キャプチャ
via youtube


ネコミミなど「KAWAII」もしくは「OTAKU」文化に強い日本ならでは発明品が海外サイトで話題になっていました。

上の画像に写る尻尾が今回紹介させて頂く発明品、その名も「Tailly」。
一見するとただのネコの尻尾のようなモフモフアクセサリーなのですが、Taillyの大きな特徴はユーザーの心拍数と連動するということ。まるで本物の尻尾のように感情に合わせてユラユラ動くのです。

Taillyは腰に巻くベルトから尻尾が伸びているという構造。ベルトの内側には心拍数を計測するセンサーが組み込まれており、ドキドキして心拍数が上がると尻尾は激しくフリフリ、リラックスした状態だと尻尾はゆっくりユラユラと動くそうです。

▼上から2番目にその全容が映された写真が掲載されています。
Tailly: The tail that wags when you get excited | Indiegogo

プロモーション映像も公開されていたのでご覧ください




このユニークな発明品に対して動画のコメント欄より海外の反応を見ると
● 日本人は毎回、世界で最もクールな発明をするね

● これは欲しい

● ・・・オンリージャパン

● これ + Necomimi =勝利

● コスプレに最適ですね

● 日本:そこは感情さえも電子的/機械的に表現しなければならない
等々のコメントがありました。
面白いアイディアだと思う人も多い中で、この一風変わった発明品をクレイジーと思う方もチラホラ。ともかく中々反響があるようでした。

このTaillyはクラウドファインディングサービス「Indiegogo」で資金を募っていたのですが、残念ながら目標金額までは到達できなかった模様。しかしメイドカフェなどで大活躍しそうなのでぜひ商品化してもらいたいものですね。


▼Indiegogo
Tailly: The tail that wags when you get excited




[ via laughingsquid.com , Geekologie , DVICE , Indiegogo ]