2013年10月

DSC_0509

この日の主役だった亀田

スチームガールズの“歌姫”こと亀田伶央奈(20)の生誕祭が26日、東京・秋葉原P.A.R.M.Sで行われた。

10月18日に20歳の誕生日を迎えた亀田を祝福するため、生誕祭が行われたこの日の2部公演には、多数のファンが集結。オリジナルの横断幕はもちろん、風船やのぼりまで用意された。亀田の母親、実姉も会場で見守る中、スチームガールズはトリに登場。亀田が作詞を担当した「青春宝石」からスタートし、イメージカラーである青と黄色の風船が舞った。

DSC_0228

「NAGA-NAGA-NAGANO」では、ラストの場面が3~4回繰り返され、亀田以外のメンバーがステージを去り、一人残された亀田が繰り返しダンスし、観客も爆笑! 場内が暗転し、明るくなったと思いきやメンバーが「伶央奈ちゃん誕生日おめでとう!」と祝福し、亀田が大好きなアニメ『美少女戦士セーラームーン』の主人公・月野うさぎをデコレーションした豪華なバースデーケーキを運び込んだ。ここからセレモニーとなり、ファンからは花束やヲタ図鑑、生誕Tシャツのみならず生誕キャップまでプレゼントされ、亀田は感激していた。

DSC_0417

バースデーケーキを頬張る

ライブはこちらも亀田作詞の「Days」で再開し、メンバーやスタッフのメッセージ入りのバスケットボールが登場する場面も。「HIGH and LOW」のクライマックスでは、なんとアリス十番の「夏だね☆」に変調! 急きょゴムボートに乗せられた亀田は、ファンの大海原へと航海し、青く輝くサイリウムの波をかきわける。ステージに戻ると、再び「HIGH and LOW」に変わり、アリスプロジェクトの全ユニットが登場し、大団円となった。

DSC_0539

これには初期アリス十番メンバーだった亀田も、「『夏だね☆』のオチサビ歌うのはアリス十番のときからずっと夢で。歌わせてくれてありがとうございます」と、感無量。ここで再びセレモニーとなり、アリス十番の森カノン(23)が手紙を読み上げる。

「出会ったのはたしか3年前の冬。事務所の3階で演技のワークショップを受けたときだったっけ。正直、印象が薄くて、第一印象は憶えていません」と、亀田の第一印象について語ったカノンだったが、「芝浦Cubeの主催ライブや対バンライブで、私が一人でいると、いつもPrismのメンバーが一緒にいてくれて、仲良くしてくれたのを憶えています。それから間もなくアリス十番が結成されて一緒に活動することになって、ポジションも風神・雷神と呼ばれ、2人だけ間違って届いたヘンテコな衣装を着たのも、いまとなってはいい思い出です」と、シリアスモードへ。

DSC_0569

森カノン(右)が亀田にメッセージ

「それからたくさんの悲しいことやつらいこともあったね。幾度となく壁にぶち当たったり、思い悩んだ日もきっとたくさんあったと思います。けど、いろんな壁を乗り越えて、スチームガールズとして再デビューが決まって、初めてのステージは私は自分のことのように涙が出るほど嬉しかったよ。そのとき歌って踊ってる伶央奈ちゃんはとてもまぶしくて、キラキラと輝いていました。亀田伶央奈はステージの上で、スポットライトを浴びている姿がよく似合うかっこいいアイドルだと思いました」と、涙ながらにメッセージを送ると、「いつまでも初心を忘れず“キラリン伶央奈”でいてください」と、なんと亀田がデビュー当時にリリースしたイメージDVDをプレゼント! これには亀田も「17歳のときにグラビアのDVDを出したんですよ! でも、即売会とかする前に姿を消してしまって…。あまり世に出ない幻のDVDです。きょう夜見直して、初心を思い出します(笑)」と、腰を抜かして驚いていた。

最後は亀田本人の挨拶へ。「私がアリスプロジェクトに入ったのは16歳のときで、トッピング☆ガールズというユニットからすべてこの人生が始まりました。レオは見た目があまりアイドルらしくなくて、毎日ライブをしても全然ファンの人がつかなくて。そのときこの仕事続けていて成功しないんじゃないかって凄い悩んで、言葉遣いが悪いのも毎日のように怒られていて。いまも治そうと努力してるんですけど。そして、2年前の3月にしてはいけないことをしてしまって、私は謹慎になりました」と、2012年3月にファンとの交流が明らかになり、謹慎処分となった過去について触れる。

DSC_0595

亀田からも挨拶

涙を流しながら、搾り出すような声で「もう辞めてしまおうと思って、気づいたらスケジュールも何もなくて。心も空っぽで、毎日バイトしかしてなくて、つまんなくて。週1ぐらいで裏方のスタッフをしていたんですけど、みんながステージの上に立っているところを見て、前までは同じステージに立っていたメンバーが、凄い距離が離れていって。会話もしなくなって、もうこんなの見たくないし嫌だとずっと思っていたけど、私はやっぱり歌うことが小さい頃から大好きで、スチームガールズとしての再デビューが決まって、私はセンターで復帰して、本当に楽しくて。やっぱりレオはここにいなきゃいけないなって凄い思って。でも、やっと再スタートしたのになかなかうまくいかなくて。センターに立っているのに一番人気がなくて。レオがダンス一番踊れるのに何で?って思ってたけど、足りない部分がたくさんあった」と、スチガのセンターとして葛藤していたことを明かし、「そのことをたった一人のファンの人が教えてくれました。“たった一人でもレオのことを見てくれる人がいれば、その人に全部思いをぶつけていこう”って心に決めて。いま立ち位置は端っこだけど、PARMSが始まって、レオに会いに来てくれる人がたくさん増えていって」ときっかけをつかんだ亀田は、「毎日名前を呼んでもらって、伶央奈って名前が本当に大好きになりました。これからもレオらしく、20歳を迎えたことだし、大人の女性として色気を出して、頑張っていこうかなと思います!」と、高らかに宣言した。

終演後、亀田は「曲数は少なかったけど、凄い盛りだくさんで。メンバーとお客さんに凄い驚かされましたね。『NAGA-NAGA-NAGANO』で逃げていくみんなの後ろ姿がめっちゃ間抜けでかわいくて(笑)。その後真っ暗になって、セーラームーンのケーキはまったく予想してなかったです。嬉しかった」と笑顔で生誕祭を振り返り、来場していた母親と実姉についても、「お母さんが私のライブを最後に観たのは3年前の初代トッピング☆ガールズのときです。家帰って何て言われるのか凄い楽しみ。きっと『よかったよ』って言ってくれると思います(笑)」と、笑顔で語った。

DSC_0647

前列左から桜、黒瀬、亀田、小柳、澤田、後列左から月宮、新矢、神谷、佐倉

そんな亀田について、スチガメンバーは以下のようにコメント。

澤田リサ「毎日亀ちゃんにキスしてます。近づくと、最初に鼻と鼻でキスしてから(口に)チューするんです。お姉ちゃんと思うときもあるし、親友みたいな頼れる人です。いつもそばにいてくれて、私がしょぼんとしていると話しかけたり、笑わせてくれます」

月宮かれん「スチガのムードメーカーみたいな。凄い面白い人なので、伶央奈さんがいないとスチガって静かなんですよ。伶央奈さんが来た瞬間、みんなワイワイ騒ぎ出すので、スチガにいなきゃいけない人だと思います」

桜雪「私の憧れです。私って地味で華がないけど、伶央奈ちゃんは“キラリン”って感じで何してもかっこいいし、輝くし、私もそうなりたいです」

小柳朋恵「“キラリン伶央奈”です。いつもはこんな感じですけど、ステージに立つとニコニコしていて、キラキラしていて」

黒瀬サラ「ムードメーカーだと思うし、私とは真逆でみんなに好かれていて、うらやましいです」

新矢皐月「スチガの大黒柱です。レオちゃんがスチガでちゃんとやってくれているので、他のみんなが好きなことできるっていうのはあるし」

神谷えりな「凄く恐ろしい存在だったけど、みんなが言うようにムードメーカーだったり、楽しい面もあって。乙女だし、スチガの土台という感じ。スキルもあるし、尊敬する部分がたくさんあります。昔は“女の子嫌い”って顔をしていて怖かったですけど、いまこうして一緒にいるし、そんなことないというのがわかりました」

佐倉梨杏「亀ちゃんは人間として大好きで、裏も表も全然変わらなくて、思ってることも言ってくれる。厳しく優しく、尊敬しているし、クラスメートだったら絶対友達になりたいタイプです」


スチガメンバーのコメントを受け、亀田は「こういうの夢だったんです! MCとか一人ずつ『伶央奈ちゃんの好きなところは~』って言ってくれるのが。きょうスチガだけじゃなくて、アリス十番さんやOZの子も言ってくれて。『自分がいない間に悪口言われてるんじゃないか』とか被害妄想が激しいんですけど、きょう生誕祭の打ち合わせで40分待たされたときもずっと気になってました(笑)。でも、こんなに愛されてるのを実感できて嬉しいです」と、ゴキゲンに。

20歳になり、お酒も解禁だが、「まだお酒飲みたいけど、飲めないんですよ」とのこと。未成年メンバーもいるスチガだが、そんなことお構いなしに「みんなで飲みに行きたいよね!」と、声をかけていた。

さらに亀田は「20歳になったことで縛りはもう一切ないので」と言い切ったが、神谷が冷静に「ちゃんとルールはあるから」と突っ込み、同じ過ちを犯さないよう諭していた。

DSC_0630


[セットリスト]
スライムガールズ
1.アドベンチャー

アイドル妖怪カワユシ♥
1.カワユシアラワル

OZ
1.ラプラポ
2.虹色サンゴ礁
3.未来ノヒカリ

ぱー研!
1.ココロイド

アリス十番
1.MAD-CROC☆BANGING
2.負けないで☆
3.ハピ☆バデ
4.Fsuion☆Girl
5.全開☆ヒーロー

スチームガールズ
1.青春宝石
2.destiny
3.NAGA-NAGA-NAGANO
4.Days
5.HIGH and LOW

DSC_0674
亀田伶央奈

DSC_0262
亀田&新矢

DSC_0356
一人残され…

DSC_0412
小柳が先にパクリ!

DSC_0468
スチームガールズ

DSC_0561
全ユニット登場

DSC_0564
バスケットボール

DSC_0585

まさかのプレゼントに腰を抜かす

ポーカー グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0565

東京・秋葉原の激アツなホットドッグステーション・マチガイネッサンドウィッチズが、またまた地上波放送に登場! テレビ東京系で10月25日(金)午後6時30分~7時54分にてオンエアされる『腹ペコ!なでしこグルメ旅』のコーナー「大食いなでしこVS最強デカ盛り職人一本勝負」で、マチガイネッを含めた秋葉原の飲食店が紹介される。

番組MCのブラックマヨネーズやタレントの照英らも、7階で止まるエレベーターに乗り、“あの”階段を上って、マチガイネッの天守閣に入ったとのこと。大相撲&後藤真希をこよなく愛する名物店長がブラマヨ、照英とどんな風に絡んだのか気になるところだが、やはり肝心なのは彼らに振る舞ったメガホットドッグ。というわけで、オンエアを前に、マチガイネッが誇る最終兵器“噂のセクシーガイ”をご堪能あれ!!

DSC_0579

タバスコの瓶が小さく見える大きさ

まず、運ばれてきた噂のセクシーガイを見て、びっくり! なんと総重量1.8kg、2皿分の大ボリューム。焦げ目のついたパンの大きさもそうだが、ソーセージ8本入りのフォルムにただただ驚くばかりだ。

豪快にガブリ!…といくのが男ってもんだが、店長にナイフとフォークをお願いし、分けて食べることに。焦げたどデカいパンがサクサクと切れて、いい感触。ちなみに断面図はこんな感じ。ドロッとしたチーズ、肉厚なソーセージ、それに加えベーコン、チリ、トマト…思わずよだれが出そうだ。

DSC_0612

断面図

DSC_0628

このボリューム!


中を開けると、さらに納豆が! マチガイネッにはヒートアップ(チリドッグ)、ネバー(納豆ドッグ)、ボルケーノ(チーズドッグ)などのメニューがあるが、噂のセクシーガイは、これらがいっぺんに味わえる。

DSC_0594

中には納豆も

こちらも一人で食べるには限界を感じたのか、常連のお客さんに協力してもらい、なんとか完食! 店内にいた掟ポルシェ氏もCARCASSのTシャツを着て、ガブリ! ごちそうさまでした~。もちろん味は美味!でも、汗かいた…。

DSC_0681

なんとか完食!

この噂のセクシーガイに挑戦したい人は、前日までに予約が必要。5000円で食べられます!

DSC_0669

掟ポルシェ氏もちょっとだけ賞味

DSC_0675

なんてマッドな食べっぷり!

DSC_0653

常連のお客さん「血圧が上がりました」

『秋葉原マチガイネッサンドウィッチズ』オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/machigaine

【店舗情報】
天守閣(本店)
住所:東京都千代田区外神田3-1-3 秋葉原パークビル8F
TEL:03-6206-4998
営業時間:平日12:00~23:00、日曜日12:00~21:00

二の丸
住所:東京都千代田区外神田3-8-3 第4針谷ビル1F
営業時間:11:00~20:00

ポーカー グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0083

約1ヶ月ぶりのライブで笑顔いっぱいの早瀬(右から2人目)

アリス十番の早瀬愛夢(23)の生誕祭が19日、東京・秋葉原P.A.R.M.Sで行われた。

18日に23歳の誕生日を迎えた早瀬を祝福するため、生誕祭が行われたこの日の2部公演には、多数のファンが来場。早瀬が大好きなロッテ『パイの実』風にデザインされた横断幕が飾られ、オープニングでは早瀬の生い立ちの特別VTRが流れる。早瀬の母親、実姉も見守る中、アリス十番が登場すると、会場は早瀬のイメージカラーであるオレンジで染められた。

DSC_0085

ここ最近、早瀬が大阪を中心に活動するようになったため、アリス十番のメンバー7人全員が揃うのは約1ヶ月ぶり。しかし、メンバーはそのブランクを感じさせないほど息の合ったパフォーマンスを見せる。そして、「Fusion☆Girl」の途中で場内が暗転し、早瀬以外のメンバーが倒れこむ緊急事態が発生! 何が起きたのか状況が飲み込めない早瀬のもとへ、メンバーが「お誕生日おめでとう!」と祝福し、セレモニーへ。サプライズ演出に驚きっぱなしの早瀬だったが、大好きなスヌーピーをデコレーションしたバースデーケーキ、花束、ヲタ図鑑、生誕Tシャツ、さらには森カノン(23)からうまい棒23本をプレゼントされ、笑顔で喜んだ。

ライブ再開後は、バースデーソング「ハピ☆バデ」も披露し、「全開☆ヒーロー」では、早瀬がオレンジ色のトイレットペーパーガンを発射! ラストの「夏だね☆」では、センターの立花あんな(21)に変わってゴムボートに乗り、オレンジ色のファンの海を航海した。

DSC_0346

再度セレモニーとなり、早瀬を「自分の夢を追うきっかけになった大切な存在」と慕うスチームガールズの新矢皐月(20)が手紙…でなく、携帯電話を見ながらメッセージを送る。2年半前、ぴゅあふるとPrismの対バンを吉祥寺CLUB SEATAに見学に行ったときに出会ったそうで、「小さくて、目が大きくて、髪が凄い長くて、黒いジャケットを着ていて、言葉が関西弁で、何よりもしっかりしていて。田舎者の高校生だった皐月は、愛夢さんと話していて凄いドキドキしていました」と、早瀬の第一印象について語った。さらに新矢は「そこから青森の学校の都合で、1年半ぐらい会えなかったけど、ずっと愛夢さんのブログを読んでいました。アリス十番として活躍されていて、もう話さない存在になってるのかなと思って不安だったけど、上京して久しぶりに会った愛夢さんは『皐月~!』って変わらずに話しかけて、抱きついてくれて。そのとき物凄い嬉しくて、一生愛夢さんに尽くすと決めました」と、多少オーバーながらも涙ながらに早瀬への思いを打ち明けた。

DSC_0405

新矢(右)が早瀬へメッセージ

早瀬本人からも挨拶があり、「約1ヶ月ぶりのライブで、体力が落ちていて、きょう踊りきれるかな、乗りきれるかなって不安に思うようなステージに立ってました」と、不安があったことを吐露。そして、「なかなか素直になれなくて、メンバーやスタッフにも自分の思いを伝えられなかったり、心の中にずっと言えないことを押し込めたりもしてたけど、きょうこうやって久しぶりにみんなの前に立てて、やっぱり愛夢の居場所はここだなって。メンバーともしばらく会えなくて、離れてみて何もすることがないときに考えるのは『いまごろライブしてるんだろうな』とか、ファンのみんなもみんなのことを見て、サイリウムいっぱい振って応援してるんだろうなって、P.A.R.M.Sの景色がずっと頭の中に浮かんでました。みんなからのお祝いメッセージをいただけて、本当に愛夢はきょう世界一幸せ者です! こんなに長い間いなかったのにメンバーのみんなやスタッフのみんな、ファンのみんなが愛夢の居場所を作っていてくれて、本当に嬉しかったです」と、メンバー、スタッフ、ファンへの思いを明かすと、目に涙が。

DSC_0426

号泣しながら思いを吐露

今後についても、「アイドル妖怪カワユシとしてメジャーデビューもあるので、もっと忙しくなると思うし、ライブにも出れたり出れなかったりすることがあると思います。でも、変わらず愛夢はみんなの笑顔を思い出して毎日頑張るので、みんなもつらいときとか仕事終わりにここに来て、愛夢のことを思い出してくれたら嬉しいです」と、前向きに語った。

終演後、早瀬は「去年よりもパワーアップした生誕祭で、ファンの方も凄い増えてて。久しぶりのステージだったので、メンバーと一緒に入れることが一番嬉しかったです」と生誕祭を振り返り、この日さいたまスーパーアリーナで開催されていた『LOUD PARK 2013』のTシャツをファンからプレゼントされたことにも感激。アイドルグループのBABYMETALも『LOUD PARK』に出演していたことを知り、へヴィーメタル好きの早瀬も「いつかアリス十番で『LOUD PARK』に出たい」と、意欲を燃やしていた。

アリス十番メンバーも早瀬に対して、以下のようにコメント。

DSC_0532

前列左から立花、早瀬、森、後列左から桜、川村、渡辺、藤崎

渡辺まあり「愛夢ちゃんは妹キャラだけど、実はしっかりしていて、凄い気が利くんですよ。優しくて歌も上手くて、ギターもドラムもできる意外な一面を持っていて、尊敬する部分がたくさんあります」

立花あんな「愛夢ちゃんは“ミニエンジェル”と言うだけあって、私たちの癒し。愛夢ちゃんがライブに出ていなくても来ているファンの方が多くて、毎日ライブに出ている私よりファンの満足度投票が上のときがあって(笑)。きょうの『Fusion☆Girl』でみんなが倒れていったんですけど、愛夢ちゃんがびっくりして、目の前の私に『ねえねえ』ってツンツンしてきて、めっちゃかわいかったです!」

桜のどか「こんなに小さくてかわいらしいのに、凄い頑張り屋さん。いつもパワフルに動いていて、小さい身体なのに頑張ってるな~って親のような気持ちで見てしまいます。輝く笑顔がみんなを明るくしてくれるので、その愛夢ちゃんがいないのが凄い寂しかったです」

藤崎麻美「1ヶ月ぐらいかわいい妹キャラがいなかったので、アリス十番は怖い人たちだと思われがちだけど、戻ってきてくれて、アイドル感が出てきてよかったです。私だけですけど、早瀬愛夢なので“ハムにゃん”って呼んでます」

川村虹花「きょうは7人揃ってのライブで、愛夢さんの生誕祭なので凄く会場が一つになって。私、1ヶ月ぐらい(メンバーの中で衣装のカラーが)黄色が一人だったんですけど、二人になって凄い嬉しくて泣きそうになりました」

森カノン「1ヶ月ぶりに愛夢ちゃんがライブ活動を復活してくれたことが嬉しくて、7人で久しぶりにライブ前に声出しをしたときに泣いてしまいました。とてもステキな生誕祭で、ご家族の方が作られた動画が物凄く素晴らしかったです。サイリウムもオレンジ一色で、愛夢ちゃんのファンの愛を感じるライブになりました。これから毎日笑顔に癒されたいです」

最後に、早瀬は「このまま大阪に残ろうかなとか思うときがあったんですけど、気づいたらアリス十番のこと考えてて。メンバーのブログを見たりして、いま何してるのかなとか夜も寝れないぐらい気になってて。つらいこともいっぱいあるけど、ここに戻ってきたら、やっぱりアリス十番が大好きだなって。まだここにいたいです」と、メンバーとの深い絆を再確認していた。

DSC_0504

[セットリスト]
ぱー研!
1.Ⅰ(あい) ♥(あい ) 愛(あい)
2.ココロイド

OZ
1.ラプラポ
2.Days
3.虹色サンゴ礁
4.未来ノヒカリ

アリス十番
1.真・アドベンチャー
2.負けないで☆
3.Believe road
4.Fusion☆Girl
5.ハピ☆バデ
6.全開☆ヒーロー
7.夏だね☆

スチームガールズ
1.destiny
2.青春宝石
3.どんくさい?Don't Cry!!
4.Fate
5.SAILING DAYS-フナデ-
6.優しい風
7.HIGH and LOW

DSC_0541

早瀬愛夢

DSC_0152

カノンがケーキを早瀬に「あ~ん」

DSC_0154

そのまま自分もパクリ!

DSC_0164

坂本舞菜が駆け寄ったが、渡辺がチョップで返り討ちに

DSC_0285

オレンジ色のトイレットペーパーガン

DSC_0240

アリス十番

DSC_0368

全ユニットで「夏だね☆」

DSC_0468

スチームガールズはトリに登場



ポーカー グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0373

坂本らしく笑いに包まれた生誕祭に

アリスプロジェクトの“最弱ユニット”スライムガールズのリーダー・坂本舞菜(17)の生誕祭が15日、東京・秋葉原P.A.R.M.Sで行われた。


10月13日に17歳の誕生日を迎えた坂本の生誕祭を祝福するために、青い生誕Tシャツを着たファンが来場。横断幕には、先月行われた『スチ学☆秋の大運動会』で校長先生に扮したときのハゲヅラ姿の坂本の写真が。いつもは一番手に登場するスラガも、この日の1部公演ではトリを務め、会場は坂本のイメージカラーである青のサイリウムで彩られた。

DSC_0279

スライムガールズ

「Days」、「アドベンチャー」を披露した後、セレモニーへ。生誕祭といえば豪華なバースデーケーキ…のはずだが、ずいぶんと小ぶりなバースデーケーキが場内に運ばれ、これには観客も爆笑。坂本が「いままでにない形のね…」とこぼしたところ、OZの鈴村愛理(19)が颯爽と現れ、ケーキを奪ってしまう。一瞬の出来事に驚くばかりの坂本だったが、そこへディズニーのキャラ・ミスバニーをデザインした豪華なバースデーケーキが登場。坂本は笑顔でロウソクの火を吹き消し、スラガメンバーとともに記念撮影を行った。

ここで坂本がケーキを食べようとすると、メンバーが後ろから顔を押し、坂本の顔はクリームでベットリ…。その後も坂本、窪田美沙(19)、星野梨花(14)、石原ほなみ(13)、飯村麻衣子(20)のメンバー5人によるコントのようなやり取りが続いた。

DSC_0421


スラガメンバーからは“愛”のプレゼント

アリスプロジェクトの全ユニットのメッセージ入りブックや生誕Tシャツなどが坂本にプレゼントされた後、澤田リサ(16)らトッピング☆ガールズ FINALのメンバーがステージに上がり、急きょ「TSUKEMEN最強」へ! 現在、新宿歌舞伎町で開催中の『大つけ麺博』を盛り上げるべく結成された同ユニットに所属している坂本も全力でパフォーマンスし、会場はフルボルテージとなった。

DSC_0465

トッピング☆ガールズ FINAL

スラガのステージ終了後、メンバーを代表して窪田が坂本へ手紙を読み上げる。「舞菜さんと初めて出会ったのは楽屋裏で灰色のスウェットを穿いてるのを見て、おちゃめな印象でした。そんな中、右も左もわからない不安だらけの私にチェキのむき方、撮り方、挨拶、裏方すべてのお仕事を丁寧に優しく、それはもうスタッフさんじゃないかと勘違いしてしまうほどでした」と語ったところで、場内から笑い声が。

だが、窪田は涙ながらに自身の胸中を打ち明け、「ダンスの練習のしすぎで足を約1ヶ月ほど痛めてしまったときは凄く悔しかったと思うし、いろんなチャンスを逃してしまったと思います。だけど、いまこうしてスライムガールズのリーダーとして頑張ってるのを見て、舞菜さんはとっても輝いてると思います。いつもはしっかりしてないとか言ってるけど、AKIBAドラッグ&カフェさんでのライブとかリーダーとしてしっかり引っ張ってくれていて、本当にありがとうございます。舞菜さんがいてくれなきゃ私はもうダメだっだというところもたくさんあるし、本当に感謝しています。しゃべっていてぶつかったり、意見し合ったこともたくさんあるけど、私は舞菜さんがよくする変なモノマネもちょっぴり気持ち悪い仕種も時々する梅干しのような唇も全部大好きです。いつもネガティブな発言をしているけど、きっとここにいるすべての人が舞菜さんのことを愛していると思います。だから自信を持ってどんどん上へと昇格して、キラキラと輝いてください。そして、アリスプロジェクトの指原莉乃さんになってください」と、メッセージを送った。

DSC_0485

坂本と窪田が抱擁

最後は坂本本人からも挨拶があり、「私、実はアリスプロジェクトを3回受けてまして。1回目は中三のときで、そのときは受験であきらめまして。その次に澤田リサさんに憧れてもう一回受けて、落ちました! それでそのときのオーディションで天木じゅんさんと出会い、憧れてまた受けました。そしたら何と受かって、某飲食店で倒れこみました」と、自身の過去を告白。

DSC_0496

坂本からも挨拶

さらに「伊藤みうちゃんと小野寺なほさんと同期なんですけど、一緒にAJもやったし、一緒に研究生になりました。だけど、いまこんなに差があって、私はまだスライムガールズなんですけど。2人としゃべっていても、好きだけど、悔しくて。2人がステージをやってる横で私はずっとチェキむきをしていて、ずっと掃除とかも一人でやっていて、一緒に入った子がステージでやってるのに私はできなくて。でも、そんなときに足をケガしてしまって、やっと入れたのがスライムガールズで、正直納得できなかった。でも、そこで『リーダーは舞菜だよ』って言われて。リーダーとしてちゃんとできてるかといったら全然そんなことなくて、スライムガールズを引っ張っていけてるかといったらそうじゃなくて。ちょうどアリスに入る前に転校して、友達がゼロになって学校でも嫌われまして…。人前に出るのが怖くなって、いま月3回しか学校に行けてません。でも、ここに来れば、いろんな仲間がいて、いつも『坂本~!』と言ってくれて、凄い嬉しいんですけど。ここが私がいなきゃいけない場所だと思っていて。私はいつもネガティブで、ウザッとか何こいつ?とか思っちゃうかもしれないですけど、自分のことが好きじゃなくていろんな人にも迷惑かけてきちゃったんですけど、これからは…ポジティブになります」と赤裸々に語ると、観客が拍手を送った。

DSC_0545

左から飯村、窪田、坂本、星野、石原

終演後、坂本は「はじめは小さいケーキだったけど、愛理さんが取っていっちゃって、割とマジで凹んだんです。そしたら(大きいケーキが)出てきて、よかった~って」と生誕祭を振り返り、「憧れてるのは高橋みなみさんなんですけど、元々アイドルで推しは指原莉乃さんなので。似てるってよく言われるんですけど」と、アリスの指原莉乃を目指すことにはまんざらでもなさそう。

「スキャンダルを起こすところまでは真似しないでくださいね」と突っ込んだところ、「そうですね。それはもう。そういう出来事もいまでは笑いに変えたり、口がうまいところも憧れているので」と、笑顔で答えた。

「メンバーから見たリーダーは?」と質問すると、4人は以下のように返答。

石原「AKIBAドラッグ&カフェの楽屋でMCを率先して考えてくれたりとか、誰かメンバーが欠けてるときにフォーメーションとか歌割とかしっかり決めて、それをしっかり全員に伝えてくれる凄い人だと思います」

星野「正直、最初頼りなかったけど、だんだんリーダーらしくなってきた…と思ってたんですけど、最後の挨拶のグダグダ感でまだダメだなって。まだ一人じゃダメなんだなと思いました。これから一緒に成長して、一人で気持ちを伝えられるリーダーになってほしい」

窪田「舞菜さんの笑顔が見れて嬉しかったし、普段感謝の気持ちを伝えたりとかなかったので、今回こういう場で伝えることができて、よかったと思います。手紙は本当の気持ちをぶつけました。普段はしっかりしてないとか言ってるんですけど、陰ではしっかりしてるし、私を引っ張っていってくれて、そういう面も凄く感謝しています」

飯村「最初私がAJに入ったときは、顔に表情がでなくてめっちゃ怖い先輩だなと思ってたんですけど(笑)。スライムガールズで毎日一緒にいると、凄い舞菜さん楽しくて。いまは本当に大好きで、きょうの生誕祭もスライムガールズとして舞菜さんを祝えてよかったです」

これを受け、坂本は「一応リーダーですけど、一番先輩でもないし、年も真ん中だし、引っ張っていける立場なのかと最初に思ったときは、自信がなくて。でも、毎日スライムガールズとしてステージに上がるごとに、私がしっかりしないとみんながグダグダになってしまうからと思ってやってるんですけど、みんながいつもそれについてきてくれて、本当に感謝してます。17歳になった私もよろしくお願いします」と、スラガの絆の深さを再確認していた。

DSC_0523

[セットリスト]
OZ
1.虹色サンゴ礁
2.Believe road

アリス十番
1.ハピ☆バデ
2.Fusion☆Girl
3.全開☆ヒーロー

スチームガールズ
1.HIGH and LOW
2.優しい風
3.SAILING DAY-フナデ-
4.destiny

スライムガールズ
1.Days
2.アドベンチャー

トッピング☆ガールズ FINAL
1.TSUKEMEN最強

DSC_0576
坂本舞菜

DSC_0318
小さいケーキに凹む坂本(最も左)

DSC_0370
犯人は一目瞭然

DSC_0397
坂本からもお返し!

DSC_0161
スチームガールズ

DSC_0042
アリス十番

DSC_0006
OZ

DSC_0516
横断幕

ポーカー グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0544

「お客さんが来てくれるか不安だった」という結城

OZの結城める(17)の生誕祭が14日、東京・秋葉原P.A.R.M.Sで行われた。

10月17日に18歳の誕生日を迎える結城を祝福するため、会場には多数の“めるにすと”が集結。トリにOZが登場すると、結城のイメージカラーであるピンクのサイリウムが輝き、特製うちわが会場を彩った。

「未来ノヒカリ」ではピンクカラーの風船が舞い、「LOVE&JOY」では前列のファンがなんと女性の下着をかざす異様な光景も。これは、MCなどでずっと「二次元の女の子のパンツが好き」と公言してきた結城のために用意されたものだった。

DSC_0384

セレモニーでは、マイメロディをデザインしたバースデーケーキが運ばれ、結城は感激。OZメンバーとの記念撮影のカメラマンは、スチームガールズの桜雪が担当した。ここで、結城の目の部分に黒いボカシが入れてあった横断幕も、ボカシが外れ、スッキリとした形に。“検閲済”と書かれたおもちゃ箱には、全ユニットのメッセージ入りの色紙、ヲタ図鑑、マイメロディのぬいぐるみ、生誕Tシャツなどが入っており、結城も大喜びだ。

DSC_0432

鈴村愛理が結城に「あ~ん」

最後は結城のリクエストで、現ほわみるメンバーの黒瀬サラ(17)、月宮かれん(16)、佐藤七彩(22)、新矢皐月(20)と急きょ5人で「下呂っ娘☆きゅるん」を披露。アリスプロジェクトの全ユニットもステージに上がり、大団円となった。

DSC_0523

そして、ほわいと☆milk時代の同期であるスチガのセンター・黒瀬サラ(17)が結城に対し、手紙を読む。「めるにゃんに初めて会ったのは、サラがほわいと☆milkのオーディションで使う自己PRの撮影で、芝浦Cubeに行ったときでした。まだ何もわからなくてビクビクしていたサラは、凄い長い髪にツインテールをしていためるにゃんを見て、芸能人に会えた!って気分でした。サラがアリスプロジェクトに入ったきっかけはめるにゃんでした。推しは(藤崎)麻美さんだったけど」とちゃっかり笑いも入れたが、「事務所に入る前にやっていたブログにめるにゃんがペタをしてくれたのがきっかけで、めるにゃんのかわいさに衝撃を受けて、自然とブログを毎日チェックするようになりました」と、アリスプロジェクトに入ることになったきっかけを明かし、その後に結城、黒瀬、月宮、佐藤の4人がオーディションを勝ち残り、ほわいと☆milkを結成した経緯を語った。

DSC_0531

黒瀬から結城へメッセージ

さらに黒瀬は「めるにゃんがほわみるを卒業してからは離れてしまって、寂しかったけど、いまではスチームガールズとして、OZとして、お互いP.A.R.M.Sを毎日いっぱいにして、夢叶えていこうね」と呼びかけた。

最後は、結城本人の挨拶へ。「ほわいと☆milkのときは本当に誰もファンがいなくて、ライブ活動していても誰も来てくれないときがあって。やってる意味ないとか考えていて、きょうとかも生誕祭開いてくれるってなってたけど、コンビニでチケット買ったら整理番号が30何番とかで…。きょうもスカスカだったらどうしようと直前まで思っていて」と涙を流しながら生誕祭前までの不安を吐露したが、「でも、ステージに出てみたら凄いいっぱいの人がいて、感動しました」と感謝。そして、「ファンの皆さんはいつも優しいんですけど、最近さらに優しくて元気もらえて、きょうも…凄い元気です。すみません、まとめる力がないんですけど(笑)、総合的にきょうは凄く思い出に残る誕生日で、一生に一度あるかわからないぐらいのたくさんの人が祝いに来てくれて、本当に嬉しかったです」と、たどたどしくも飾らない言葉で礼を述べた。

会場には結城の母親や従兄弟、高校のクラスメートも来ていたとのことで、終演後、結城は「クラスメートが花束を持ってきてたので、びっくりしました」と振り返る。さらに「サイリウムだけでも凄かったのに、うちわびっくりしました。私の顔写真の裏面には“める”って書いてあって、その後にパンツとか登場して、盛りだくさんの生誕祭だなと思いました(笑)」と、観客の演出に感動したよう。

観客が女性の下着を堂々と掲げるという異様な光景もあったが、「MCでもしょっちゅう『二次元のパンツが好き』って言っていて。何かとパンツにつなげていたので、だから振ってくれてたみたいです(笑)。『サザエさん』のワカメちゃんのようなオムツみたいなやつじゃなくて、チラッと見える小学生のパンツみたいなのがいいんです。アニメでいうと『こどものじかん』がステキです」と、パンツに対する並々ならぬこだわりを見せた。

ライブでは、スチガの澤田リサ(16)が「めるにゃんは私推しなんですよ」と発言していたが、結城も「好きなんです。AJのときから仲良くて、ずっとリサちゃんかわいいなと思っていて。いろんな話とか相談とかもしていて、向こうも親友と言ってくれて嬉しかったです」と肯定。

ほわみるで同期だった黒瀬、月宮、佐藤の3人については、「昔の思い出は誰よりもあると思うんですけど、ユニットが違うとなかなか話す機会がなくて。寂しいです」と、やはり特別な存在のようだ。

自身がリクエストした「下呂っ娘☆きゅるん」には、「いろんな気持ちでやってました。懐かしいなとか嬉しいとかいろんな気持ちで、楽しかったです」と、かなり思い入れがあるようで、「麻(友美)さんを思い出した?」と聞いてみたところ、「ちょうどセンターだったので、私麻さんだ!って思いました」と、笑顔で回想していた。

OZは10月5日に初のワンマンライブを行い、大成功。今後、オリジナル曲も作られるとのことで、「いままでにないOZとしての新曲だから、アリス十番、スチームガールズ、OZと見てもらえるように頑張りたいです」と、アリスプロジェクトの看板ユニットとなることを目標に掲げた。

DSC_0565

[セットリスト]
ぱー研!
1.Ⅰ(あい) ♥(あい ) 愛(あい)
2.ココロイド

アリス十番
1.アリスのロッキン・ホラー・ショー
2.Dive-E
3.ハピ☆バデ
4.Fusion☆Girl
5.シンデレラ
6.夏だね☆


スチームガールズ
1.SAILING DAY-フナデ-
2.未来のヒカリ
3.青春宝石
4.ラジオ会館のうた
5.優しい風
6.どんくさい?Don't cry!!
7.destiny

OZ
1.アドベンチャー
2.Days
3.未来ノヒカリ
4.LOVE&JOY

結城める&ほわいと☆milk
1.下呂っ娘☆きゅるん

DSC_0578

結城める

DSC_0480

大好きなマイメロを抱きしめる

DSC_0466

怪しさ満載の箱から飛び出したものは…

DSC_0424

桜雪カメラマンでOZの記念撮影

DSC_0403

異様な光景

DSC_0358

OZ

DSC_0330

スチームガールズ

DSC_0254

アリス十番

DSC_0223

ぱー研!

DSC_0453

横断幕



ポーカー グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

↑このページのトップヘ