画像はイメージです。
Nissan GT-R
Nissan GT-R / jiazi


 ロシアでGT-Rが欧州での最速のトップスピードを記録したようで、その様子がYOUTUBEで公開されています。

はやすぎ!

 日産が発売する日本を代表するハイパフォーマンスカー「GT-R」。スカイラインをベースにしたスカイラインGT-Rが1969年より販売が開始され、現在ではその後継車種GT-Rがリリースされているなど各世代の男子たちの憧れの的であり続けています。

 そんな日産GT-Rをカスタムした自動車が、世界からカーマニアが集うロシアのモスクワで行われる1マイルドラッグレース「Unlim 500+」で日産GT-Rにおけるトップスピードの新記録を達成したようです。その様子を撮影した映像が「DragTimesInfo」の公式YOUTUBEチャンネルに投稿され、海外のネットユーザーからの反響を集めています。

 今回の記録を達成したのは10月13日のレース。アメリカのチューニングカンパニー・Switzer社により1700hpにまで引き上げられたという破格のパワーを持つGT-Rが単独で1マイル(約1600m)の直線を駆け抜けると、その時のトップスピードが時速402.23kmにまで到達。DragTimesInfoによれば、これはGT-Rにおける1マイルドラッグレースのトップスピードとしては世界最速とのこと。

 動画では2:30の中で走行シーンがまとめられています。単独走行ということでスピードを比較する対象はいないのですが、それでも402km/hを記録したパワフルすぎるGT-Rの速さはビンビン伝わってくるかと思います。

 海外のネットユーザーからも驚きの声が寄せられており、「速すぎ!」「日産車ヤベー!」「うお、ドライバーも凄い運転をしていたね」「スピードジャンキーだけど怖いわ」「次のレースが待ちきれない!」「GT-R > 光速」「GT-Rを2000hp異常にすれば1マイル20秒切るな」「GT-Rは素晴らしい」「この車を運転してみたいなー」「すごい車だ。こういうビーストはリスペクトしなくちゃいけない」「AMS Alpha Omegaとの究極の対戦が見てみたいな」等々の海外の反応が寄せられていました。

というわけで動画は以下より
YouTube



[ via YouTube/DragTimesInfo ]