こんにちは、佐治です。

 昨日はりんかいチャレンジカップに参加してきました。1月はニューイヤーズのためにりんチャレの開催が無かったため、2018年で初めてのりんチャレとなりました。

 麻布からは毎度の事ながら多数の中1を含む10名が参加しました。ここで驚きなのが、中1のビギナーの出場者が一人もおらず、全員が初段位以上を取得しているんですよ、、、 スッスゴイ…(°д°ノ)ノ 
 今年の麻布中1は黄金世代だとつくづく思います。みんなW田四段に追いつけ追い越せで頑張って欲しいと思います。彼等が部長の代はどうなっている事やら、、、

 話を戻しますと、今回の参加のうちアドバンストには髙見澤と中村倫、インターミディエイトには僕、工藤、桑原、七瀬、伍、松根、大塚、高が出場しました。毎度の事ながら中1が多いのが目立ちますが、今回は中3が4人参加。中でも、アドバンストに4大会出場で、不戦勝を含めず3勝しかできていなかった中村倫と、実力は十分なはずなのにインターでは思うような成績を残せていない工藤が特に意気込んでいました。

 そして、村上先生のお誘いで、麻布英語科の非常勤講師である黒川先生がビギナー部門に参加され、大会デビューされました。また、会場にはOBの長野七段がいらっしゃいました。半袖の僕と倫太朗を見た長野さんに、「えっ、寒くないの…?」と訊かれましたが、室内は半袖で丁度良いんですよ。重ね着は正義だ!(何の話)

 大会会場に結構ギリギリに着いたのですが、会場には溢れんばかりのオセラー達が!全ての部門会わせて60人超の参加で会場は大賑わい。やはり天才キッズ効果(と勝手に信じてますが)は凄まじいですね。地上波のレギュラー番組の影響力は侮れませんね(何様)

 さて、結果に参りましょう。

 <アドバンスト部門>
 6位 髙見澤四段 4勝2敗
 8位 中村倫三段 3勝3敗
  (16名参加)

 <インターミディエイト部門>
 優勝 佐治二段 5勝1敗 →三段昇段!
 2位 伍初段  5勝1敗 →二段昇段!
 3位 桑原二段 4勝2敗 
 4位 松根初段 4勝2敗
 7位 工藤二段 3勝3敗
 10位 七瀬初段 3勝3敗
 14位 高初段  2勝4敗
 16位 大塚初段 1勝5敗
  (18名参加)

 アドバンストでは、中3が二人とも好成績!髙見澤はレベルの高い大会でも安定して勝ち越せるようになっていて、もう手が届きそうに無いです…(笑) 結果発表の時に「東京グランプリ…」と唇を噛みながら呟いていがとても印象的でした。
 
 倫太朗は結構調子が良かったのか、出場者最低レートながら3勝を挙げ、本人も満足そうでした。

 一方のインターミディエイトは僕が二回目の優勝で三段に昇段しました!やった~!
 嬉しいというよりは安堵を覚えました。ほぼ毎回優勝争いに絡みながらも、準優勝とか3位とかばかりでしたからね。1年半弱の(僕自身の感覚としては)割と長めの二段生活にピリオドが打たれたので、来月からアドバンストで頑張りたいと思います。誰かさんみたいな全敗はしたくないです(´・ω・`)

 2位に伍、3位に桑原、4位に松根と、麻布生ワン、ツー、スリー、フォー、フィニッシュでした!そして伍は品川で二回目の初段の権利獲得で二段昇段!おめでとう!言わずもがな、中1で二段二人目は史上初なので、これからも頑張って欲しいです。そろそろ追い越されそうだ…(僕も工藤もこの日桑原に負けてるのは内緒で)

 そして工藤。どんまい。返し忘れに気を付けよう。中1の勢いに呑まれず、今度は優勝して欲しいですね。

 七瀬、高、大塚は悔しい成績となってしまいましたが、実力は申し分無いと思うので、これからも頑張って欲しいです。現に七瀬は川越で好成績を残してますしね。高と大塚は初めての出場だし仕方がないと思います。むしろ、この時期にインターに出場していることに胸を張っていいかと。僕は初出場で最下位だったし()

 今日から明日にかけて、北関東や東関東、東京ブロックに所属している麻布生がそれぞれの地区名人戦に出場していることだと思います。僕。倫太朗、工藤が出場した神奈川名人戦を含めて、後日纏めて記事にします。多分違う人が(笑)

 次の大会の出場は来月のりんチャレになると思います。シーサイドがないのが少し残念ですが、日韓対抗戦なのでしゃあないですね。日本選手団の皆様、頑張って下さい。(平昌オリンピックも意味に含んでおります←唐突)

 以上、珍しく更新が早い佐治でした。