魔法少女5人がスニーカーに!

画像はイメージです。
14411895958_3f104f17cb_z
Tomoe Mami (v3) / Pascal


 ユニークな一品が公開されていました。

関連:海外の反応「無駄な抵抗だろうな・・・」日本で発売される猫の飼い主向けオフィスチェアが海外サイトで紹介されてた

色々

 シャフト制作によるテレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」。2011年1月から放送されるとその可愛らしいイメージとは裏腹のダーク色強いハードなストーリーが大きな話題となりましたね。

 そんな中、映画のコスチュームをモチーフにしたスニーカーが登場していました。


Credit : RN24

 一大ブームとなった、まどマギ。テレビ放送から5年経つ現在でも根強い人気を誇っており、アニメは勿論、映画やゲームなどなど様々な関連グッズが発売されているわけですが、今回アパレル・雑貨の通販サイトSuperGroupiesはそんなまどマギをモチーフにしたスニーカーが公開されています。

 テーマは2013年に公開された映画での鹿目まどか、暁美ほむら、巴マミ、美樹さやか、佐倉杏子の魔法少女5人の変身後の姿。インヒールスニーカーにそれぞれのテーマカラーが配色され、かかと部分にあしらわれたリボンにはソウルジェムのチャームが付属しているとのこと。

 例えば鹿目まどかモデルはピンクとベージュのカラーリング、暁美ほむらモデルはブラックとラベンダーカラーなどなど作品のファンがキャラクターをイメージできることは勿論、ファッションとしてデザインを落とし込んだものに。

 ちなみに各11,000円 (税別)。3月13日まで通販サイト「SuperGroupies」にて予約を受け付けており、発送は2016年6月中旬頃を予定。サイズは22.5cmから0.5cm刻みで24.5cmまで用意されているそうです。
twitter

Credit : @Super_Groupies

 この光景に海外のネットユーザーの方々からもコメントが多く寄せられています。これに対しての海外の反応を見ると、

海外の反応

  • 素晴らしい!
  • やばい、もしこれを履いてキャンパスの中をウロウロしたらどうなるだろうw 
  • 自分もこの靴を予約することは出来るのかな! 
  • ほむらバージョンが欲しいな 
  • マミの靴はつま先部分がパックリ開くようにするべきだな
  • 私も心の中では魔法少女だからこの靴が必要だ 
  • きたああああ;A;自分はマミの靴が欲しいな
  • 男向けのものはないのかな・・・
  • 素晴らしい!魔女化すなるためにソウルジェムを傷つけてみようか! 
  • キュゥべえもくるの? 
  • ↑この靴ために契約しないといけないぞ
  • このアニメは知らないけど、靴はとてもキュートだね! 
  • またまどマギを見直さないと! 
等々の声がありました。


[ via RocketNews24 ]


こっちも必見!最新おすすめニュース

海外「日本のカレーはヤバい!」日本のお店のカレーライスを外国人が食べてみた結果

海外「ズルいよ日本!」日本のお店で外国人が餃子を食べてみた結果

海外「お腹が痛いw」日本の街中で転ぶとこうなります・・・

海外「ため息が出るな・・・」日本の洋菓子店ではケーキもこうなってしまうようです

外国人「笑いが止まらないw」日本で見られた可愛すぎるミサイル発射(?)シーンが海外でも紹介されてた

海外「どうなってるの日本!」日本のお店で外国人が牛丼を食べてみた結果

海外「まさか日本は・・・」日本の戦闘食の品質に外国人もビックリ

外国人「また日本がやったのか・・・」日本の鉄道の意外な駅長さんが海外でも紹介されてた

海外「もし日本なら・・・」日本刀を使って外国人が試し切りに挑戦してみた結果

外国人「これが日本の・・・」日本のとある公園に外国人が行ってみた結果

海外「日本はアメリカよりも・・・」外国人が日本のコンビニで昼食を買ってみた

海外「やっぱり日本だ!」日本の道路でスゴい自動車が走っていると外国人ビックリ

海外「また日本がやった!」日本人による魔法のような最新技術に外国人も驚愕

海外「やっぱり日本か」日本の診療所のとある風景に外国人注目

外国人「泣いてしまった・・・」日本で社会現象を起こしたゲームで外国人が遊んでみた

海外「それでも日本は・・・」日本の食堂で外国人が丼物を食べてみた

外国人「日本はアメリカより・・・」日本画家が海外の有名キャラクターを描いた結果

海外「ヤバすぎる!」日産の自動車ジュークが世界のスーパーカーと加速対決した結果

海外「日本は他の国より・・・」日本の歯医者に置かれたとあるモノに外国人注目

海外「可愛すぎて死にそう!」柴犬が鏡で遊ぶ様子が可愛すぎる