画像はイメージです。
Clock
Clock / Earls37a


 渋谷の光景が人気を集めていました


関連:日本の自動車「スバル」が世界中で愛されていることを実感する動画

!?

 時を計るため道具である時計。日時計から始まり、機械時計、現在の電子式の時計まで、様々な形・大きさのものが用意され、人の手首から広場のシンボルまであらゆる場所で見ることが出来るようになりました。1分1秒の中で忙しく動く現代人には必須のアイテムの一つです。

 そんな時計はアートとしても度々テーマとなるわけですが、YouTubeやLiveleekでは渋谷のとあるダイナミックな時計が紹介されていました。

 それは渋谷区役所前の広場に設置された時計台なのですが、一目みから大きな違和感を感じるような代物が。なんとその時計台には大きなドーナッツ状のカラクリが付属しているのです。

 金ぴかでなんともドデカいドーナッツ・・・現在では故障などで動作しないようですが、動画では正常に動作する頃の様子が映されており、ドーナッツの表面から楽器が現れ音楽を奏でるというなんとも楽しい光景を見ることが出来ます。

キャプチャ
Credit : YouTube/Yaniv Kriachko

 ちなみにこの時計台、コチラのサイトによれば、地下駐車場の排気塔としての役割があるようで、その装飾のために時計や周囲の噴水が設けられたのだそう。そのためWikiでは「渋谷区役所前駐車場排気塔演出装置」という名で記載されていたりします。
YouTube

 この光景に海外のネットユーザーの方々からもコメントが多く寄せられています。動画に対しての海外の反応を見ると、

―海外の反応

  • これはすげええ!
  • 素晴らしい!!!!!日本大好き!
  • スチームパンクっぽいね、もしかしたらそういう意図はないのかもしれないけど
  • 混乱してきた・・・今何時なんだ?
  • ああ、東京。キミたちのとても作品をとても愛しているよ<3 イギリスより:)
  • 凄い技術だな
  • なんてこった!・・・日本はUFOを捕まえていたのか、そしてそれは宇宙の仲間と交信するためにいつも同じ音楽を奏でているんだね。というか机上に置けるようなミニチュア版が欲しいな;-)
  • これは凄くきれいだね!アメリカ人だけど、とても凄いと思ったよ!
  • とてもエキゾチックだな、しかし維持費が凄いことになりそう
  • 2100年には、市内の時計が全てこうなってるだろうな
  • 日本に行きたくなる
  • ラスベガスにもあるな
  • で・・・肝心の時計はどこ?w なんなの日本だけだな
  • これは凄い。美しいし音楽だ。欲しい、俺もほしいいい x.x
  • 未知との遭遇の音楽を期待してたのに
等々の声がありました。


[ via YouTube/Yaniv Kriachko ]