画像はイメージです。
炭火焼肉
炭火焼肉 / yto


  エイプリールフールではグーグルより臭いで検索できるジョーク機能が発表され話題になっていましたが、最近では仮想的な「香り」を体験できる次世代デバイスが注目を集め、香りディスプレイを始めとして大学や研究機関でも様々な技術開発が行われています。

 そんな中で、ユニークなスマートフォン用の香りアクセサリーが日本から登場して海外でも話題になっていました。

関連:日本で開発された世界初の"香り"を伝えるスマホ用デバイスが話題に

ちょっと悲しい



「いつの時代も人類は、食と共に歴史を歩んできた。」
 なんとも壮大な言葉で始まりを告げるこのプロモーション映像は、スマートフォン用の香りデバイス"Scentee"が新たに導入するアプリ「鼻焼肉」を紹介するもの。"焼肉の臭いだけで白飯3杯食える"なんて冗談がありますが、このアプリはまさにその冗談を実現した商品です。

 使用の際にはスマホのイヤフォンジャックとScenteeを接続し、専用のカートリッジをデバイスに装着して、アプリを起動させれば準備は完了。焼肉の映像が再生とともに焼肉の香りを噴霧されるので、本物の肉を用意せずとも視覚・嗅覚で仮想的な焼肉を体験することができます。

 紹介映像によれば、焼肉は食べたいけどダイエット中でカロリーが気になる方、食べたいけど手持ちがない方、また臭いが気になる方に適しているとのこと。


 企画は面白法人カヤックさん。カートリッジは現在「カルビ」や「牛タン」、「じゃがバター」の3種類が用意されており、11月15日の発売を控えた現在はamazonで予約を受け付けています。ちなみにキットで一つ3480円、詰め替え用カートリッジは3個セットで1000円だそう。

 中々奇抜なアイディアのこの製品。日本のみならず海外でも紹介されており、海外のネットユーザーからは
・日本だから・・・
・おお!これは面白いなw
・確かに、俺も外食する余裕は無いけどiPhoneは持ってる!
・一つのカートリッジはどれくらい持つんだろう
・なんだか悲しい
・iSmell
・私はこれを必要としている
・カルビ、牛タン、じゃがバターは分かったけど、ベーコンは?
・面白いアイディアだね。臭いは味にも影響を与える重要な要素だし
・次はリッチな香りを詰めよう。お金の臭いがいいと思うな・・・
・これが未来の食品化か
等々の海外の反応がありました。一方で、焼肉よりベーコンが人気なアメリカではベーコンの香りを楽しめるアロマキャンドルや石鹸や香水が販売されていたり。


[ via YouTube/Koki Tsubouchi , kotaku , reddit ]