画像はイメージです。
Film
Film / adpowers


 海外ファンにるよるファンメイドムービーが動画等交際となどで度々話題になりますが、クラウドファインディングサイト「KICKSTARTER」では任天堂のあの人気ゲームの実写化プロジェクトが資金調達を開始していました。
カッコイイ!
 1986年にディスクシステム用ゲームとしてシリーズがスタートしたメトロイド。最新作「メトロイド Other M」がWiiで発売されるなど初代の発売から30年近く過ぎた今でも愛されており、海外にも多くのファンを持つ人気作です。そんなメトロイドの実写化プロジェクト「Metroid: Enemies Within」を立ち上げたのはロサンゼルスの映像制作会社「Massive State」。8月9日より、9万ドルの目標金額を掲げてKickstarterで資金調達を開始しました。

 監督/脚本はChristian Cardona氏。彼はメトロイドのファンであるとともに、普段はVFXなどのアートワークの製作を行っており「キャプテン・アメリカ」や「ブラック・スワン」に携わり、テレビドラマシリーズ「ボーンズ」では85のエピソードでVisualEffectsSupervisorを勤めているそうです。

以下はキャスト陣によるインタビュー映像です。
Kickstarter


 作品は10分間のエピソードになるそうで、ライバルの賞金稼ぎ・Syluxに捕らえられたサムスがその船から脱出する過程で、Syluxの連邦政府に向けた計画に気づき、それに対抗するというストーリーが予定されているそう。ちなみに9万ドルの予算が集まった際にはセットに60%近くの費用が当てられるとのことですので映像は期待できそうです。

というわけで以下はストーリーのプロット映像。
YOUTUBE


 まだまだプロジェクトは開始したばかりの上、非オフィシャルなので最後までこぎつけるかは分からないところですが、どんなものが出来るのかワクワクしますね。1ドルから出資することが出来るので、この作品を支援したい方は以下のページをご覧ください。
Kickstarter
Metroid: Enemies Within (A Metroid Fan Film)

今回はゴールできるか!?


[ via kickstarter ]