画像はイメージです。
5-38 Boat Building, Nova Scotia, Canada 1936
5-38 Boat Building, Nova Scotia, Canada 1936 / rich701


 シンプルな工程ほど職人さんの腕が現れます。そして、職人さんたちの技術は日々の仕事の中で益々磨かれていき、そのスキルが普通の人では考えられないような高みにまで達していることがあります。海外サイト「Oddity Central」ではそんな日本の職人さんの技が紹介されていました。

!?

 大工仕事などで使われる工具の一つ「鉋」。主に材木の表面を削り、面を整えるなどの加工に使われます。日本では弥生時代にも存在していたそうで、その使い方は職人の腕の良し悪しを測るものの一つとも言われます。

かんな
かんな / omoon

 そんな鉋の技術の競技会が「削ろう会」。その名の通り、台鉋を使って、いかに薄く、幅広く、そして長い鉋屑を削り出せるかということをテーマに競い合い、その技をさらに高めながら次世代に伝えていこうというコンセプトだそう。平成9年に開始されて以来、毎年開催されており、今年で29回を数えます。

 そんな会の2012年の宇和島での様子が海外掲示板redditで紹介されており、YOUTUBEに投稿されていた動画は7万再生を突破しています。動画では海外の方との交流の様子などが映されています。
YouTube

 この光景に海外のネットユーザーの方々からもコメントが多く寄せられています。動画に対しての海外の反応を見ると、

―海外の反応

  • すげえ!!
  • お手製の紙か・・・興味深い!
  • これはすごいね。木工って好きだな、あと日本の鉋を見つけたとき(使ったことは無かった、オンラインで見たってこと)その正確さや仕上がりの美しさにやられたよ
  • WOW・・・シルクみたいに薄く削ってしまうんだね!!!なんてこった!!!
  • 多くの力が必要なように見えた、しかし見ていて楽しかったよ、投稿ありがとう
  • いつか子供たちや妻を説き伏せて俺もこれに行こう。あなたたちはとてもラッキーだね!
  • あなたの体験を共有してくれてありがとう、色々なことを学べたよ!
  • これが日本でのトイレットペーパーを作る方法なのかな?:D スゴすぎる!
  • 鉋の裏側が見てみたいなぁ
  • 恐ろしいほど鋭いんだろうな。このツールの刃を研ぐのに凄い時間と労力がいることが容易に想像できる。
  • 手を伸ばして、表面がどれだけ滑らかになっているのか感じてみたい
等々の声がありました。


[ via YouTube/ryukyutextile , reddit ]