画像はイメージです。
iPhone
iPhone / GONZALO BAEZA


 高機能なアプリが続々と登場し、紛れもなく日常生活では欠かせないアイテムの一つとなったスマートフォン。しかし、使う頻度が多くなればこそ、最大の弱点であるバッテリーの消費が大きく立ちはだかるもの。そこで外部バッテリーや、様々な充電ガジェットが提案されてきました。

 というわけで今回は、クラウドファインディングサイト・Kickstarterで資金調達中のスマホ用充電ガジェット「Mipwr Dynamo」をご紹介。

関連:頭上で発電するヘッドフォン「OnBeat」がkickstaterで資金調達中

握力のトレーニングにもなりそう



 アメリカはイリノイ州を拠点に活動するクリエイターチームBob Panos & Karl Leeが開発する「Mipwr Dynamo」はスマホケースと一体化した充電ガジェットで、スマホケースの側面から顔を出すレバーを握力トレーニングの要領で握ることで発電できるというもの。天候も関係なく、簡単な動作で充電できるため、緊急時の連絡手段の確保のために活躍することが見込まれています。

 発電する仕組みについては一般的な手回し充電器と同じく電磁誘導を利用したもので、レバーを握るとケース内部の磁石が回転する構造になっているよう。また、ケース内部には400mAのリチウムイオンバッテリーが搭載されており、事前にマイクロUSB経由で充電しておくことで外部バッテリーとしても利用することが出来ます。

 発電量は、1分間レバーを動かせば(60回程度)30秒間通話するだけの電力を得られるとのこと。ゲームアプリのためのバッテリーを確保するには非常に難しいでしょうが、3分間程度頑張れば自分の居場所や安否を伝えるには充分な電力を得ることができると思われます。

関連:スマートフォンを焚き火で充電することができる装置「FlameStower」がKickstarterに登場

 宙で手のひらを開閉するだけでも結構キツイので、数分間ひたすらレバーを押し続けるとなれば手回し発電機を回すより力が必要な気もしますが、両手を使えば結構楽に出来るかも。なによりケースと融合したデザインがスマートで面白いですね。

 Kickstarterでは78000ドルを目標にプロジェクトを進行中。現在、iPhone5/5s用の製品を25ドルの出資でゲットすることが出来るので興味のある方は以下のリンクをチェックしてみて下さい。
Kickstarter
Mipwr: Instantly Charge Your iPhone 5/5S with Your Hand! by Bob Panos & Karl Lee — Kickstarter

 レバーをニギニギしているときに不意にスマホを落としてしまいそうなのでケースの背面に手とスマホを固定するヒモのようなものがあった方がいいのかなと思ったり。


[ via gizmag ]