木造住宅の外壁は、グラスウールを断熱材として使用するのが一般的ですが、セルロースファイバーや軟質発泡材を使用することもあります。

いずれにせよ、木造の防音室を作る場合は、これだけでは不十分ですので、室内側に防音壁として二重構造の内装壁を構築します。
この下地の内部に使用する吸音材は、防音の専門業者ごとに特徴があり、一般的にグラスウールを使用する業者は、木造防音室は専門ではないという見極めのポイントがあります。

では、ロックウールならば大丈夫かというと、製品によって吸音率が異なりますので、密度や厚さなどに着目して選択する必要があります。
使用する楽器の音量・周波数、演奏時間帯を考慮して決めます。

木造家屋の生活防音、ピアノなど楽器防音室は、使用する「吸音材」の仕様がとても重要です。これによって防音効果などに大きな差が出ることもあります。
*天井裏や内装壁に使用する吸音材について、具体的な考え方を専門業者に質問することをお勧めします。