カテゴリ: グラビアアイドル

DSC_0122

自身3枚目のイメージDVD

グラビアアイドルの原田真緒(25)が2日、都内でDVD『恋衣-こいごろも-』(スパイスビジュアル)発売記念イベントを行った。

花柄ビキニで報道陣の前に登場。自身3枚目となる同イメージDVDは昨年10月、沖縄・宮古島で撮影され、「食べ物がめちゃくちゃ美味しかった。イカスミパスタみたいな沖縄そばがあったんですけど、凄い真っ黒で。食べた人全員が次の日の●ンチが真っ黒になるっていう(笑)」と、ロケの思い出を下ネタを交えながら語り、“ゲスドル”として知られる原田らしさをのっけから全開させる。

同DVDの内容について、「3枚目なんですけど、初めてがたくさん詰まっていて、ハイレグや小さめの水着、下乳解禁、アイス舐めも初めて。ソフトクリームを舐めるのが初めてだったのに、一気に2本きたんですよ。現場で初めて知ったので、びっくりしたところや素のリアクションも観られると思います」と、説明。

DSC_0008

オススメのシーンについては、「ブランコのシーンがあるんですけど、ブランコにまたがる『アルプスの少女 ハイジ』式のやつで。またがって横に動いているのが、非常にエロスです。非常にけしからん感じです」と、身振り手振りでアピールした。

ビキニや初めての競泳水着姿を披露しているが、「ジャケットのやつなんか横乳が見えて、危うい感じ。ビーチクが見えるんじゃないかというぐらいの(笑)。危ういやつがずっと着たくて、今回初めて着れたので楽しかったです。観ていただきたい」とぶっちゃけ、報道陣を沸かせる。

DSC_0144

身振り手振りで説明

恥ずかしかったシーンについて聞かれ、「巷で『ゲスドル』って言われてるんですけど、羞恥心をお母さんのお腹の中に忘れてきてるので。『こういうのが恥ずかしかったです。キャ~!』みたいなことを言ったほうがいいと思うんですけど、本当になかったです」と、あっけらかん。だが、「アンダーヘアを全部処理して撮影に行ったんですけど、それをスタイリストさんがマネージャーさんにバラしちゃって。そこはちょっと恥ずかしかったです(笑)。陵辱された気分です」と、発言は生々しいながらも乙女心をのぞかせていた。

だが、同DVDの出来栄えを「69点です。69という数字が好きなので」と自己採点し、すぐさま下ネタへ軌道修正。この日のイベントが行われる前日、アメーバスタジオの生放送で『結婚式』をテーマにトークしていた原田に対し、「将来どんな結婚をしたい?」と問いかけたところ、「結婚がいまから何段階も向こうなのでわからないですけど、一緒に漫画とか読んで笑ったりできたらいいかなと思います。夫婦でAV鑑賞したい。楽しそう」と、自身の趣味でもあるAV鑑賞を夫と楽しむ生活を夢に描いた。

DSC_0156

ブランコのシーンを実演

最後に、「最近のライバルは誰?」と聞かれた原田は、「お尻が1メートルの倉持由香ですかね。もうやだ~! 仲本当に悪いんですよ~」と、照れながら返答。ともにニコニコ生放送でレギュラー番組を持ち、ツイッターで“グラドル自画撮り部部長”としてブレイク中の倉持由香(22)をライバルに挙げた。

『恋衣-こいごろも-』は、3990円(税込)で発売中。

DSC_0026


原田真緒(はらだ・まお)
■生年月日 1988年8月5日
■出身地 愛媛県
■身長、スリーサイズ T152 B85 W56 H82
■趣味 漫画、アニメ鑑賞、コスプレ
■特技 みかん早食い、乳酸菌飲料早飲み(ノーハンド)、写真撮影(女性、自分撮り)

DSC_0032


DSC_0046


DSC_0060


DSC_0076




グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0822

左から尾崎、加藤、Kagami

『ミスFLASH2014』グランプリの発表記者会見が3日、都内・有楽町のニッポン放送で行われ、グラビアアイドルの尾崎礼香(おざきあやか、23)、現役女子高生のKagami(16)、アイドルグループ・SKE48の加藤智子(26)の3人がグランプリに選ばれた。

1986年創刊の写真週刊誌『FLASH』(光文社)が、創刊20周年の節目にスタートさせた『ミスFLASH』。8年目のオーディションとなった今年は、全国から600通の応募が寄せられ、審査を重ね、昨年9月にセミファイナリスト30名が選出された。さらにネット生放送、撮影会、ブログ、ハガキ、携帯サイトなどを通じて大規模な読者投票を実施。その結果、10月にファイナリスト10名を発表し、さらにサバイバルレースが展開され、グランプリに選ばれた3人がこの日お披露目となった。

ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーがMC、タレントのYUがアシスタントを務め、会見は進行。まず、グランプリの3人が水着の上にYシャツを着て登場し、一人ずつ挨拶した。

DSC_0251

会見の模様


尾崎礼香「大阪府出身です。(オーディションのきっかけは)事務所さんからの勧めだったんですけど、たまたまグラビア枠争奪戦に出たとき、『ミスFLASH2013』の皆さんがされているオーディションを知って、受けてみたいと思いました。何よりもファンの方が応援してくださってることが本当に嬉しくて。遠いところからわざわざ撮影会に来てくださったり、そういうことの一つ一つが嬉しかったです。(グランプリに選ばれて)正直、最初に事務所から連絡来たときは実感なかったんですけど、やっといま実感湧いて、ちょっと泣きそうになってます(笑)」

Kagami「今年、16歳になりました。みんなに近づきました(笑)。(芸能界の仕事は)いままで撮影会を中心にやらせていただきました。(小さな頃から)スタイルはわからないですけど、身長はみんなよりは高かったですね。男の子と同じぐらいの進み方で、小学校6年生のとき150センチで、中1で168になって、中3で170になりました。30代に見られたこともあります。親と同じやん!とか思いながら(笑)。お父さんが37歳です。高校1年生なので、ちゃんとスクールバッグ背負って、学校通ってますよ。(きょうはもちろん学校は休みだが)でもまあ、ちょこちょこ行って、テスト受ければいいので(笑)」

加藤智子「私はいまSKE48としてアイドル活動させていただいていて。私の夢はグラビアとかモデルさんとか、スチール写真でのお仕事をするのが夢だったので。その夢に一歩近づけたのではないかなと凄く嬉しく思っています。グラビアに関しては、今回がまったく初めてなので、凄く不慣れなんですけど、1年後にはスキルアップして、もっともっと輝きたいなと思っています。(昨日、ナゴヤドームでSKE48としてコンサートを開催したが)私は2期生としてSKEに入らせていただいて、もうすぐ5年目になるんですけど、SKE自体がもうすぐ6年になる。AKB48さんのコンサートにも出させていただく機会が多くて、ナゴヤドームのときもゲストで出させていただいたんですけど、単独で持てるっていうことはそのときからの夢だったので。夢が叶ったみたいで、メンバーも凄く喜んでました。次の目標をいま考え中です。私はSKEに入る前に、ちょっとモデル経験があるんですけど、そのときに身長とか私のスキル云々で挫折したというか、あまり上手くいなかくて。何か肩書きをつけたいというか、また次に進んでいきたい、加藤智子を売りたいみたいな感じで、SKE48に入らせていただきました。その当時からグラビア活動とか、モデル活動は夢だったので。(『ミスFLASH2014』に選ばれて)凄く感無量です」

ここで、『ミスFLASH2013』の永井里菜(21)、池田裕子(26)、階戸瑠李(25)がプレゼンターとなり、『ミスFLASH2014』の3人へ花束を贈呈。先輩からそれぞれ後輩へ一言ずつメッセージがあり、永井はなぜか「お手柔らかに」とお願いし、池田は「『ミスFLASH』として1年間頑張っていただいて、『FLASH』を有名にしていただいて、ぜひ我々にも仕事を分けてください!」と、他力本願なコメント。階戸は「私と里菜ちゃんはG☆Girlsというアイドルユニットをやっていて、『ミスFLASH』の子が毎年入るみたいなので、ぜひそちらにも入ってもらいたいなと思うので、よろしくお願いします」と、グラビアアイドルユニット・G☆Girlsへの加入を呼びかけた。

DSC_0359

その後、『ミスFLASH2014』の3人はYシャツを脱ぎ、白のビキニ姿となり、フォトセッションへ。カメラマンの要求に応え、様々なポーズを披露した。

DSC_0814

続いて、特技披露のコーナー(※撮影NGのため写真なし)では、尾崎はYシャツ姿で、特技のなわとびを披露。二重跳び→はやぶさを成功させ、会場を沸かせた。続いて、Kagamiはなぜか円広志の「夢想花」が流れる中、水着姿でフラフープを。最後の加藤はステージ衣装で、自身が所属するSKEのナンバー「雨のピアニスト」をソロで歌い上げる。報道陣も拍手喝采の中、加藤は「初めて成功しました。リハのとき緊張しすぎて何回も飛んだり、『もう1回やらせてください!』とかばっかりだったんですけど、本番強くなったんですかね」と、『ミスFLASH2014』となったためか、自身の成長を感じていた。

囲みでは、6ヶ月にわたるサバイバルレースを振り返り、尾崎は「自分の力じゃなくて、ホンマにファンの方の応援がなかったら絶対この場所に来れなかったと思うし、ホンマにファンの皆様のおかげです。(サバイバルレース中は)みんな仲良くて、控室もだんだんうるさくなっていったので(笑)。毎日の順位発表が胃が痛かったです。何とか乗り越えることができました」、Kagamiは「やっぱり皆さんのおかげだなと思いますね。ここに来れて、グランプリを獲れたこともなんですけど、『ミスFLASH』に出れてよかった。いろんな人に出会えて、みんないい人たちばかりで。私が何言ってるかわからいのを汲み取ってくれたりして(笑)。凄いいい経験になりました」、加藤は「私がグランプリを獲れた理由は…ザ・SKEパワーです(笑)。いまはSKEの力で勝ち取ったような感じに思ってるんですけど、1年後、2年後は実力で何でも獲ってけるような人間になりたいです」と、それぞれコメント。

チャームポイントについて聞かれ、尾崎は「ぷっくりした唇と、3人の中ではムッチリ枠なので、ムッチリしたところを生かしていきたい」、Kagamiは「年もそうなのかなと思うけど、身長かなと思います。お父さんよりちょっと低い180ちょっと前ぐらいまでは伸ばしたいです」、加藤は「年齢の割には童顔なところですかね。年齢不詳な人になりたいですね(笑)。あと、カメラマンさんとかには『お尻のラインがキレイに上がってる』って言われます」と、答えた。

DSC_0783

Kagami(右)の発言に報道陣も爆笑


今後、やりたいことについては、尾崎は「明日発売の『FLASH』さんで雑誌デビューなので、雑誌とかグラビアで頑張っていきたいし、もともとお芝居とか演技に興味があってこの世界に入ったので、いろんなことに挑戦していきたいです。女優さんだと満島ひかりさんが大好きで、グラビアの方だと吉木りささんが大好きです。写真集も持ってます」と、女優業、グラビアの両方面での活躍を夢見る。Kagamiは「普段わけわかんないことをしゃべってるけど、雑誌ではちゃんとしたところを見せていけたらな~って感じかな(笑)。撮影会とかも開いてるので、脱げていけたら。あ、一皮むけられればなと思います(笑)。むけるのって一皮でいいよね?」と、脱力系のコメントで周囲を笑わせる。加藤は「私はスチール写真のお仕事がしたくて。一番の目標はソロの写真集を出したいので、それに向かってスキルアップして頑張りたいです。アーティストとしてもいろんな役をできたらいいなと思っています」と、ソロで写真集を出す目標を掲げた。

これから1年間は『ミスFLASH』として活動するため、加藤のSKEとの両立も気になるところだが、「SKEの卒業も考えてる?」という問いかけには、「いえ、SKEは私にとって我が家というか帰ってくる先だと思ってるし、待っててくれるスタッフの方やファンの皆さんやメンバーもいるので、私はやり続けます」と、キッパリ答えた。

2月4日発売の『FLASH』誌面で、3人のグランプリ発表&グラビアが掲載され、2月10日発売の同誌でKagamiの単独グラビア、2月18日発売の同誌で尾崎の単独グラビア、2月25日発売の同誌で加藤の単独グラビアが掲載される。

また、3人がインドネシア・バリ島でロケを行ったイメージDVDも、イーネット・フロンティアより4月16日に発売!

DSC_0469


尾崎礼香(おざき・あやか)
■生年月日 1990年6月6日
■出身地 大阪府
■身長、スリーサイズ T167 B86(F) W63 H90
■血液型 A型
■趣味 ダンス、映画&DVD鑑賞
■特技 クラシックバレエ、書道

DSC_0431


DSC_0130


DSC_0108


DSC_0581


Kagami(かがみ)
■生年月日 1998年1月8日
■出身地 東京都
■身長、スリーサイズ T170 B83(C) W57 H84
■血液型 A型
■趣味 買い物、プリクラ、ジョギング
■特技 フラフープ、跳び箱

DSC_0567


DSC_0209


DSC_0188


DSC_0665

加藤智子(かとう・ともこ)
■生年月日 1987年4月28日
■出身地 愛知県
■身長、スリーサイズ T158 B76(C) W60 H81
■趣味 ショッピング、美容
■特技 みんなを癒すこと

DSC_0633

DSC_0255

DSC_0225

DSC_0275
永井から尾崎へ

DSC_0297
池田からKagamiへ

DSC_0318
階戸から加藤へ

DSC_0854
ミスFLASH2014

DSC_0355
ミスFLASH2013

DSC_0731
加藤(中央)はSKEのステージ衣装でパフォーマンス

DSC_0003
吉田アナ(右)、YU

グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0085

記念すべき初のDVD


現役女子高生の新人グラビアアイドル・藤堂莉香(18)が25日、都内でDVD『むきだしエンジェル』(pistil)発売記念イベントを行った。

記念すべき1stDVDは昨年11月、都内のスタジオで撮影。赤と白のチェックのビキニで登場し、「このDVDの撮影が初めてのお仕事だったので、もう無我夢中で、何もわからないまま一生懸命やらせていただきました」と、初々しさを見せる。

同DVDの内容について、「庭で制服で撮ったシーンとか、レオタードを着て、趣味でもあるダンスをさせていただきました」と説明。かなり面積の小さい水着にも挑戦しており、1stDVDながら大胆な姿を披露しているが、「最初に衣装をいただいたときに、えっ? こんな小さくていいの?って恥ずかしかったですね」と、赤面した。

撮影中は「途中から何も考えないで…というのとはちょっと違うんですけど、恥ずかしいとか考える余裕がなくなってました」と、一心不乱だったよう。

DSC_0036

スレンダーボディを披露

見どころについては、「全部観てほしいですけど、最初に撮ったのがジャケットにもなっているレオタードのシーンだったので、そこを観てほしいです。ダンスもしていて、身体の柔軟性も生かしているので、そういうところも観てほしい」と、アピールした。

極小ビキニで全身にオイルを塗られるシーンもあるが、「その状態でもY字バランスをしています」と、柔らかい身体をフル活用。最後に「何かY字バランスに始まり、Y字バランスに終わった撮影でした(笑)」と苦笑いしながらも、得意のY字バランスでポージングしてくれた。

DSC_0067

Y字バランスの大サービス!

3990円(税込)で発売中!

DSC_0016

藤堂莉香(とうどう・りか)
■生年月日 1995年8月24日
■出身地 北海道
■身長、スリーサイズ T167 B79 W56 H84
■血液型 B型
■趣味 手芸、読書
■特技 ダンス、フィギュアスケート

DSC_0028


DSC_0078


DSC_0044


DSC_0061


DSC_0112





グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0866

BLESSの4人は号泣

ガールズアイドルユニットのBLESSが19日、都内・北区のBASEMENT MONSTAR王子で、活動休止前最後のライブ『BLESSワンマンLIVE in ハッピーアワーシアター』を行った。

2011年にユニットを結成し、メンバーそれぞれがグラビアアイドルとしても活動。現在、メンバーは森実咲(18)、永井里菜(21)、宮沢くるみ(17)、吉田未来(16)の4人となり、永井が『ミスFLASH2013』グランプリ、森が『ミスアクション2013』グランプリに輝くなど、メンバー個々で活躍の場を広げた。BLESSとしても、昨年8月には1stミニアルバム『Step One』で念願のCDデビューを果たし、同10月にはワンマンライブも開催したが、この日をもって活動を休止することに。

イベントは1部、3部が撮影会、2部、4部がライブと、4部構成で開催。3部の撮影会前に、銀のラメが輝くステージ衣装で、今回の活動休止、また今後についてメンバー4人がコメントしてくれた。

DSC_0065

左から宮沢、永井、森、吉田

森「いきなりのBLESSの活動休止ということで、私たちもそうだし、ファンの方もびっくりされていると思うんですけど、これはBLESSが終わりというのじゃなくて、ひとり一人が羽ばたいていく日だと思ってます。寂しい気持ちもあるけど、復活のときまでもっと自分自身、内面もそうだし、外見も磨いて、ファンの人に一回観たらまた観たいと思ってもらえるようなアイドルさんだったり、女優さんだったり、バラエティーだったり、人に目につくような女性になりたいです」
永井「ここまで来たのは、ファンの人に支えてもらったおかげだし、最初はこんなにライブとかもできなかったけど、皆さんの応援でここまで来れたし、凄く嬉しいです。これからは個人個人になってしまうけど、ここで終わりじゃなくて、もっと個々でいろんなテレビや雑誌で皆さんにお会いできるように、見てもらえるように頑張っていきたいです」
宮沢「約3年間やってきて、最初から最後までファンの方がここまで一緒にいてくれたから、きょうのイベントもできるので、凄く感謝しています。今後は個人での活動になっちゃうけど、また新たな宮沢くるみを見せられたらいいなと思います」
吉田「3歳ぐらいのときからモーニング娘。さんとかアイドルが好きで、ずっとアイドルになりたかったので。まだ夢の途中なんですけど、少しでも夢が叶ったことが嬉しかった。それはみんなスタッフの方だったり、ファンの方が支えてくれたおかげなので、凄くいい経験ができたと思います。今後はイメージDVDが出ますが、これからもファンの人や支えてくれる人を大事にしようと思います」

3部の撮影会では、メンバーはバニーガール姿や水着姿を披露し、ファンを魅了。4部のライブはポップなナンバー「GO GIRL」でスタートし、ファンは色とりどりのサイリウムを振って、応援した。

DSC_0329

水着姿を披露

ライブの途中、ジェスチャーゲームやイントロクイズなどファンを楽しませる企画も実施。BLESSにまつわる○×ゲームでは、最後まで残った一人のファンの方の似顔絵をメンバー4人が描いた。

また、BLESSの楽曲だけでなく、銀ラメのステージ衣装から着替え、森&永井がYUIの「タイヨウのうた」、宮沢&吉田がBuono!の「初恋サイダー」をカバー。4人でアニメ『美少女戦士セーラームーン』のオープニングテーマ「ムーンライト伝説」をパフォーマンスし、場内を沸かせた。

DSC_0500

バッチリカメラ目線!

ライブ後半はシリアスな曲調の「One Word」、セクシーなダンスが特徴的な「I'm a Super Girl」を立て続けに披露し、ここで森が改めてファンに向けて、BLESSが活動休止となることを報告。そして、メンバー4人も自身の胸中を明かす。

永井「BLESSは活動し始めて3年目で、ライブデビューして2年目なんですけど、ファンの皆さんとこんなにたくさんの濃い時間を過ごしてきて、BLESSも成長したかなと思っています」
吉田「3歳の頃から凄くアイドルになりたくて、まだ夢の途中だけど、未来の夢を叶えてくれたのは皆さんなので、凄く感謝しています」
宮沢「BLESSのみんなに会えたから、ファンのみんなに会えたから、何て言うんだろ…(涙)」

宮沢が感極まり、言葉を発することができなくなったのを察した森が「くるみのこの涙が答えなんだよね? じゃあ、実咲がくるみが泣き止むまで言おうと思います」と切り出し、「BLESSは3年前に結成して、そこから1年間凄いレッスンをやって、みんなダンスも歌もできなくて、ケンカもしたし。最初9人だったけど、どんどん上に行きたいという人で固まって、この4人になったんですけど。去年、願ってたCDデビューやワンマンライブもできたし、凄い感謝してるし、本当にたくさんの人が応援してくれたおかげで、いまこうやって私たちはワンマンライブをさせてもらうことができて、本当に感謝しています。MCで悩んだことがあったけど、みんなで集まったときに『実咲一人で頑張らなくていいんだよ』とか言ってくれたおかげで、こうやって頑張ることができています。3年間、本当にありがとうございます」と、ファンへ感謝の思いを伝えた。

なんと、ここで永井がメンバーへメッセージを添えてアルバムをプレゼントするというサプライズも。さらに、ファンからメンバー全員へ花束が贈呈され、もう4人の顔は涙でいっぱいだ。

DSC_0881

ファンから花束を受け取る

BLESSに明確なリーダーという立場は存在しなかったが、MCを担当したり、実質BLESSを引っ張ってきた森は、メンバーに対し、正直な気持ちをぶつけていく。
「私は里菜に対して、ライバルだと思ってたし、凄いいろいろ思うこともあったけど、お互い切磋琢磨できて、凄く嬉しかったです」
「未来は甘え上手でうらやましいなと思うときもあったけど、実咲がしょぼんとしてると、一番最初に『どうしたの? 実咲ちゃん』と聞いてきてくれて、凄い嬉しくて。でも、そのときは相談に乗れなかったのは凄いごめんねと思うけど、これから未来がつまずきそうになったら、いつでも相談してください」
「くるみ! おまえ、もうちょいダンス頑張れよ! これからモデルとして頑張るんだから、何事も頑張っていこうね」

そして、ライブへと戻り、最後は「LOVE SONG」。4人はファンに「みんなありがとうね~!」とお礼し、森がライブでいつも披露している“ピースビーム”を全員で決め、終演となった。

メンバーは今後、DVDリリース、舞台出演、モデル業などソロで活動していく。

[セットリスト]
4部ライブ
1.GO GIRL
2.KISS
3.I Wanna Shine
4.リンリンダーリン
5.タイヨウのうた
6.初恋サイダー
7.ムーンライト伝説
8.One Word
9.I'm a Super Girl
10.LOVE SONG

DSC_0530

森実咲

DSC_0421

森実咲

DSC_0506

永井里菜

DSC_0367

永井里菜

DSC_0691

宮沢くるみ

DSC_0410

宮沢くるみ

DSC_0657

吉田未来

DSC_0478

吉田未来

DSC_0015

ステージ衣装

DSC_0088

バニーガール

DSC_0125

バニーガール

DSC_0324

水着

DSC_0565

ライブ

DSC_0689

ライブ

DSC_0592

ジェスチャーゲーム

DSC_0712

○×ゲームの勝者の似顔絵をメンバーが描く

DSC_0794

イントロクイズ

DSC_0747

「タイヨウのうた」

DSC_0763

「初恋サイダー」

DSC_0788

「ムーンライト伝説」

DSC_0876

“ミスFLASH”から“ミスアクション”へアルバムのプレゼント

DSC_0902

最後は全員でピースビーム!




グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

DSC_0671

元復活!ミニスカポリスメンバーで、タレントの柴原麻衣(28)が13日、自身のブログで、今月いっぱいで所属事務所を退社し、同時に芸能界を引退することを発表した。

柴原は「大好きなみなさんへ。」と題し、「私、柴原麻衣は1/31をもちまして六年間所属していたプラチナムプロダクションを退所し芸能活動を引退します」と報告。

そして、「前から考えていたことですが、突然の発表ごめんね」とファンに謝罪しながらも、「すごく前向きな理由で明るい未来の第二章へ向けての決断です」と、気持ちはポジティブに。最後に「応援してくれた大好きなみなさんに会えなくなってしまうのは本当に寂しいし悲しいですが、まだ終わってないので最後までみんなの愛を噛み締めて全力で集大成の舞台成功させるので、本当に観に来てください」と、1月24日~26日、東京・東松原Broader Houseで開催される出演舞台IN EASY MOTION ワークショップ卒業公演『NO』への来場を呼びかけた。

グアム 旅行 ハワイオプショナルツアー 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約! ロリポップ!レンタルサーバー ホームページ作成 格安 ディズニー ミッキー 腕時計

↑このページのトップヘ