新築の木造防音室で予算がなくなり、壁などの防音効果を高めることに悩むときがあると思いますが、そんな時でも諦める必要はありません。

一番安い遮音材は石膏ボードですが、これと併用すると防音効果が高まる木材製品があります。構造用合板とシージングボードです。

理由は、石膏ボードと構造用合板、シージングボードは遮音特性が異なるため、弱点の周波数帯をお互いにカバーするだけでなく、床や壁の剛性、断熱性を高めるため、生活環境としてのプラス効果もあります。

もともと木材は合板であっても石膏ボードより吸音性があるため、表面を丁寧にパテ処理すれば、音響効果も出ます。石膏ボードはむしろ下地や防音材を張るための捨て貼りとして使ったほうが、音響はよくなります。

やはり、木造の防音室には木材が適しており、吸音材と併用すれば防音材に余りこだわらなくても防音効果を出せます。

では、なぜ専門の防音材が必要かというと、薄い構造で遮音性能を高めるためと、夜間演奏などハイレベルな防音性能を求められる時に必要になるのです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。