結露の原理とは、 空気中に含まれている水分(水蒸気の状態で存在)が冷えることにより(エネルギーを奪うと)水になることが原因で起こるそうである。

家の中は、台所や風呂場など湿気(水蒸気)の発生源が多くあります。昔の家は隙間が多く、湿気も自然に外に放出されていましたが、最近の住宅では隙間が少なくなり湿気が家の中にこもるようになりました。

また最近ではエアコンの普及によって、真夏にも結露が発生するようになり住宅にとってより大きな問題となってきています。

家の外壁は、外装材、下地材、断熱材、内装材など、何重もの層構造をなしていますが、この外壁の内部で結露が起こることを壁内結露と呼んでおり、この壁内結露は建物に致命的なダメージを与えます。

壁内結露は、家が完成してから簡単に取替えすることできない構造材にも大きな影響を及ぼすおそれがあります。壁の内部は私たち目に触れない、隠れた場所なので、知らないうちに状況が悪化していくので非常にこわいのです。

ですから土台や柱は特に腐りにくい性質の木材が使用されるべきなのです。また断熱材に関しても吸湿性のある材料「ウールブレス(羊毛断熱材)」を使って壁内の湿度を調整することも一つの対策ではないでしょうか!

もう一つ材木屋からの提案ですが、最近の住宅は、全く吸湿性のないビニールクロスに覆われているので、大変、結露しやすくなっていると思います。木の調湿機能も活かして部屋の一部に板壁や腰板を貼るということをお勧めします。