[PR] 自動車ローン 音遊びの会 ワークショップ記録 - livedoor Blog(ブログ)

2024年02月11日

2024/1/14 ワークショップ記録

2024年 1月14日(日)音遊びの会WS  @和田岬会館
ゲスト進行:垣田 堂 | 記録:にしやん

2024年一発目のWS。この日は昨年 金沢遠征の際に共演した音楽家の垣田堂さんをお招きして、垣田さんずっと出ずっぱりでメンバーが順番にセッションしていく形でワークショップを行いました。まず初めに垣田さんに今の金沢、石川県の状況を話していただきました。

0、吉見くんの新年の挨拶からの、声、マイク、シャウト。メンバーそれぞれにもインタビュー。

1、垣田さん:エレキベース|綾子:ウォルフティンパニ→鉄琴
キレが良くてソリッドな心地よい余白のある少し大人な演奏。

2、垣田さん:エレキギター|吉見:エレキギター、マイク|りさ:鳴く鳥|友里:打楽器
最初は垣田さんと吉見くんもツインエレキギター、吉見くんがノってきて「ファイトだ、ファイトだ!」とシャウト。りさちゃんの鳥の鳴き声、ゆりちゃんの太鼓など色々巻き込んみ、垣田さんのエレキギターでの色々な演奏方法も飛び出すロングセット。

3、永井:ドラム|垣田:ジャンベ、コンガ、テンプルブロック
手練れ同士によるこれぞセッション。お互いの間合いを推しはかり 2人が確認作業のように音を鳴らし合いながらグルーヴが生まれてくる。そして気持ちよく昇華される。


4、垣田さん:鉄琴|友里:木琴、ティンバレス|大生:キーボード
やさしく、暖かい演奏。この日は天気も良く窓から差す光と伴って心地よい空間に。

5、垣田さん:キーボード|大生:キーボード
お互いを把握するような演奏による交信。大生くん途中で演奏がとまるも皆静かに息を呑んで見守る展開。無音の演奏。

6、垣田さん:ドラム|智基:ウォルフティンパニ
智くんのドラムに垣田さんが寄り添うようにリズムを合わせる。垣田さん次々と来る音遊びメンバーに対して寄り添いながらも色々と仕掛けていて新鮮で面白い。

〜休憩〜

7、りさ:ティンバレス、テンプルブロック、マイク|垣田さん:トランペット・ドラム
りさちゃん 目の前で起こっていることをじっと観察しながら演奏、マイクを手に取り話したり笑ったり垣田さんとりさちゃんのコミュニケーションの計り方。ラストりさちゃんがマイクを天にかざし終了。

8、垣田:エレキベース|金親:キーボード|佑太:シンセ|吉見:エレキギター|友里:打楽器
ちかちゃんの疾走感のあるキーボード、既存のビートを調整して何かかっこいい音源に。そこに垣田さんのベース、佑太くんの電子音が合わさり、続々とみんな集まり全員演奏に。

9、垣田さん:ウッドベース、フォークギター|藤本:トロンボーン、鉄琴、木琴、太鼓
藤本さん星に願いを演奏。その後、色んな打楽器を全て叩きながら歩く。垣田さんはギターの音色で空間を取り囲むように演奏。藤本さん一通り叩き終わって終了。

10、垣田さん:コンガ、和太鼓、ドラム|佑太:ティンバレン
たいこ と たいこ、静かで余白のあるミニマルな演奏。

11、佑豪:マイク|大生:マイク|垣田:シンセ|永井:ドラム
佑豪くんマイクを握り、即興での溢れ出る言葉を紡いでいく。マイクを置いて終わりそうになるも、他のメンバーからの合いの手で更に新しく言葉を捻り出していく。大生くんはずっとウィスパーボイスを発し続けている。めちゃカッコよかった。

12、佑佳:テンプルブロック|垣田さん:ドラム|大生:マイク
佑佳ちゃん小気味良い繊細でこまかな音に、垣田さんのそれより少し大きめの伸びのあるドラムの音が包み込むような演奏。

13、関本:ティンバレン、声|嘉田:テルミン
音の演奏の始まりが曖昧な伸びやかな演奏、脱力して聞いてられる。

14、金親:キーボード|垣田さん:ドラム
ちかちゃんの早いビート、色々機械をいじるところはDJとしての資質を感じる。そこに垣田さんの一音一音がバスっと切り込んだり、音に合わさったり。からメンバーみんな混じってのビッグバンドへ。


垣田さん感想
「今日は皆さんと演奏できて楽しかったです。また金沢から遊びに来ます。」
音遊びの会メンバーも楽しく演奏できました、是非またご一緒したいです。ありがとうございました。

IMG_0018
IMG_0031
IMG_0040
IMG_0042
IMG_0050
IMG_0059
IMG_0065
IMG_0073


otoasobinokai at 01:29|PermalinkComments(0)clip!

2023年12月31日

2023/12/17 ワークショップ記録

2023年 12月17日(日)音遊びの会WS @和田岬会館
進行:永井 崇文 | 記録 :永井 いつ子 |セットリスト:にしやん

記録を担当する事になりました。初めに言い訳を少しだけ、 仕切りを担当する崇文が心配不安で私の意識のほとんどは彼に向いていました。 申し訳ないのですが参加の皆さんの演奏はほとんど記憶にないのです。記録係なのにすみません。

それとアリさんを何回も指名してるのは、 当日私はそこには居ないはずでした。息子にもしも何か迷ったりしたらアリさんに相談しなさいと幾度となく言ってました。それを困ったらアリさんと思ったようです。

こんな状態でちゃんと伝えられるかはわかりませんが感じたことをと並べてみました。

でも大丈夫です、後でにしやんがしっかりとした記録を出してくれます。 そちらで確認して下さい。

メモを取りながら気づきました。マズイ 楽器の名前がわからない。 ギターと太鼓の文字が並びます。 あたふたしてると崇文からの 「次どうしたらいい」の 視線が 、今は無理母もいっぱいいっぱいだ、と返すというやり取りしてました。たぶんその時にアリさん指名となったかと思われます。

いつもは全部の音をなんとなく聴いてるのですが。 今回は1個の楽器が気になりました。 前からあったのかもしれませんが、テンプルブロックという楽器らしいです。木魚のような音でやさしくたたいても激しく叩いてもやわらかな響き、でも存在感はありました。 ゆうた君の歌は初めて?低音での歌声はかっこよかったです。 対照的につばさ君の高くてキレイな歌声、聴いたことある曲だな〜と考えてたら終わってしまいました。

演奏中に後ろの方で邪魔にならないような感じで、つばさ君が小さい声で歌いあやこちゃんがタンバリンにビーズを入れてあるキレイな楽器をシャラシャラ鳴らして、吉見君はスティックでリズムをとり時々りさちゃんの笑い声が入ったりしてなんかゆるくて心地よいなて思ってました。 すみません なぜか自分の近くで起こってる事は覚えてます。

視線を感じて見ると「SOSもう無理の」サイン、まだ結構時間が残ってるのにあっという間にビックバンドへ。 無事ビックバンドまでたどり着けてよかったです。
崇文から、ドキドキしたけどおもしろかったです。という感想。
ありがとうございました。 個人的な日記みたいになってしまいました。 詳しくは記録をごらん下さい。

今年もお世話になりました。 良いお年をお迎え下さい。



*セットリスト*(にしやん)

1、中大路:サウンドホース、じょうしろう:打楽器、アリ:色々楽器
みんな歩きながら演奏、じょうくんの挨拶で締め。

2、永井:ドラム、ゆうた:ボーカル、アリ:エレキギター、りさ:木の実マラカス、その他:手拍子
3ピースバンド。聞いたことのある曲が手拍子でどこか歪んでいく感じ。ゆうたくんのレアなボーカル良いまた聞きたい。

3、関本:シンセ、にしやん :テンプルブロック
一定の木を叩くリズムに、うねる電子音。

4、綾子:ドラム、りさ:マイク
綾ちゃんのドラムのビートが上がると、りさちゃんの声のボリュームも上がっていく。

5、藤本:トロンボーン、吉見:エレキギター&ボーカル
片方の演奏が終わりかけると、もう一方の演奏が始まり出す。異なる演奏が同時進行。

6、翼:ボディーパーカッション、織音さん:ウォルフティンパニー、りさ:笑い
織音さんの太鼓の音に、翼くんの胸を打つ音と少しの歌、りさちゃんの笑い声も混じって静かな演奏。

7、永井:ドラム、アリ:キーボード、りさ:木の実マラカス、翼:踊り
ダンサブルな演奏に りさちゃんと翼くんが向かい合い2人の間で何か呼応しているように見える。

ー休憩ー

8、綾子:キーボード、中大路:エレキギター、アリ:エレキベース
エッジの効いたキレのある演奏。

9、ゆうた:コンガ&ボンゴ、ゆい:木琴、灯:ベル
単音が響く、ポコポコした演奏。

10、永井:エレキギター、にしやん :カリンバ
最初はぎこちなかった二つの演奏が、終盤にかけて心地よい感じに混ざり合う。

11、ゆうた:キーボード、関本:ドラム
お互いがお互いを意識している感じで良い塩梅。

12、吉見:トランペット、織音:ウォルフティンパニー
楽器は違えど、音の間とか大きさとかがよく似ていた気がする。ゆうたくんとりさちゃんがパフォーマーとして存在している感じもマッチしていてよかった。

13、ビッグバンド いつもより長めのビッグバンドを2回で、2023年演奏納め。

IMG_9737
IMG_9745
IMG_9750
IMG_9756
IMG_9761
IMG_9772
IMG_9774
IMG_9779
IMG_9786
IMG_9792


otoasobinokai at 10:41|PermalinkComments(0)clip!

2023年12月17日

2023/11/12 ワークショップ記録

2023年 11月12日(日)音遊びの会WS @DanceBox(新長田)
進行&記録:関本 彩子

参加メンバー:(A、Bメンバー敬称略)
A:あや、ゆうごう、ともき、高山、大生、藤本、ゆか、吉見、翼、ともき、りさ
B:西、ゆい、にしやん、かだ、中大路、関本
一般参加:源さん、虎太郎くん、織音くん、ヨーコさん

楽器:マイク、ドラム、ギターなどなし
   小物打楽器、カホン、キーボード、オルフティンパニー、鉄琴、木琴、木製スリットドラム

14時開始 (最初に金沢に関する連絡など)
・客席側で全員で円になって楽器を持たず自己紹介+何か音を出す
・小物打楽器をそれぞれ選んで、反時計回りに順番に音を鳴らして回していくという遊び、これを2周する
小さい色々な音が鳴るというのを楽しむ遊びをしようと思っていました。小さな音の演奏を隣の人から隣の人へ回していって、慣れてきたら、少し遠くの人に音を投げて受け取って、受け取った人が投げて、音のキャッチボールみたいなことをしようかなと思っていたのだけれども、隣に回していくという行為が深かったです。
どんな風に回すのか。皆その場で適当な楽器を選んだので、楽器をどう扱うのかのも1つの見どころでした。最初は音の出ない棒でギロをこすっていたのだけれども、音が出ないのを困っていたら周りの人が教えてくれたり、そういうのも演奏だなと思いました。ルールが分からない人にどうやって参加してもらうのか、その人の音をどう聞くのかということを考えました。
藤本さんはトロンボーンを構えていたのだけれども、サウンドシェープを渡されて仕方なくな感じで参加したのに、順番が回ってきたら、乗り気で叩いていたり、何でもしたいと言っていた吉見君は、電電太鼓とスレイベルというなかなかの大物を持っていって気に入ったのか、この日はよく使っていたように思いました。

遊びをした後は、演奏したい人が舞台の上に上がって演奏をしました。
14時半
あや (オルフティンパニ)ゆり(木琴)
それぞれが、思いっきり自分らしい演奏をして、合っているのか? なぜか合っているような演奏でした。

織音君(木琴・鉄琴) ともき(オルフティンパニ)
とも君が刻み続ける太鼓のリズムに、織音君が入っていこうとしたり躊躇ったりしている。とも君は気にせずに演奏を続けていて、それを伺っている織音君の駆け引きの様子が印象に残っています。

吉見(スレイベル・電電太鼓〜色々) ヨーコさん(オルフティンパニ、カホン〜色々)
何でもやりたいといっていた吉見君。その吉見君がおもちゃ箱を開けていくように色々な楽器を試していくのに用子さんがつきあってくれたみたいなセッション。

りさ(動き・サンダードラム) 翼(歌・オルフティンパニ) 大生(箱を開ける・舞台裏の冒険)
りさちゃんと翼君がずっと立っている。翼君は歌っていたと思いきや、スッとやめてしまったり、りさちゃんが途中でサンダードラムを投げてみたり。この二人が、どこにもいかず、そこにいるっていうのが、演奏で静かなので、皆の見えないところで何かやっていた大生君の動きが気になった演目でした。最後はどうなるのかなと思ったところで、ユリちゃんに入ってもらおうかと思ったのですが、その前に翼君がオルフティンパニを鳴らし、演目が終わりました。

藤本(トロンボーン) 中大路(鈴つき赤いホース) 虎太郎君(カホン・打楽器)
うってかわって元気な演目。トロンボーンが吹きたくて仕方がなかった藤本さんと元気に飛び出していく中大路さん、そして、カッコいい虎太郎君のカホンでした。いつものように見上げてごらん夜の星ををトロンボーン吹き終えた後、落葉松の歌に入ったのですが、中大路さん、虎太郎君たちが終わるという雰囲気を作っていて、歌をふっと途中で止めたのが印象的でした。

休憩

高山(キーボード) ゆか(オルフティンパニ) かだ(カホン・鉄琴)
高山君のキーボードとゆかちゃんのドラム。ここにかださんが、探りながら入っていって、3人のセッションの形が組み上がりました。最終的にゆかちゃんとかださんが協力して、高山君と一緒にどう終わるのかという駆け引きがあって、その時になかなか高山君が気付かない。そして、客席のクラベスの小さな音をきっかけに高山君が、止めることに気が付いて、終わったという作品でした。

ゆうごう(キーボード)、西(マラカス)、源さん(太鼓など色々)
まだやっていない人という組み合わせでしたが、結果的にゆうごうくんに優しく接してくれる人が一緒にやるという演目になりました。

参加しているメンバー2つに分かれて演奏を二つ

最後は源さんのリクエストで、ゆかちゃん(オルフティンパニ)、虎太郎君(カホン)のタイマンからのビッグバンドでした。

舞台があるというのは良いですね。やっている人が誰なのかというのがちゃんと決められるのが良いと思いました。舞台の下では、ゆりちゃんが小物楽器で参加していたり、それ演奏に影響を与えているのですが、舞台に立っている人がその演奏の中心になるという「ルール」みたいなのが働くことで、メリハリみたいなのがあったように思います。

大生君は謎に現れては去っていくという不思議な存在感があって、彼を指名して何かしてもらうってことはしなかったんですが、やってきたり消えたりをしていました。舞台後ろの部屋の電気をつけたり消したりとかもしていて、あ、居るわ。みたいな。

Bメンバー全員を小編成のに入れれなかった……。というのが心残りです。障害のないBメンバーが、自分の得意分野、専門分野と即興演奏というのをどんな風に組み合わせるのかというのも興味深いし、Aメンバーの演奏にどう入っていくのか、その演奏をどう高めていくかとか面白くしていくかとかも、醍醐味だと思っています。Aメンバーはやりたいやりたいで前に出てきてくれるので、Bメンバーが余らないようにするにはどうやって組み合わせを作ったらいのかとか、次回やる時は考えたいなと思いました。

IMG_9453
IMG_9459
IMG_9464
IMG_9466
IMG_9474
IMG_9480
IMG_9490
IMG_9497

otoasobinokai at 11:52|PermalinkComments(0)clip!

2023年12月16日

2023/10/29 ワークショップ記録

2023年 10月29日(日)音遊びの会WS @和田岬会館
進行:三好 佑佳 | 記録 :三好 園子

参加者:青木、金澤、後藤、坂口、鈴木、永井、藤本、三好、吉見 
一般参加:平塚 織音くん
アキビンオオケストラと音遊びの会の公演後の最初のWS、参加者は少なめです。

仕切り人募集にどなたも名乗りがないようなので、佑佳にやってみる?と提案しました。
尊敬する永井君にして欲しいのか永井君しないの?でした。
前日にやるわ〜と立候補しました。

公演で使用し運ばれた楽器の設置(そのためにゆいさん、鈴木さん参上)で40分押しての始まり。
明石組対神戸組ですると宣言
にも関わらず
 ,蠅気舛磴鵝淵船礇侫船礇硬)、りおん君(サンダーチューブドラム)
所々でともきくん、吉見くんが声で参加
お互い意識しあいながらの遠慮気味の演奏
(ふたりのセッションすごいなあと思った・・ゆか談)
◆〔誓丕孱喊生輿
まず明石組 ゆうた君(コンボ大きい、楽器名音痴です)、ゆか(ミニコンボ)
生後6ヵ月からの縁、ゆうた君が合わせてくれてます。(楽器のチョイスも)
次に神戸組全員でかと思ったら、藤本さん、吉見君、永井君でと。
ここで母は、全員じゃないの?と横やりを入れてゆいさんに注意を受ける(この日は、黙って記録係に徹するでした)
藤本さん(歌→トロンボーン)、吉見君(エレキギター)、永井君(ドラム)
藤本さんの歌に併せて2人は演奏、そのうち吉見君、永井君の演奏の音が藤本さんの歌を消していく。
藤本さん、トロンボーンに持ち替え、その後3人まっすぐ前を見つめ、15分ほど演奏を続ける。
  りさちゃん、ちょっと参加、つばさ君、3人に指揮するかのように前に立つ。
(永井君がかっこ良かった・・ゆか談)
 明石組代表 ゆうた君(キーボード)VS神戸組代表 しおりちゃん(鉄琴)
始まらないので、永井君がしおりちゃんにQ出し。
(二人のソロが可愛かった・・ゆか談)
ぁ,箸發君(歌)とつばさ君(声)
たいこと言っていたけど、マイクの前に。
ZARDの「負けないで」を自分の足を叩きながら熱唱。つばさ君、トイレに行くを訴える(母談、その場から逃れたい?)

ゆかが休憩を取ってよいかと聞きに来る。長年の経験で休憩のタイミングもわかってます(親ばか)
ァ,罎Δ新+鈴木さん+ゆか=YMY
 前々から久し振りにやりたいと言っていたので、自分の仕切りなら出来ると考えたのかもです。
安定の演奏でした(親ばか)
Α,りと君(ミニコンボ)と吉見君(トランペット→エレキギター)
吉見君に負けじとおりと君は「ポン!」
 ゆいさんのおりと君やめたそうよの声で終了。
А[詭擇気鵝淵ター)と永井さん(ドラム)とりさちゃん(チャフチャス)とつばさ君
聴衆からの手拍子で盛り上がり、ともくん(マイク)、ゆうたくん(キーボード)、藤本さん(トランペット)、しおりちゃん(鉄琴)、吉見君(トランペット→エレキギター)、おりと君(木琴)、ゆか(ドラム)
 全員でビッグバンド。指揮者無しで自然に終了。

いいカラオケになりました。いい思い出になりました(ともき談)
みんなと演奏でき、23日から(金沢)も盛り上がりましょう(永井談)
明石と神戸で演奏でき、全体で出来、良かったです。ありがとうございました(ゆか談)

帰りの車の中でも家に帰ってからもテンション高めでした。
貴重な経験をさせていただきました。
少人数だったのもありますが、ほぼAメンバー(鈴木さんは優しく見守り感じで)でのWSも出来るやん?なんて
ずうずうしく思った記録係でした。

image_6483441 (3)
20231029_151055

otoasobinokai at 22:29|PermalinkComments(0)clip!

2023/10/7 ワークショップ記録

2023年 10月7日(土)音遊びの会WS  @和田岬会館
ゲスト進行:中田粥 | 記録:にしやん

この日は大阪を拠点に活動している音楽家の中田粥さんがゲストに来てくれました。前回のMizutamaさんに続きアキビンオオケストラに所属しており、今回は剥き出しの基盤、パソコンやキーボードの中身みたいなものが並んでいます。


1、吉見くんによる音遊びの会のメンバー紹介
吉見くんに音遊びの会のメンバーを1人ずつ紹介してもらいました。なんか似てるけど微妙に違ってたり、ズバッとフルネームで答えたり、ヒント出したりの問答が面白い。全て紹介し終わり解放からの吉見くんのシャウト。

2、中田粥さんの楽器紹介
元はキーボードやシンセを解体しの中身|基盤を独自で組み上げ自作の電子楽器に仕立てている。
永井くん、佑太くん、翼くんが順番に操作。基盤から伸びた端子の先端でいろんな場所に触れると電子音のようなノイズのような普通の楽器では出ないような音が幾通りも出て楽しい。
音遊びメンバーも興味津々にいじくりまわしている。

3、中田粥、吉見:自作電子楽器|りさ 歩き回り
吉見くんにレクチャーしながらの2人演奏ギュイギュイピーピー鳴っている。吉見くんのエレキギターやシャウトに共通するものをなんとなく感じたり。りさちゃんは楽しそうに笑顔でその音の中を歩いている。

4、ビッグバンド
りさちゃんは太鼓を叩き、佑太くんはシンセ、ももちゃんはレインスティック、ゆかちゃん&永井くんWドラム、藤本さんトロンボーン、翼くんティンパニー、などなどを高山くんの指揮で少し穏やかなビッグバンド。粥さんの電子音は他の楽器として作られたものとは異質な音で埋もれずに際立つ。

大生くんは常にスペースを探しながら、プチプチを持って移動し腰を据えては潰している。

5、ゆか、高山、永井、中田粥:自作電子楽器
ゆかちゃんと高山くんも粥さんのレクチャーを受けながら自作電子楽器を触ってみる。ミニマムな感じの音でやはり演奏する人によって音の感じが変わっている。手探りながら色んな電子音が流れている。


6、ゆか:テンプルブロック|ももか:レインスティック|吉見:アキビン
3人が小さなボリュームで合わせてて好感度高し、吉見くんがアキビンを吹いたり
底をこすり合わせたり、叩いたり、指ポンっしたり、なかなか技多し。

と、私この辺りで子供が疲れてきて外へ出たがったので、
和田岬会館の外へ、、急遽無茶振りでアリさんに演奏メモを託す。。

7、中田粥:自作電子楽器|藤本:トロンボーン

8、自作電子楽器:西|りさ:テンプルブロック|高山:トイピアノ|大生:プチプチ・エアー
+つばさくんのうたが素晴らしかった。

9、とも:ウルフティンパニー|アリ:拍子木

10、ももか企画:
□ 全員=半分アキビン・半分=電子工作「ひろがってあつまって」
□ 永井:キーボード|ともくん:太鼓
□ ゆか:トイピアノ|大生:鉄琴
□ 4人=ゆうた:和太鼓|つばさ:キーボード|吉見:トランペット|りさ:踊り

などなどの演奏が行われていたようで外で聴いていたのですが、
和田岬会館から外へ漏れ出る音遊びの会の音は、車が走る音や子供の遊び声の音のように、色んな街中の音と比べてもフラットな感じがして溶け込んでいて、でもその音を追って耳を傾けるとどんどん引き込まれて気づけば不思議な空間へ連れて行かれるような、そんなカオスな場所がこの和田岬の街中にあるのが、なんかいいなぁって思いました。

中田粥さんありがとうございました。また遊びに来て下さい!


IMG_9136
IMG_9144
IMG_9150
IMG_9160
IMG_9140
IMG_9158
IMG_9159

otoasobinokai at 22:24|PermalinkComments(0)clip!