研究所が開発したロボット"Roboy"。

まるで人間のようなロボット「ケンシロウロボット」が最近話題になりましたが、Roboyも同様に、本物の人間の骨格、関節、筋肉を再現することで、より人間に近い動きのロボットを目指しています。

Roboyの名前の通り幼児型のロボットで、最終的に4歳児ほどの大きさになるんだとか。

公開された動画では上半身の動きをちょこっとだけ見ることが出来ます。

ROBOY: Tendon Driven Humanoid Robot


Roboyのお披露目は2013年3月にチューリッヒで行われる、世界のロボット、ヒューマノイド、サイボーグなどが集う展示会"Robots on Tour"です。

作業のスピードアップのため、Roboyは9ヶ月間での完成を目標に設定しており、資金集めの一環で企業名や個人名を載せることの出来るロゴスペースの販売もしています。

もっとも安いもので25スイスフラン(約2300円)。ロゴの位置は背中で"Robots on Tour"のチケットが1枚つきます。50スイスフラン(約4700円)なら、足にロゴ、さらにRoboyのフィギュアが貰えます。 5,000スイスフラン(約47万円)で、胸にロゴをつける他に、Roboyがあなたの開くイベントなどに来てくれます。

まだ集まった資金はまだ目標額の半分ほどのようなので、技術に興味がある、ロゴをつけて貰いたい、オマケが欲しいなどなど興味のある方は一度公式HPを覗いてみてはいかがでしょうか。

▼公式サイト
http://www.roboy.org/