ご無沙汰しております、部長の佐治です。2週間遅れですが()トリオオープンについて書いていきたいと思います。

 今回参加した現役の麻布生は僕、髙見澤、中村倫、工藤、斉藤、七瀬の6人。うち、僕以外の高1三人組が同じチームで、僕と斉藤は高梨九段と組んで頂き(いつもありがとうございます)、七瀬はOBの左右田さんと高倉さんに誘われての出場となりました。

 高1三人組トリオは、前々回東京オープンで工藤が昇段しそうになった途端、ギリギリで申し込んだようなので、四段&四段(中学生名人で取得なので三段権利)&三段の合計11段のチートチームである上、3番手の工藤がトリオのメンバーの中で一番レートが高いという、何ともユニークなチームとなっていました。かく言う僕たちも、トリオの前日にあった東京オープンで斉藤が昇段しているので、合計が10段になってしまったのですが...

 それでは、結果です。

 準優勝 先発三本柱 5勝1敗  
   1番手 高梨九段  4勝2敗 3位
   2番手 佐治三段  4勝2敗 3位
   3番手 斉藤二段  4勝2敗 5位

 第5位 打倒麻布  4勝2敗
   1番手 左右田四段 4勝2敗 4位
   2番手 七瀬三段  1勝5敗 14位 ←いただけ賞!
   3番手 高倉初段  5勝1敗 2位タイ

 第15位 麻布高校オセロ部 2勝4敗
   1番手 髙見澤四段 2勝4敗 12位 ←敢闘賞!
   2番手 中村倫四段 3勝3敗 7位  
   3番手 工藤三段  3勝3敗 7位

 今年は準優勝でした!やったー! (連覇を目指していたため少し悔いは残りますが満足です)
 合計段位10段のチームだったので、負けると順位が下になってしまうために1敗したときはまずいと思いましたが、何とか準優勝することができました。去年は高梨九段頼みのチームで、ヒモだの何だの揶揄されていましたが、今年はしっかりとチームに貢献できたと思います。

 試合内容についてなのですが倫太朗との試合以外は比較的良く打てていましたが、終盤で間違えて落とした試合や、勝ちはしたものの終盤で一時は逆転していた試合も見受けられたので、要反省ですね。

 麻布OB二人と麻布現役一人のチームにも関わらず「打倒麻布」という大いなる矛盾を抱えたチームに在籍していた七瀬は、調子が悪かったのか、1勝止まり。大会方式の都合上、自分の勝敗に関わらず強い人とばかり当たるという事もあり得るので仕方がないですね。

 上位に食い込むと思われていた麻布高校オセロ部チームは、髙見澤がトッププレイヤーとばかり当たってしまい、中村倫の不運の僅差負けや工藤の不調もあって、ブービー賞となってしまいました。レートが1300台後半で、三番手トップ候補本命であったと豪語していた工藤はかなり落ち込んでいました。

 表彰式では髙見澤と京大のS村三段のどちらが敢闘賞にふさわしいか微妙なラインで、最終的にはジャンケンでの直接対決(敗北した方が賞品ゲット)がなされ、見事髙見澤がジャンケンに敗北し、賞品を手にしました!ジャンケンの敗北した瞬間での大きなガッツポーズという、世にも珍しい光景が見られました。

 そして、昨日は横浜フレッシャーズに参加してきました。なぜ川崎で行われたのかは疑問ですが、後で誰かがブログを書いてくれます。誰の記事かは乞うご期待!

 最後になりますが、部員と組んでくださった皆様、ありがとうございました。(来年も宜しくお願い致します(小声)

 それでは、失礼します。