画像1

画像1

アースでもお馴染みの宮崎あおい。あれだけアースのcmしてても普段宮崎あおいがアースっぽい服を着てるイメージない。顔だけアースっぽい?らしい。
大体みんな宮崎あおい「可愛い」っていう。私も可愛いって思ってるよ。
だけど、みんなどこみて宮崎あおいを可愛いっていってるの?みんな、昔の宮崎あおいを見てないだろ!って昔私は思ってた。可愛い可愛いいってるけど、思春期ブス的な時が彼女にだってあったんだからな!って、いつもいってたけど分かって貰えなくて、一人で怒ってた。笑
こんなことを思ってたのも4〜5年くらい前だし、懐かしい。
では私が知ってる時の宮崎あおいをどうぞ。

青と白で水色 (2001)
画像1

画像1

このブログタイトルにもなってるドラマ。彼女はここでもいじめられてる。蒼井優は逆で害虫、青と白で水色ではいじめっこ。
この頃が一番思春期な時期かと思う。目つきとかタイプ!

害虫 (2002年)
画像1

画像1

画像1

この映画、鬱になる。本当報われません。
この頃の宮崎あおいは、割と根暗な役が多かった。いじめられるし。そんな役だって似合う彼女だったの。

富江 (2002)
画像1

この頃ボーイッシュ!彼女にロックをかんじる。笑
割と鋭い目つきに顔もふっくら。
映画は、一応ホラー?ぽいけど怖くない。

緑水(2002)
画像1

このお茶好きだったんだけど、もう売られてないね。このcm素敵だったな。

NANA (2005)
画像1

画像1

可愛らしい!!まさにハチってイメージ。
もういじめられる宮崎あおいは消えて、リア充って感じに。NANAは映画も流行ったし、漫画も流行ったなあ。漫画終わったの?

ギミーヘブン (2006)
画像1

画像1

ハチのあの能天気そうな役から無口な共感覚少女になるなんて!宮崎あおいすごい、、!ただ私はこの映画をみて宮崎あおいどうした、、?ブス?と思ったけれど、役のせいだったのかな。

北のカナリヤたち (2012)
画像1

画像1

画像1

久しぶりにみた宮崎あおいは就職していた。なんとなくアースっぽくなっていた。この映画、映画だからなんだろうけどみんな幸せそうじゃなかった。吉永小百合と中村トオルの組み合わせ、、吉永小百合も若いが中村トオルも年齢よりだいぶ若く見えてしっくりこなかった。吉永小百合はどの映画でも吉永小百合だね。

烏龍茶(2012)
画像1

これ、かわいかったわ。アースのイメージで宮崎あおいを使ってるよね。このcmがきっかけで烏龍茶ブームが私一人でおこったという、、。

宮崎あおいは、主役級の女優さん。しかし、その主役の作品は何年もみていない。単純に彼女のでる作品に興味が湧かなかったから。人気がでそうな映画は避けてきた。そうしたら、何年も彼女を見る機会がなかった、、。
だから、私の宮崎あおいのイメージはいじめられっこのイメージが強くなるのは仕方ないことだ、、。多分NANAのような役が、多いんだろう。

偏った映画の見方はだめね。

ただ、若い彼女はちょっと思春期ブスだったり、したことを知った上で宮崎あおい可愛い!っていってほしかったんだよ、、。
それだけ。


これからみたいのは船を編む
画像1

辞書を作る話とか面白そう!厳しそうな宮崎あおいもいいな。
松田龍平と共演は5度目くらいならしいけど、あまり話したことがないらしい。多分これからも共演するよ。するんだから、仲良くしておいたら?と思うけど、自由にしたらいいよね。

ちょっと待って、神様(2004)
画像1

画像1

大島弓子の漫画は好きだから、みてみたいな。この宮崎あおいかわいいなあ!少女漫画から抜け出してきたイメージあるよね。

しかし、女優さんは顔アップが多くて大変ね。

2004年にはもう2001年のロックっぽい目つきが消えて女の子らしい、愛され顔になっている。愛され顔が宮崎あおいの完成形。消えてしまったロック宮崎あおいファンは、どうしよう?と考えていたとき現れたのがこのこ。



二階堂ふみ
画像1

画像1

ヒミズ、地獄でなぜ悪いなど、人を選びそうな映画に進んででているし、そういう系の映画も好きみたいだから、もうロックだ、ロック。サブカル好きだし、好きなんでないかな?
宮崎あおいと二階堂ふみがロックを好きかしらないけど。

似ているいえばもう一人。島崎遥香。ぱるる!
画像1

画像1

正直二階堂ふみの方が似てる。でも、彼女も似てる。彼女は完成されてからの、アースのイメージの方の宮崎あおいに似ている。それから、宮崎あおいが水着姿にあまりならないだろうから、そんな部分でも人気なんじゃないかな。違う?
ぱるるの塩対応が面白くて好きだな。