画像はイメージです。
Japan
Japan / NASA Goddard Photo and Video


「Orange」より日本を舞台としたCMが公開されました。
日本の独特の町並みにビックリ?
「Orange」はフランステレコムグループの傘下に入る、欧州では有名な携帯電話事業者の内の一つです。そんな企業より披露されたCMは、仕事で日本を訪れたとある一人のビジネスマンが日本を体験するというものになっています。

海外からすると珍しいというカプセルホテルで目を覚まし、ATMにお金をおろしにいく・・・そんな日本での一日が描かれています。

日本の光景を写す映像といえばお寺や舞妓さんなどにスポットが当てられる場合が多いですが、今回は駅の複雑な路線図や、ゲームセンターの太鼓の達人、「日本に長くいすぎた」というジョークでも言われる「お辞儀」の文化がATMにまで浸透していることが発覚するシーンなど、かなり細かな部分にスポットが当てられています。

ATMのアバターまでお辞儀。
キャプチャ

via Orange ad from Metomar on Vimeo.


映像は仕事終わりに訪れた回転寿司屋さんでちょっとドラマチックな出会いを果たし、「A little human touch goes a long way」という言葉で締め。ロケは全て日本で行われたそうで、海外の方の目線からの日本の街を見ることで日本を再発見できる、かも。

というわけで映像は以下より。

Orange ad from Metomar on Vimeo.


ごりごりなクールジャパンもいいですが、海外の方から見るとこうした下地があってこそのユニークな日本なのかもしれませんね


[ via Metomar ]