日曜日はさいたまオープンに参加しました。全日本チャンピオン土屋七段始め多くの強豪を含む38名が参加。


  第1局 白番。どう打つ? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○生亀冬悟 Iki Tougo

生亀5級はまだ小学3年生ですがかなり強く中盤まで互角の展開。図では白f3→黒f2→白h3で黒に手を渡すべきでした。次に黒b7なら白a8→黒b8→白b2で黒番。黒は右方の壁を破らざるを得ずこれなら互角でした。ちなみに図から白f3→黒f2→白h3となった局面での最善進行は黒g2!→白d1→黒e1→白h1→黒b2!→白a1→黒b1…だそうです。黒僅か4石リードということなのでこれも互角と言えるでしょう。実戦は図で白g5。これだと正解手順と違って右辺に余裕手(白h3)がありません。白はh2には打てますが単独C打ちとなり黒から色々攻めが狙えるため白h3よりかなり劣ります。この差が勝負を分けました。  



  第2局 黒番。どう打つ? 
  ●野田侑那 Noda Yuuna
  ○村上 健 Murakami Takeshi

1回戦の終わりの方で野田二段が中岡五段相手に快勝する場面を目撃しました。中岡五段は東大オセロサークルのメンバーで非常に強く、今年の夏合宿で私は0勝2敗です。その中岡五段を破るとは…。気を引き締めてこの対局に臨みました。序盤から双方未知の展開。互角の良い勝負ですが図で打たれた黒b1が疑問手でした。白c2で手を渡されると黒がかなり打ちにくい形です。図の正解は黒c2→白f1→黒b3。この形は白b1→a3…と左上方面で手を稼がれるのが怖いのですが、白a3は斜めが返るため打てずこれなら互角の形勢でした。25以降は白優勢。46の最善は白b8!→黒c8→白b7→黒a8→白d8→黒a7→白h8…。実にうまい手順ですね。白b8は私もちらりと考えましたがもっと先まで考えるべきでした。  

ここで昼食休憩。その後毎年恒例の石返し選手権が開催されました。16名がトーナメント形式で、どれだけ速く64枚の石を返せるか競います。私はベスト8で伍三段に1秒差で負け。決勝は大森六段と伍三段の対決となり、大森六段の優勝!
image3
          大森六段(奥)と伍三段(手前)の決勝戦



  第3局 白番。どう打つ? 
  ●腰野和彦 Koshino Kazuhiko
  ○村上 健 Murakami Takeshi

19が初めて見る手で対応に迷いました。ゼブラが勧めるのは白f4と窪みに埋める手ですが、黒e1の当てが見えているだけに非常に打ちにくい手です。私の選んだ進行(20~22)も常に黒e1の当てが残っておりこれが白の悩みの種。そして図で私の打った白h5が疑問手でした。以下黒e1→白f1→黒g1→白h1→黒h2は一本道。当然私もこの進行を考えてはいましたが、これなら上辺を確保できるし他に良い手も浮かびませんでした。しかし黒h2と手を渡された場面が非常に難しく私が悪手を打つことに…。図の正解は白a6! これだと黒はほぼa5に割り込む一手です(右辺方面に打ってg列が黒一色になると白g1→h1の連打)。白a6→黒a5の交換をしてから白h1が実に巧妙な手順。上辺を取るためには黒e1しかなく、白f1と黒に手を渡せばb2やh5に余裕手のある白は必勝形。この展開は全く見えていませんでした。40手目で白が勝てる唯一の手もぜひ考えてみて下さい。正解は白g7→黒a2→白c7。これで白+2形勢だそうです。私もg7は考えたのですが3手目のc7が浮かびませんでした。実戦40は悪手で白敗勢に…。44となった局面で腰野三段は長考。私は「黒g7と打たれて白必敗」と思い半ば諦めていました。黒も最終的にはそこに打ったのですがここで消費した4分ほどが命取りに…。59を着手し石を返している途中で黒の時間切れ。  



  第4局 白番。唯一勝てる手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○奈良颯馬 Nara Souma

黒は左辺に白の悪形を作らせいつでも黒b1→白a1→黒a2で左辺を取る筋を得ました。また36で上辺もウイングになったため黒a2→白a1→黒b1で上辺を取る選択肢も得ました。一見黒優勢ですがこんなふうに選択肢が多いとどれが一番良いのか迷うものです。それに上辺か左辺のどちらかは取れるといってもその代償としてどちらかは白に与え、また左上の4個空きの手止まり(b2の手)は白に渡ることになります。これは結構大きなマイナスで、黒はa2あるいはb1を繰り出すタイミングが非常に難しい。結局41でa2に打ちました。幸いこのタイミングと選択(a2かb1か)は間違えなかったのですが右上の5個空きの潰し方を間違えました。45はh1が正解(理由は後述)。図は私が悪手(黒g4)を打った局面。打った瞬間に「白g2に打たれるとまずい」ことに気付きました。以下黒h1→白b2となると黒が右辺を確定石にすることがほぼ不可能です。黒45でh1なら白h3→黒g4→白b2→黒h2…で右辺を全部黒が取れたのでした。ところが奈良四段は図で白h3! これだと実戦のように黒が右辺その他を確保して黒の勝勢に。ちなみに図で右上以外(b2など)に打つと黒h2!の手筋で黒が右上の4個空きで3手打ち簡明な黒勝ちなので、図ではほぼg2とh3の2択。関心のある方は図で白g2→黒h1となった後黒がなかなか右辺を取れないことを確認してみて下さい(棋譜の右下のPutをクリックすると任意の手順を進めることができるようになります)。  



  第5局 白番。最善手は? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○馬渕勇太 Mabuchi Yuuta

20までは先日の王座戦で末國九段と打った進行と同じです。21で私から変化。しかしどうもこの変化は疑問だったようで以下やや苦しい展開になりました。23はなにがなんでもg6に先着するための着手。形としては黒c8が勝りますが白e2!でg6に先着されると黒劣勢です。実戦23なら29!の手があるためとりあえずg6は黒の権利。38でc1は黒g2で終わるので実戦b7は必然。図で打たれた黒a7が実質的な敗着。これは白h8→g7の連打を残した手ですが、右下方面の黒石を残したことで逆に自分の着手が狭まってしまいました。図の正解は白a6。これなら黒の着手が難しく白にチャンスがあります。44も黒にa6の一個空きを与え寄せやすくしてしまった悪手。44b4ならまだ難しく黒が間違える可能性がありました(以降の最善は黒a3→白g7。これも黒が難しい形)。白はc7~g3の黒の通しが致命傷。これも42の最善がa6である理由の一つと思われます。  



  第6局 黒番。どう打つ? 
  ●村上 健 Murakami Takeshi
  ○綿引健太 Watahiki Kenta

25の第一感はd8。以下白c8→黒b8→白g7→黒a3…が想定されます。白22の段階でこの展開をずいぶん時間をかけて読んだのですが、いまひとつ自信が持てず25はh5に変化。しかしやはり25d8の進行の方が良かったようです。30と必然のX打ちを打たせて黒も打てると感じたのですが綿引五段の終盤は的確で付け入る隙がありません。図でも迷いました。黒h7→白h6→黒g2でのちのち白b8を強制できればうまいですが黒g2の後に白e1→黒d1→白b2で右上の3個空きと左下の3個空きが相殺されるため白にb8を強制することはできないのです。それでもこの進行が最善(白+4)だったようです。図で打たれた黒b7以降は白が偶数理論を活用して快勝しました。  

結果は5勝1敗で第3位でした。2大会連続で入賞できて大変嬉しいです。大会後は岩倉五段や金子三段に誘っていただいて10人ほどで蕨にある桂三段のラーメン店に行きました。桂さんに会うことはできませんでしたが、ラーメンが非常に美味しかったです。歯ごたえのある極太麵にちょうどいい辛さのスープ。ボリュームがまたすごくお腹がいっぱいになりました。ぜひまた食べたいです。道すがら川端三段と久しぶりに色々話したのも楽しかったです。よい一日でした。

s-image1
     準優勝の後藤七段        優勝の綿引五段        第3位の私

s-image2
   1級に昇級した勝又君(手前、麻布オセロ部、中1) (写真撮影…七瀬三段)