薄くて遮音効果の高い防音材は理想です。

しかし、市販されている遮音シート(通常:幅910ミリで10m巻)は、そのままボードや床材に貼り付けても防音効果は体感できません。音測定してもプラス効果を数値で評価することも難しいくらい微細な効果です。http://pop.oto-taisaku.com/?eid=337

人間の耳には効果が体感できませんので、利用する価値すらないのが、この製品の特徴です。この製品は小さな区画(点検口、ドアなど)に限定的に使うか、または建設現場の膜のように張りめぐらせて仮設的に使うしか用途がないのです。

防音材メーカーは、この事実を隠し販売し続けていますが、これで優れた遮音効果と謳った時点で誇大広告になります。

私の様な防音設計が本職の専門家、業者は絶対に使いません。もちろんサービスとして、オマケとして提供することはありますが、資材費用として計上せずにお客様に無料で提供しています。

たいして効果のないものを、防音材費用として請求することは信義に反すると思うからです。こんな製品を依頼者に費用請求するのが恥ずかしいので、入手した場合は無料でプレゼントします。

この遮音シート、とくに天井・床に使うと効果が測定できません。強いて言えば壁の小さな区画に限定的に使用すべきでしょう。

生活防音どころか、通常は木造防音室にさえ使えない製品です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。