村上健のオセロ日記

趣味のオセロやフランス語に関する記事を投稿しています。私(村上)のメールアドレスは「私の姓のローマ字書き+アットマーク+dx.catv.ne.jp」です。

今金浦空港の出発ロビーです。搭乗まで時間があるので昨日の対抗戦の試合を簡単に振り返りたいと思います。


  第1局 黒番。どう打つ? 
  ●Lee Kwangwook
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

序盤からやや有利を感じました。しかし上辺方面に白壁ができて微妙な形勢。図で私はa6かc8を予想して色々対策を読んでいたところLee選手は黒a3! これが絶妙手で困りました(最善手)。次の白の手はa6を中心に読みましたがどうにもうまく行きません。ゼブラ先生によれば36はa5と打ち、黒a6なら白b7と進めるのが良かったようです。結局私はa2と左辺を取り黒はa6。これは図で単に黒a6とするよりも左辺の形が大分白にとって悪くなっています。39はg1!が最善手で黒かなり優勢。実戦39は悪手でまた互角に。敗着は47。これはどう見ても損でしょう。47g8→白h1→黒f1…なら黒勝ち形勢でした。50が好手です(白が唯一勝てる手)。韓国チーム主将のLee選手を破って幸先の良いスタートを切ることができました。
16807441_1204872116294785_1872102800016412788_n
 
P1060678
         Lee Kwangwookさん



  第2局 白番。どう打つ? 
  ●Oh Joungmok
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

23が白の種石を消す好手でした。以下白苦戦。図で私は大長考。普通に白d7だと黒f5→f4の連打があって非常に厳しそうです。また黒e8!と引っ張られても白困ります(白b7のストーナーは黒f5!でかわされて敗勢)。図で白e6も黒d7と打たれ白b7が成立しません。結局私の選んだd8が悪手は悪手。図ではやはり白e7→黒d7→白d8…が一番粘れる展開だったようです。27以下はもう黒のなすがまま。37は黒f8→白g8→黒f7→白g6→黒g7…が一番分かりやすい勝ち方。実戦37は緩手。白は最後の望みを託して38! しかしホワイトラインに絶対黒を載せてはいけない、という制約が大き過ぎてやはりどうしようもありませんでした。この試合は完敗でした。
P1060680
          
Oh Joungmokさん



  第3局 黒番。最善手は? 
  ●Moon Sungcheol
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

序盤から白が優勢に。図でMoon選手は黒b7と打ちましたが緩手。白にg2→g1の連打を許してパーフェクトがほぼ確実になりました。図でg7なら少し石が残った可能性がります。
P1060687
        Moon Sungcheolさん



  第4局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○Chung Jihoon  

序盤はやや不利を感じていました。ところが図で打たれた白c8が悪手。実戦の流れで黒にd7とc3を与え、さらにb8に黒の余裕手が残っては白敗勢です。図では白d7が最善。次黒c8なら白g3。黒h8→白h7→黒c8なら白c2。これなら互角の形勢でした。  
P1060697
         Chung Jihoonさん
 


  第5局 白番。最善手は? 
  ●Hong Hyungbum
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

序盤からやや優勢を感じました。図では既に白勝勢ですがここで間違えました。私は白h7→黒h6→白e8…と寄せました。これは良さそうに見えて実は次善手。図の最善は白h6! 以下黒h7→白g8以下黒怒涛の6連打で黒石は11個しか残りません。この筋は見えませんでした。  
P1060700 
         Hong Hyungbumさん
 


  第6局 黒番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○Lee Chun Ae  

李さんは昨年の全韓国選手権で高梨九段を破っています。今回も練習試合で上倉六段と和田三段に勝利。この試合を並べていただければ分かりますがその成績も納得の筋の良さです。図で私の打ったb2は悪手。ここは黒a4!が最善。私は全然見えていませんでした。以下白a7→黒b2で簡明です。形勢急接近ですが44が痛恨の敗着。ここは白g7→黒g8の交換を入れてからb7が正しい手順です。以下黒e1→白b1!が好手で非常に細かい形勢でした。実戦44だと黒にg7と打たれて次の手がありません。  
P1060708
         Lee Chun Aeさん
 


  第7局 白番。どう打つ? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○Kim Kwanyoon  

図はこの試合のポイントとなった局面。ここは白e2と固めるのが良くこれなら互角でした。実戦の白f2も次にe2を残して良さそうに見えますが、実戦のような展開で上辺3連打(黒d1→f1→e1)を与えて損です。以下白も粘りますが逆転機は訪れませんでした。
16807143_1205163506265646_8008897963021454227_n
 
P1060709
         Kim Kwanyoonさん 

16864119_1205200116261985_406055211942718469_n
16641079_1205200069595323_6268627230722595493_n
16830746_1205200076261989_1973048694584414685_n

搭乗が始まったのでこれで終わりにします。

対抗戦は日本が42勝1引き分け、韓国が6勝1引き分けで日本チームの勝利に終わりました。主将の高梨九段がぶち上げた「49戦全勝」こそ達成できなかったものの、かなりの好成績だと思います。私はOh選手にボロ負けした以外は勝って6勝1敗。ホッとしています。2週間ほど前に李さんから「村上さんの本を欲しがっている選手がいます。本を持ってきて貰えますか?」というメールをもらいました。そこでサインとメッセージを書いた「強くなるオセロ」を10冊用意し、韓国チームのメンバーに7冊、他の選手に3冊差し上げたところ大変喜ばれました。この本はかなり厚く重いのですが頑張って持ってきた甲斐がありました。

表彰式や写真撮影が終わったあとは全員で打ち上げ。ホテルから歩いて10分ほどの店に行きました。有名な人気店というだけあって大変美味しかったです。私はChung Jihoon選手と主に話しました。大学院で電気工学を学んでいる彼は英語を話します。私のブログをいつも読んでくれているそうです。15年前から私の大ファンだというSin Doc Cholさんとはオセロをしました。実に楽しい夕食会でした。李さんを始め多くの韓国の方に歓待していただきました。どうもありがとうございました。

P1060694
P1060695
P1060696
P1060697
P1060698
P1060699
P1060700
P1060702
P1060701
P1060703
P1060704
P1060705
P1060706
P1060707
P1060708
P1060709
P1060710
P1060711
P1060713
P1060712
P1060714
P1060715

ついに始まりました! 日本選手はくじを引いて席を決め、あとはずっとそこに座ります。韓国の選手が移動してくれます。私は1番テーブルのくじを引き当てました! ずっと一番テーブルに座れるというのはなんだか気分が良いものですね。しかしその代償として初戦の相手が韓国チーム主将のLee Kwangwook選手!! 相当緊張しましたが中盤以降はやや有利のまま推移し勝利! ホッとしました。他の日本チームも順調に勝って7-0で第1ラウンドを終えました。

次の相手は二番手のOh Joungmok選手。この試合は残念ながら中盤で敗勢になって大敗。日本チーム最初の敗北となってしまいました。隣を見ると高梨九段対Lee Kwangwook戦の終盤。Lee選手がうまく寄せて4石勝ち! これが日本チームの2敗目で成績は12勝2敗。正直ホッとしました。高梨さんには悪いですが、私だけ負けると嫌だなぁと思っていました(苦笑)。 他のメンバーも「これで安心して負けられます」とコメント。やはり団体戦には独特のプレッシャーがありますね。

第3ラウンドの相手はMOON Sungcheol選手。手に障害がありスタンダード盤だと石が返せないので大回転オセロ(石を回転させてひっくり返す製品)を使っての対戦です。この試合は序盤で勝負が決まってパーフェクト勝ち。早く試合が終わったので今ホテルの部屋に戻ってブログを書いています。これから第3ラウンドの他の終盤戦を観戦し、それが終わったら昼食休憩です。

P1060660
P1060661
P1060662
P1060663
P1060664
P1060665
P1060666
P1060667
P1060668
P1060669
P1060670
P1060671
P1060674
P1060675
P1060678
P1060679
P1060680
P1060681
P1060682
P1060683
P1060684
P1060685
P1060686
P1060687
P1060688
P1060689
P1060690
P1060691
P1060692
P1060693
 

午後6時過ぎに無事韓国金浦空港に到着。韓国オセロ連盟の李さんと金さんが車で迎えに来てくれました。ソウルで大規模なデモが行われているために交通渋滞がひどく、ホテルに着くまでかなりかかりました。でも車中李さんと色々な話ができて良かったです。李さんは学生時代に日本に留学していて日本語が流暢です。ホテルの2階にある大会会場で他の日本メンバーと合流。その後高梨九段や岡本九段らはカジノへ。私、滝沢九段、五十嵐理事、韓国の関係者(李さん、金さん、王さんなど)と夕食を食べました。とても美味しかったです。今ホテルに戻ったところです。明日の対抗戦が楽しみです。

P1060646
 金浦空港の夕暮れ

P1060647
 空港まで迎えに来てくれた李さんと

P1060648
 渋滞する道路

P1060649
 対抗戦会場

P1060650
P1060651
P1060652
 対抗戦の記念タオル

P1060654
 カキのお粥

P1060655
 焼酎

P1060656 

今羽田空港のMos Cafeで昼食です。羽田空港に来るのは2015年夏の家族旅行以来で久しぶり。昨年の手術がうまく行かなかったら今は生きていないか、生きていても一人で飛行機には乗れないような体になっていたかもしれません。そう考えるとお世話になった医療スタッフの皆さんにいくら感謝してもしきれない気持ちです。

1月から日曜日の夜のテレビドラマ「A Life」を欠かさずに見ています。木村拓哉演じる外科医が主人公の医療ドラマです。彼が働いている病院の副院長夫人(竹内結子。木村のかつての恋人という設定)に直径3センチの脳腫瘍が見つかり、非常に摘出しにくい場所にあるために手術成功の見通しが立たず木村が苦悩する、というのがメインテーマの一つになっています。

私の腫瘍は直径5センチ以上で更に大きかったのですが、幸いにも周りの神経を傷つけずに摘出することが可能な場所にありました。また7割程度を一度摘出すれば今後何年も周りの脳に悪影響を与えない可能性が高い良性の腫瘍でした。色々違いはあるものの脳腫瘍という点では同じなので毎回ハラハラしながらドラマを見ています(多分ハッピーエンドで竹内の腫瘍も無事に摘出されるのだろうとは思いますが…)。

話がそれました。日韓戦について高梨九段がツイッターで「日本チームは49戦全勝で帰ってくるでしょう」と書いています。その意気込みやよし。しかし実現は相当に難しいでしょう。主将のLee選手は2005年の世界選手権準決勝で日本の宮岡七段を破り、決勝でも為則九段に善戦しています。世界レベルの強豪といって良いでしょう。2番手のOh選手も同様です。高梨九段は7戦全勝の可能性がかなり高いと思いますが私は全然自信がありません(苦笑)。でももちろん全力で戦うつもりですし、目標は7戦全勝です。頑張ります。

先ほど書店が目に入りました。空港の本屋なのでフランス語の本もきっと置いてあるでしょう。水戸でフランソワさんに貰ったGuillaume Mussoの小説3冊ももう少しで全て読み終わります。これから本屋を覗いて面白そうな本があったら買うつもりです。

P1060644
P1060645
 

明後日19日に韓国ソウルで第1回日韓オセロ対抗戦が開催されます。各チーム7人で相手チーム全員と対戦。持ち時間は各30分。それぞれのチームメンバーは以下の通りです。

日本チーム
1. 高梨悠介九段
2. 末國 誠九段
3. 岡本一樹九段
4. 村上 健九段
5. 滝沢雅樹九段
6. 中島哲也八段
7. 和田真幹三段

 韓国チーム
1. LEE Kwangwook 
2. OH Joungmok 
3. MOON Sungcheol 
4. CHUNG Jihoon 
5. HONG Hyungbum 
6. LEE Chun Ae 
7. KIM Kwanyoon 

 日本チームは私のように過去の実績で選んでもらった人もいるので最強メンバーとは言えないかもしれませんが、相当に強力なチームであるのは間違いないでしょう。韓国チーム一番手は2005年のレイキャビック世界大会で準優勝したLEE Kwangwook 選手(優勝は為則九段)。二番手は今年の水戸世界大会で活躍したOH Joungmok 選手。2月初旬に開催された選抜大会の上位7人ということですからこれも強力メンバーに違いありません。どのような結果になるのか楽しみです。

私は明日午前中の仕事を終えてから羽田に向かい、午後6時過ぎに金浦空港に到着する予定です。韓国に行くのは初めてなのでとても楽しみです。あまり時間的余裕は無さそうですが写真などを少しはこのブログに投稿しようと思います。 

麻布学園オセロ部の春合宿を3月23日(木)~27日(月)に行います。オセロに熱意のある方のゲスト参加を歓迎します。詳しくはこの記事をご覧ください。

昨日は祝日。いつもは午前中に4時間連続で授業がありかなり慌ただしい大会参加になるのですが昨日はゆったりと参加することができました。


  第1局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○中島哲也 Nakajima Tetsuya  

難しい中盤で打たれた32が好手。これで白が下辺に割り込むを防ぐことができません(黒e8はf7も返って厳しそうです)。36は少し有難く感じました。ここは白d1でg4の白石を守られるのが嫌でした。37で右辺に一色の山を作っては良い勝負だと感じました。45は好手。この手でb3は白b7であっさり負けてしまいます。図で白はb3。私は黒b7。ここで中島八段は長考。「そうか、駄目なのか。う~ん」と苦しい呟きが…。やはり図で打たれた白b3が実質的な敗着でした。黒b7と打たれると左下が4個空きなので白はいずれ左上に着手せざるを得ません。その時に白a1は黒a2→b1の連打があるので白はa2かb1しかないのですが、どちらも黒a1→白b1かa2→黒g1で手を渡され白にはg2とg8(どちらも大悪手)しか残っていないのです! 図では白b7が最善でした。その後の最善手順は黒b3→白a1→黒a7!→白a6→黒a8→白b8→黒g7→白h8→黒g8→白h1→黒b1→白a2→黒g1→白g2で黒4石勝ち。読者の皆さんもぜひ並べてみて下さい。b3~g8の斜めライン、そしてa8~g2の斜めラインを確保して黒が勝つ実に巧妙な手順です。多分私にはこの手順は打てなかったでしょう。   



  第2局 白番。唯一勝てる展開は? 
  ●上倉大亮 Kamikura Daisuke
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

非常にタイトな中盤戦が続いて図に。ここで私の打った白h6が敗着となりました。以下双方最善で黒の引き分け勝ち。手順中黒49や55が好手です。図では白c1が最善。このタイミングで当てられると黒はg1と取るしかありません。この交換を入れてからの白h6が好手順。以下黒a8→白b8!の時に黒はa7が成立しません(黒a7だと白h8→黒a5→白b2!)。従って図から白c1→黒g1→白h6→黒a8→白b8の時に黒はh7→白h8→黒g7→白h5→黒a5(この手でb2は白a1で第7行が白一色になり損)…で奇数理論に入れるのが最善。しかし白の取り分が大きく白の6石勝ちになるのでした。実戦48でa7の代わりに白b8→黒a7→白c1とするともう黒はg1に取ってくれません。以下黒a5→白a1→黒b2→白g2(この手でh8は黒g2で大損)→黒h1→白g1→黒h5→白h8→黒h7→白g7で黒の2石勝ちです。今の私にはこれらの変化を正確に読んで図で白c1→黒g1の交換を入れる力はありません。極めて順当な負けであったと思います。   



  第3局 黒番。どう打つ? 
  ●龍見有希子 Tatsumi Yukiko
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図で私は形勢を楽観し、龍見六段は形勢を悲観していました。しかも黒は残り時間がありません。図で黒a6→白a5→黒a5→白a7→黒b6→白a2…と進め完全に偶数理論が効く形になってしまいました。図の正解は黒f1。以下白g1なら黒a5!がブラックラインを通す絶好手(黒+2形勢)。黒f1に対して白b6なら黒g7!が絶好手。以下白h8→黒c1でこれも難解(引き分け形勢)。対局者二人とも形勢判断を誤っていたようです。不利に見える局面でも何か手段があるものですね。  



  第4局 黒番。最善手は? 
  ●清信健太 Kiyonobu Kenta
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

大接戦の好勝負だったのですが46の悪手で敗勢にしてしまいました。ここはb1でまだまだ互角でした。しかし黒も図で悪手のb8。ここは黒h7→白h8→黒h2!が美しい寄せ手順。最後に黒g8→b8で石を沢山取ることができます。図の黒b8によって白に希望が生まれたようにも思ったのですが終わってみると引き分け。またしても引き分け負けを喫してしまいました。「今日は運がないな」と思っていたのですが…。  

 

  第5局 白番。最善手は? 
  ●中野 譲 Nakano Jou
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図で私はh3に打ちました。これで黒は左下方面の白壁を壊さざるを得ません。唯一左下方面に手をつけないのは黒h5ですが、それには白c1があります(黒b1なら白g2のストーナー)。以下白優勢。黒も粘りますが最後まで逆転機は訪れませんでした。  



  第6局 黒番。どう打つ? 
  ●高橋 久 Takahashi Hisashi
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

序盤から超難解な展開に。図で黒はh1→白g1→黒h7! 私はh7で黒がa2に打つことを期待していました。第2行を全部抜く好手に見えますが白a3→b8→a1でb1に黒が打てず負け。高橋三段はそれを正確に見抜いて黒h7。これで白はどう打ってもb列が取れないのです。負けを覚悟していたのですが終わってみると白に2石残っていました。50g1以降は双方最善でした。図での正解はなんと黒g7! 以下白h8→黒h1→白g1→黒h7が好手順で右下がハイパー偶数(黒から打てない2個空き)になっています。実戦の右下4個空きは黒の損が大きい手順で埋まりましたが、それを避けるという点でこの正解手順が勝るのでした。でもこれは読めません…。

4試合を終了した時点では2勝2敗。もしかすると負け越しもあるな、と思っていました。終盤ほとんど諦めていた最終戦が終わってみると2石勝ち。これは幸運です。でも幸運はそこでは終わりませんでした。早めに帰ろうとしていると「村上さん優勝かもしれませんよ」との声。本当に信じられないことに、4連勝だった上倉六段があとを2連敗、そしてもう一人1敗で最終戦を打った清信六段も龍見六段に敗れて5勝以上が一人もいなくなっていたのです。4勝2敗が5人、そしてポイントは私が最多! 引き分け負けを二つも喫した時は「今日は運がないな」と思っていたのですが、全試合32石以上取ったことによりポイントが多くなっていました。最終戦を打っている時は優勝争いに絡んでいるとは夢にも思っていませんでした。しかしもし高橋三段が勝っていたら中島八段の優勝だったのです。勝負は本当に分からないものですね。 

村上九段優勝
shin1_orig
            第3位の上倉六段、優勝の私、準優勝の中島八段(龍見六段撮影)

だいぶ時間が経ってしまいましたが1月22日は東京名人戦に参加しました。15名が参加。


  第1局 白番。白が唯一勝てる手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○高橋 久 Takahashi Hisashi  

非常に難しい形が続いて図に。ここで高橋三段は白d8→黒g7→白b7と進めました。これが敗着。以下実戦の展開でブラックライン、ホワイトラインの両方が黒の通しで白敗勢に。図では白b7が唯一勝てる手でした。以下黒a8→白d8が好手順。これは実戦と比較してe8とb7のタイミングを入れ替えただけなのですが、実戦の手順では黒g7が好手になるのに対して正解手順では黒g7が第7行も返す悪手になっており、これは逆に黒敗勢です。初手白b7に対して黒d8なら白b8→黒g7→白d1でこれも黒敗勢。白b7→黒a8の交換を入れてからの白d8は非常に勉強になる手順だと思いました。 



  第2局 黒番。唯一の勝ち手順は? 
  ●佐々木康介 Sasaki Kousuke
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図で佐々木二段は黒h8と隅をとったのですがこれが敗着になりました。以下白g8の時に黒b7あるいは黒a7から下辺を捨てれば黒h6→h7の連打があります。それでも下辺を捨てるのが大きく黒は足りません。図の最善は黒b7! こんな形で左下にX打ちするのは大抵損なのですが、この場合は黒がb列を確保し、下辺を捨てて右辺h6→h7の連打を得、なおかつブラックラインも確保して最善。図から黒b7→白a8→黒a7→白b8→黒h8→白g8→黒h2→白g2→黒h1→白g1→黒h6→白パス→黒h7で黒6石勝ちです。実にうまい手順ですね。途中白はb8の代わりにg8で下辺を取らせて黒h6→h7の連打を防ぐ方が僅かに得になりますがそれでも勝てません。興味のある方はPutとAI機能を使って確かめてみてください。  



  第3局 白番。最善手は? 
  ●菱山裕一 Hishiyama Yuuichi
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図で私はh3と打ったのですが黒g2の絶好手(最善)を打たれて敗勢に。図の最善は白b8でした。次黒h7と打たれて困ると考えていたのですが実は白b8→黒h7→白h6→黒h5→白h2と進めるとぎりぎり凌いでいました(引き分けの形勢)。実戦はその後黒の石損が出て形勢が接近したものの、最後の2個空きで黒b7に打たれて白の負け。普通はこのような2個空きは先に打った方が損です。しかしこの場合は白b7→a8の連打があるためにそれを防止する黒b7が好手になるのでした。 



  第4局 白番。どう打つ? 
  ●大島祐輔 Ohshima Yuusuke
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

18が大悪手。ここはf5に埋めるべきでした。19が天王山を押さえる好手。以下白大苦戦。図で私はg2。ここに打たずにb5やb6だと黒h2!の好手で終わってしまいます。しかしg2はいかにも苦し紛れで以下為す術もなく完敗。参りました。  



  第5局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○腰野和彦 Koshino Kazuhiko  

図で打たれた白b4が悪手でした。黒a3と応じられると下辺には黒b8、g8と2手余裕手があり、しかもその余裕手を打った段階で下辺は白から攻めにくい一色の山になります。図では白b3と打つべきでした。次黒b4なら白b7。黒b8なら白b4。これで案外黒も難しく互角の形勢です。実戦は黒の勝勢となりました。  



  第6局 黒番。どう打つ? 
  ●谷田邦彦 Tanida Kunihiko
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

中盤以降は白が偶数理論を維持してやや有利と感じました。図で谷田七段は最後の数分を投入して長考。ここで白番なら白大敗。局面の主導権は完全に黒が握っています。私も黒の寄せを色々考えました。しかし両者がいくら頭を絞っても黒の勝ち筋は見つけられませんでした。ゼブラ先生も図は白+4形勢と分析しています。偶数理論はやっぱり強力ですね。。。

私は4勝2敗で第6位。優勝はプレーオフで菱山四段を下した末國九段でした。

今週火曜日に28度3分の熱が出て病院に行ったところインフルエンザA型と診断されました。入院中の誤嚥性肺炎(40度以上の発熱!)を除けばここ数年熱を出したことがなかったのですが…。仕事を休んで家で寝ていたところやっと今日平熱に戻りました。先ほどのテレビニュースでは全国で推計161万人がインフルエンザに罹ったそうです。

今日見つけた素晴らしいドキュメンタリー映画をご紹介します。フランスの著名なドキュメンタリー作家Daniel Costelle氏が2009年に発表したApocalypse, La seconde guerre mondiale(黙示録、第二次世界大戦)。フランス国営放送やNHKも含めて様々な機関の協力を得た52分x6編の大作で黒白映像の一部は最新の技術でカラー化されています。70年以上前に撮影されたとは到底思えません。この第1編ではヒトラー政権の誕生からドイツ軍のポーランド侵攻までが描かれます。見るのが辛くなるような映像も数々ありますが必見の作品だと思います。

 

昨日は神奈川オープンに参加しました。


  第1局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○早坂敏江 Hayasaka Toshie  

図では白a2と取られるのが一番嫌でした。以下白b8→黒c8→白g8で黒番。これならまだ良い勝負です。図で打たれた白f2が疑問手で以下黒勝勢になりました。



  第2局 黒番。どう打つ? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○Roy Lin Weihao  

図は色々と手があって迷いました。結局黒a3→白b5→黒a7! これで白は右下方面に打たざるを得ず黒にはb4にもう一手残っています。これが良い構想だったようで以下黒勝勢になりました。



  第3局 黒番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○中野 譲 Nakano Jou  

図の第一感は黒e8。しかし白f7と打たれて白c8の当てが残る(黒d8で斜めが返ります)と厳しいかな、と考えて結局図で黒f1。白c8にはもう手を抜いて白a8を許し、黒g6を狙っていこうという構想です。しかしこれが良くありませんでした。黒はなかなかg6に打つことができません。図ではやはり黒e8。以下白f7→黒f1→白c8→黒d8!と進めるのが良かったようです。これで案外白も難しい形です。実戦の終盤は黒敗勢です。  


  第4局 黒番。最善手順(黒→白→黒の3手)は? 
  ●山本 隆 Yamamoto Takashi
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

8はその場で思いついた手です。以下未知の展開になりお互い長考の連続。白の敗着は恐らく38。ここはf7の方が良く、これならまだ難しい形でした。実戦38では右下が白の打てない7個空きになることもあり白の敗勢です。図では実戦黒a8→白a7→黒h7!が寄せの手筋。これで黒は右下の手止まりが打てます。  



  第5局 黒番。最善手順は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○龍見有希子 Tatsumi Yukiko  

図では黒b2→白a1→黒b1→白g1→黒h1→白h6→黒h7→白g7→黒h8→白パス→黒a8→白パス→黒a7→白b7で黒の2石勝ちでした。私は白が46で長考している時にこの展開を数えたのですが数え間違えて黒が足りないと判断してしまいました。図に至った時にまだ時間があったので再度この展開を数えて本当に黒が足りないのか確認すべきでした。実戦の黒g6には黒b2が好手。これで黒はどうしようもない形になってしまいました。  



  第6局 黒番。最善手は? そして最悪手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○石川 輝 Ishikawa Hikaru  

図の最悪手は白b7。そしてこれ以外の手は全て白勝ちです。最善は実戦で打たれた白b1。以下黒の敗勢です。  

私は2勝した後4連敗で34位でした。優勝は全勝で福地啓介四段! すごいです。

20170108_134858
20170108_170417
20170108_170423
20170108_170427
20170108_170439
20170108_170655
20170108_175943
20170108_191126
20170108_191440
20170108_192410
        (写真提供…龍見六段)

昨日は品川ニューイヤーズカップに参加しました。新年から67人が参加して大盛況。


  第1局 黒番。どう打つ? 
  ●五十部真樹 Isobe Masaki
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図では黒f7あるいは黒e7で良い勝負でした。ところが実戦は黒c1! これは白b1の後に黒a5を作った手ですが、それは白a6と取られて次に黒の良い手がありません。黒の読みに誤算があったようです。やむを得ず黒はa2。次の24e1が好手で白勝勢になりました。   



  第2局 白番。好手順は? 
  ●田山 翼 Tayama Tsubasa
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

直前に打たれた33g3はh3がベターでした。図で白b5→黒h3→白f7!が33を咎める好手順。これで黒は良い手がありません。 



  第3局 白番。どう打つ? 
  ●高梨悠介 Takanashi Yusuke
  ○村上 健 Murakami Takeshi (White lost on time at move 58. Black chose to leave b1 blank, maximizing his discs.)  

図はやや苦しいながらいい勝負になっていると考えていました。しかし図で私の打った白b3がミス。次の黒e1→白d1→黒a4が好手順で白はg2あたりに打つしかなくなってしまいました(白g1は将来の黒h1→g2の連打が残り大敗の形勢)。図では白e1と打つべきでした。これなら白b3、g2と2手残っているのでまだ粘っていました。図白b3以降は高梨九段の完璧な寄せの前に手も足も出ません。58で私の時間切れ。参りました。   



  第4局 黒番。どう打つ? 
  ●菱山裕一 Hishiyama Yuichi
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図では黒a6や黒h6でまだ互角でした。しかし実戦は黒d1! ここに打ってしまうと黒h6→h5→h4と連続して右辺に打つ狙いが消えてしまいます。以下白の勝勢です。  



  第5局 白番。白が唯一勝てる手順(白→黒→白の3手)は? 
  ●流田祥吾 Nagareda Shougo
(Black lost on time at move 53. White made the rest of the moves.)
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

序盤14がミス。ここはf3に打つべきでした。以下白大苦戦。粘りに粘って図。ここは白g8!→黒f8→白b7が唯一勝てる手順でした。こう打って右上の7個空きを温存されると黒は左辺方面の5個空きを使うしかありません。黒が左辺方面の手止まりを打った時に白が右上の7個空きに打って6個空きを作り、そこに黒から先着させて白僅差の勝ちです。言われてみれば納得の構想。しかし初手g8は打たずに図で単に白b7でも良さそうに見えますが…。それには黒g8!→白f8→黒a3!が好手順。以下白g3→黒h4→白h3→黒a7→白パス→黒a8→白パス→黒a2→白パス→黒b1→白パス→黒g2→白g1→黒h1→白h2で黒の2石勝ち。右下方面を全部白に与えてその代償として左上方面を全部黒が取るというすごい勝ち方です。この筋を避けるために図では白からg8に打っておく必要があるのでした。実戦白46の段階で引き分け形勢ですが黒の残り時間は既に10秒を切っており53で黒の時間切れ。以下は白の勝手打ちです。   



  第6局 黒番。最善手は? 
  ●大島祐輔 Ohshima Yusuke
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

序盤から非常に難しく長考の連続。32はh6がベターでした。実は35h7の好手を見落としていました。ギリギリ粘って図に。ここで黒はb7! 対戦中は「好手を打たれた。困った」と思っていました。実際黒+2形勢です。しかし図ではもっと良い手がありました。黒a2!です。以下白a1→黒e8…で黒優勢。確かに白の粘りの源泉は黒がe8に打った時に左方向の斜めも返る点にありました。しかしその種石を消すために自らa2に打つとは…。これは私も大島選手も全く気が付いていなかった絶妙手でした。さて実戦黒b7の後の白a1→黒a2→白b8は必然の展開。白はホワイトラインの通しに望みを託します。そして次の黒a8が敗着。局後観戦していた長尾六段が「敗着は黒a8でしょう。49c8→白e8→黒g7…なら将来黒g2→白h1と右上隅を捨てて黒a8→a7の連打があります」と指摘。これがまさに的を得たコメントで黒の唯一の勝ち筋なのでした。実戦54が好手。黒55でf4が返り、黒h2の時にホワイトラインが切れません。57はh2では勝てない(白4石勝ち)ことを数えて消去法で打った手ですが石損でした。   



  第7局 黒番。どう打つ? 
  ●上倉大亮 Kamikura Daisuke
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図では私は黒h4を予想していました。以下b6→黒c2→白g5→黒b2!…で難しそうです。しかし上倉六段は図で黒h5! これはやはり疑問手だったようで以下白リード。最後の5個空きでどの手順が最善か色々と考えた挙句に最悪の手を選んでしまいました。この見落としはひどかったです。勝敗に影響がなかったのは幸運でした。

結果は6勝1敗で準優勝! 全局得意な白番、高段者とあまり当たらなかった、など運にも恵まれました。新年最初の大会で良い成績が取れて嬉しいです。優勝は7戦全勝の長野七段、女子の部優勝は龍見六段でした。

そういえば昨年はニューイヤーズカップの翌日病院に行って脳腫瘍が発見され、入院手術となったのでした。喉の麻痺による嚥下の不調や咳込みは相変わらずありますが、昨年12月には声も出るようになり日常生活をほぼ普通に過ごしています。昨年の1~3月を考えると本当に夢のようです。 今年も健康管理に留意して元気に過ごしたいと思います。
20170103_102754
20170103_102257
20170103_125344
20170103_104719
20170103_104800
20170103_104600
20170103_105927
20170103_161655
20170103_161700
20170103_161706
20170103_144040
20170103_173324
20170103_173209
2017-01-04-19-32-47_deco
2017-01-04-20-44-16_deco
2017-01-04-20-49-33_deco
2017-01-04-20-53-20_deco
2017-01-04-20-52-37_deco
         (写真提供…龍見六段)

今群馬県の万座に向かうバスの中です。今年担任をしている中学1年生の生徒40数名を連れて2泊3日のスキー旅行です。毎年春に家族でスキーに行っているのですが昨年は病気のために行けませんでした。ほぼ2年ぶりのスキーなので楽しみです。

読者の皆様、今年もよろしくお願いいたします。

さて今年は4年ぶりにパリオープン遠征ツアーを企画します。パリ国際オープンは8月 26日(土)、27日(日)の二日間開催。一日目に予選を7試合、二日目の午前に予選の残り4試合、二日目の午後に決勝と3位決定戦(それぞれ3番勝負)を行うという日本にはあまりない長丁場の大会です。1試合の持ち時間も日本より少し長い25分。土日はたっぷりとオセロを楽しみ、他に4日ほど観光を入れて全部で8日間(現地滞在は6~7日間)を予定しています。出発日と帰国日はまだ決めていません。次の週末にある王座戦には間に合うような日程を組むつもりです。費用は20数万円です。

この記事の右にある「記事検索」で「パリオープン」を検索すればパリオープン遠征ツアーに関する過去の投稿の多くを見ることができます。もっと詳しく見たい方は右下の「月別アーカイブ」で2009年8&9月 、2011年8&9月、2013年8&9月をクリックしてみて下さい。

正確な旅程は決まり次第このブログでお知らせします。多くの方々の参加を期待しています。

m_P1000183
 2009年

m_218
 2011年(右はアルチュール君)

m_P1050790
 2013年
 

先週土曜日は品川シーサイドオープンに参加しました。今年最後の大会です。


  第1局 白番。最善手は? 
  ●岩倉広明 Iwakura Hiroaki
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図の正解は白g2。次に黒が右上以外に打てば白にはg1という二の矢があります。黒h1なら白h2→黒g1→白h8→黒g7→白g8→黒f8→白a8…と一本道で偶数形に入り簡明。図で間違えてg8に打つと黒a7やh2で一気に形勢不明になってしまいます。   



  第2局 黒番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○龍見有希子 Tatsumi Yukiko  

図では黒g7→白??→黒e8→白h8→黒g8と打つことで黒は下辺を取ることができます(ストーナートラップ)。白に右辺を与えるので辺の取り合いという観点では互角。しかし右下の4個空きで黒が3手(g7→e8→g8)打てる一方で白は1手(h8)しか打てません。つまり白は黒よりも2手多く左上方面に打たねばならず、黒の着手可能個所が増えます。トータルで黒の得るものが大きく、黒の勝勢になりました。   



  第3局 黒番。最善手は? 
  ●谷田邦彦 Tanida Kunihiko
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図では黒e1→白f1→黒g3を恐れていました。これで白には良い手がありません(白h5には黒h4の付け。白h3と応じると斜めが返ります)。ところが実戦は黒b1! これが疑問手で以下徐々に白優勢になりました。   



  第4局 黒番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○菱山裕一 Hishiyama Yuichi  

図は黒h2→白a8→黒b3が正解。これで黒にはh1が残り、白b2の後に黒b1→a1の連打も残って勝勢です。図で間違えて先にb3に打ってしまうと白a8の後に黒h1を作るのが難しく形勢不明になってしまいます。 



  第5局 黒番。最善手は? 
  ●山本 隆 Yamamoto Takashi
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図では黒g8と下辺を取るのが正解。次に黒g7の通しが残ります。対して白はb2と先に通すのが最善の受け。しかし黒h5でa1を取られてしまいます(それでも僅か黒+4形勢ですが…)。実戦は図で黒h4。対する白d8→黒c8→白b8の次に黒の良い手がなく黒の敗勢になってしまいました。   



  第6局 黒番。最善手は? 
  ●三屋伸明 Mitsuya Nobuaki
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

ここまで5連勝。優勝を賭けた最終戦です。図で打たれた黒g7が絶好手! 次に白h8なら黒g8で白は困ります(次白h7には黒a7→b8の連打)。白h8以外なら黒b2の通しが残りこれも白の敗勢。
20161224_185332
         最終戦。手前は三屋七段。

最終戦に敗れた結果5勝1敗が4人並び、ポイントが少なめだった私は第3位でした。
20161224_191244
 3位の私、4位の井上三段、優勝の山本1級、準優勝の三屋七段
         (写真撮影…龍見六段)

翌日は娘二人とディズニーランド。朝4時に起き始発電車で舞浜に向かいます。6時過ぎからゲート前に並び、夜は閉園(10時)まで。その後お土産を買って舞浜駅に着くと電車のダイヤが乱れたせいで改札前に大群衆。改札を抜けるのに何十分と待ちました。家に着いたのは翌日の0時半過ぎ。いやはや疲れました。

今日は川越順位戦に参加しました。


  第1局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○矢野靖志 Yano Yasushi  

図で実戦は白d2→黒f2。この交換がかなり損で白敗勢に。正解は白f1! こう打ってf2を白の余裕手とされると黒の打ち方が難しくまだこれからの勝負でした(黒+4形勢)。  



  第2局 黒番。最善手は? 
  ●立柳美咲 Tachiyanagi Misaki
  ○村上 健 Murakami Takeshi  

図では黒f1と上辺を取られるのが一番嫌でした。ところが実戦は黒h4。以下白c1→黒f1→白g5…と一本道で白が優勢になりました。  



  第3局 黒番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○大森敬太 Ohmori Keita  

図で私は黒b2を考えたのですが、以下白f1→黒b1→白a3→黒a7→白a1…で駄目と考えてしまいました。これはとんでもない勘違いで手順中白a3の時に黒はa1に打てます。やはり正解は初手黒b2。これなら黒+6形勢でした。実戦は図で間違えて黒の大敗になってしまいました。  



  第4局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○石川 輝 Ishikawa Hikaru  

図で白はh2→黒h1→白g7→黒e1→白g2。これはなかなかの粘りですが実戦の流れをたどれば分かるように白a8の時に黒がa7を放置できる形になって白敗勢に。図の正解は白g7。以下黒b3→白a2→黒h8→白h2→黒h1→白a8→黒a7→白g8…と進むとかなり細かい勝負(黒+4形勢)でした。  



  第5局 黒番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○中村倫太朗 Nakamura Rintarou  

図で私は黒d1→白e1。この交換が大悪手で形勢急接近。ここは上辺を放置して単に黒a3が正解。これなら次に白b3の時に黒e1!の好手があります。逆転されたか!と思いましたがかろうじて黒に2石残っていました。  



  第6局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○北野大地 Kitano Daichi  

ほとんど残り時間がなかった白は図でa6。これはg2とb8を見合いにして確実に手止まりを打つ手ですがこの手が敗着になりました。正解は白a7。以下黒g2→白a6→黒a8→白b8で白の6石勝ちでした。非常に難しい試合でした。

5戦全勝だった北野五段が最終戦に敗れたため5勝1敗が3人に。獲得石数の多かった大森六段の逆転優勝となりました。北野五段が準優勝。私は3人の中で一番ポイントが少なく第3位でした。表彰式の後はみんなでビンゴ大会。とても楽しい大会でした。

↑このページのトップヘ