ニッチな防音ブログ

ネット上に溢れる防音情報の中でも、木造住宅、マンションの生活防音や楽器の木造防音室に関するトピック・豆知識を中心にご紹介します。
*コメントをいただいてもレスできない場合がありますので、予めご了承ください。

新しい木造防音室の情報サイト(事例中心)を作りました。

参考になる事例を掲載し、比較的新しい防音相談の事例を随時追加していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

木造防音室(ピアノなど音楽室)


基本的な音響・防音設計の考え方から木造在来工法の留意点など、新築・リフォームの計画段階から詳細な設計まで、担当事例をもとに紹介しています。


また、新築業者の技術力不足のカバーや他の建築業者が失敗した現場の改善対策も掲載しています。

事例に関するご質問は、当該サイトの問合せページより、ご連絡ください。防音相談も承ります。

一般的なマンションの天井裏の深さは100ミリ~150ミリが多く、既製品の防振金具でさえ、天井を下げないと使えません。

上階からの振動騒音(足音、落下物などの衝撃音)を大幅に軽減するには、防振金具とグラスウール、遮音パネルだけでは防ぐことができません。

それは、防振金具は軽量音しか遮断できず、グラスウールは低音域の吸音率は極めて低いため、重量音(足音、重量物の落下音)には余り効果がありません。
遮音パネルは制振性が弱く、振動音を軽減できません。

防音職人が今まで研究したり、担当した現場での計測を分析すると、重量衝撃音対策の留意点・必要条件は次のようになります。
・吸音層は100ミリ以上必要で、密度の大きなものが有利。通常は150ミリは確保したい。
・天井下地は反響の少ない木下地で構築し、絶縁材を介して梁型や壁に固定する。
・ボード面の背後には10ミリ以上の遮音制振材を併用する。
・制振材は柔軟性がある比重の高い遮音材を2種類使用すると効果的。
・石膏ボードは必要以上に厚くしない。板状の硬質遮音材は厚くするほど、遮音低下の周波数が低い方にずれる。重低音対策には逆効果になる場合がある。
 *鉛ボードなどの遮音パネルは避けたい。

可能ならば、天井スラブとの接触点をなくした構造で防音したい。

以上の諸点を留意して施工してきたのが、防音職人チームです。予算が確保できれば現実的な防音設計・施工が可能です。

ちなみに、マンションの天井騒音を簡易的にボード面に貼り付けるだけで、大幅に騒音を減らすことができると謳う業者はインチキです。
そんな簡単に対処できないのはウェブサイト上に実例が出ていないことからも明らかです。

↑このページのトップヘ