medium_5756850406
photo credit: klubbers via photopin cc

日本ではあまり馴染みがありませんが、立派な芝生の庭を持つことがステータスとなる国はいくつかあります。そんな芝生のお手入れのお供である芝刈り機がイギリスで魔改造されていました。
高速芝刈り
芝刈り機の改造を手がけたのはイギリスのホンダの英国ツーリングカー選手権のパートナーであるチームダイナミクス。レーシングカーの分野で高い技術を持つ彼らが、のどかな風景がよく似合う芝刈り機をまるでレースカーのようにしてしまいました。

ベースとなったのはホンダの芝刈り機「HF2620」で、従来の概観は残しながらも、エンジンをVTRファイアーストームの996cc Vツインエンジンに載せかえ、シャーシなどの見直しにより100kg以上の軽量化、さらにサスペンションとホイールその他もろもろもにも手が加えられるなどの徹底的な改造が実施されました。

その結果、理論上の最高時速は時速130マイル(約209キロ)、サーキットのテスト走行では時速100マイル(約160キロ)を記録するという芝刈り機らしからぬ性能を獲得。しかもこれだけパワフルになりながら芝刈り機能も残されており、前後タイヤの間にある電動カッターで時速15マイル(約24キロ)で芝をカット出来るとのこと。こちらもこれまでにないスピードとなっています。

というわけでその映像は以下。ちなみにPVではイギリスツーリングカー選手権のドライバーチャンピオンに輝いたGordon Shedden選手がドライバーを担当しています。
YouTube


こちらは「Top Gear Magazine」によるテスト走行映像。
YouTube
The Stig's 130mph lawnmower - Top Gear Magazine

残念ながらリリースの予定はなさそうですが、もし発売されたら大きな庭を持つ方の助けとなる・・・のでしょうか?


[ via Honda UK Newsroom , YouTube/HondaVideo ]