Horizontal Bar
Horizontal Bar / mrhayata


 サッカーに、野球、スイミング、卓球等々スポーツの分野にもロボットは進出しています。そんな中、日本のYOUTUBEユーザーにより製作された体操ロボットが注目を集めていました。

関連:ペンシルベニア大学によるロボットがパルクールに挑戦!?

体操ロボット

 以前もご紹介させていただいたYouTubeユーザー「hinamitetu」さんの鉄棒ロボットがバージョンアップして登場しています。今回の主役は鉄棒ロボット17号。ロボットというとどうしても重そうな動きをイメージしてしまいますが、この鉄棒ロボットはかなり身軽で驚かされると思います。

 鉄棒ロボット17号は全長34cmで重量は3.9kg。14号時点のときは全長32cm、重量2.97kgだったので体重は1kgほど増えています。フォルムは一目で分かるほど変わっており、とくに上半身は姿が一変しています。14号では頭部の加速度センサでタイミングを計っているとのことでしたが、17号では左腕となる部分にフォトセンサーが搭載され、床のライトを検出することでタイミングを判断するというスタイルになっているようです。

 そんな17号が今回の動画で挑むのは「コバチから3回宙返り降り」。腰のモーターで足を揺らして反動をつけて大車輪に入ると、鉄棒から飛び出し、膝を抱えながら後方に2回宙返りを行いもう一度バーをキャッチ。そして、その後、再び加速をつけて華麗な3回宙返りを決めてしまうのでした。

 動画は10/21日に投稿されたものながらすでに37万再生を突破しており、コメント欄には500件以上もの驚きの声が寄せられています。海外のネットユーザーからのコメントが多く、「これは凄い!!」「これは魔法か?」「素晴らしい作品だ!すごく驚いたよ!」「彼にオリンピックに登場してもらいたいね」「こういうトイロボットがあったら面白いだろうな」「ハイスピードカメラで見たいぜ」「ボストンダイナミックスで仕事をしよう」「ロボットオリンピックが開催される日も近いな」等々の海外の反応がありました。

関連:米大学による尻尾を使ってジャンプ中の姿勢を制御するロボット「TailBot」

というわけで映像は以下です。
YouTube

Kovacs-Triple Backflip-Landing(NO.17)


[ via YouTube/hinamitetu 、Geekosystem ]