倉庫内木は、生きているとき、たくさんの水分を含んでいます。水分をたっぷり含んだ材のことを「生材(なまざい)・グリーン材」と呼びます。生材は乾燥の過程で縮んだり曲ったり割れたりします。この収縮が木の「狂い」を生じさせます。



木材に狂いが生じると、窓やドアなどの建て付けが悪くなったり、床鳴りがしたり、壁などに隙間ができて、冷暖房の効率が悪くなったり、ということが起こってきます。ですから材料の乾燥は大切です。

倉庫内昔は木を伐ってから家になるまで、ゆっくり時間を掛けることで、この問題を解決していました。しかし最近では、乾燥機で短時間に乾燥させた「人工乾燥材(KD材)」が主流となっています。




私の個人的な考えではありますが、家の構造材(柱や梁など)の見えなくなってしまう部分の材料は人工乾燥材で良いが、木を表に出す仕上げ材では、人乾すると水分と一緒に木の油も抜けてしまうので 本来の木のつやに差がでると思っています。
木が表に出てくる材料は、じっくり時間を掛けて乾燥させた天然乾燥した材料を提供できるように心がけています。

今後も木材の乾燥について書きたい思っています。