画像はイメージです。
Saneku beach
Saneku beach / tsuda


 日本の海底のとある光景を映した動画が投稿されていました。

芸術家

 人が描いたとも、または地球外の生命体が私たちに何らかのメッセージを伝えるために残したともいわれるミステリーサークル。突如として現れる奇怪な模様が人々の好奇心を刺激し、各地で発見談が挙がり、一時は日本でも特集番組や雑誌が作られるなどのブームを引き起こしましたね。

 そんなミステリーサークルといえば畑や野原で見つかることが多いですが、鹿児島県は奄美大島の海底の砂地にも直径2mほどの円形のオブジェが度々発見されていたようです。

キャプチャ
Credit : YouTube/Marinestation Amami

 上の画像がそのミステリーサークル。海底から砂が一段盛り上がり、外側には段々の山が、内側には放射状の模様が刻まれてまるで校章バッジのようなマークを作っています。これだけみると宇宙人のUFOが海底に降り立ったのか?それとも海底から爬虫人類が!?・・・と思ってしまいますが、そんなことはなく、実はこのミステリーサークルの製作者はサカナの「フグ」。

 少々イメージすることが難しいかもしれませんが、なんとフグが胸びれや尾びれなどを使って砂を彫ることでこのオブジェを作り上げるといいます。しかも体長10cmほどのオスが、1週間ほどかけて直径2mのサークルを作り上げてしまうとのこと。以下の映像では最後の仕上げを施すフグさんが映されています。
YouTube

 ちなみに、この光景には海外のネットユーザーの方々からも様々なコメントが多く寄せられています。動画に対しての海外の反応を見ると、

―海外の反応

  • フグが宇宙人だったんだ!
  • 非常に不思議だ。しかし素晴らしい
  • 作業の開始から終了までタイムラプスで見てみたいね
  • 実際、この作業するには相当の知能が必要になるだろうな
  • 賢いお魚さんだ・・・人間はまだまだ自然界から学ぶべきことがたくさんあるね
  • これマジで!?いやー、信じられないわ・・・
  • これが進化の中で身につけた知恵なんだな
  • なんて名前の魚が、なんのためにこれをしているのか?本当に興味深いよ
  • 彼らはこれを作るために9日間も泳ぎ続けるらしいよ・・・女の子への告白を成功させるためにね・・・それが認められるかどうかはわからないけど・・・
  • オスのフグは大変だ
  • 自然が生んだ芸術家か、素晴らしいね
  • 人間が何の道具も使わずに同じことにやろうとしても・・・きっと無理だよ
  • 知ってるぜ!宇宙人が魚たちにミステリーサークルの描き方押しえたんだろ!
等々の声がありました。このミステリーサークルを製作する目的は、「メスに産卵してもうらうため」なんだとか。


[ via YouTube/Marinestation Amami , YouTube/StephenHannardADGUK ]