韓国にはとんでもなくハードな高速道路の料金所があると話題になっていました。
どうなっているんだ・・・
その光景が見られるのはソウルにあるの高速道路の料金所の付近。特別特殊な装置があったり銅像が置かれているというわけではなく普通に通ればただの道路なのですが、ある角度から見ると面白い風景が見られるというものなのです。

というわけでまずは以下のサイトよりそれを写した画像をご覧下さい。
twentytwowords
Real-life optical illusion: Tollbooth appears to be warping the road

え、ええええええ!?凄い坂!?

手前と奥の道が凄い坂になっていて、まるで料金所が三角の頂上にあるように見えますね。大丈夫なのこれ!?

なんだか頂上まで行ったら車が半分に折れてしまいそうな危険な雰囲気ですが、実際にこんなに尖っているという訳ではなくこれは錯覚で坂になっているように見えるという航空写真。斜め上からという撮影の角度と横に広がった道、白線が合わさってこの錯覚が生まれたようです。

それにしても凄い錯覚ですね。上の道と料金所を手で隠すと下は平らに見えるのですが、奥はどうやって見ても坂になっているように見えてしまいます・・・。

海外でも「これは凄い」「一目見たときは急な坂だと思った」「元々こうだったんじゃないの?」「見ていると目眩がする・・・」「滝ロード」「インセプションのかと思った」等々驚きの声が上がっていました。また「私は前ソウルに住んでいて、何度もこの料金所を利用したよ」という方や、写真の道路と思われる場所の映像を発見した人もいました。

以下は写真の道路と思われる場所を写した映像。建物の位置が同じですね。
youtube



[ via twentytwowords.com , Mighty Optical Illusions , YouTube/geebner ]