July 2010

★主な登場人物★

僕:おとーさん(40歳を過ぎたオヤジ)
嫁さん:おかーさん(いわゆる鬼嫁愛妻)
さぁ:長女(喋りが止まると死ぬ)
つぅ:次女(生まれたて)

July 25, 2010

関西在住なので、近場の繁華街と言えば梅田になります。
距離的にはそんなに遠くないのですが、家から駅まで10分ちょい歩いたり、乗り換えがあったりで時間的には40分くらいかかります。

けどまあ、都会に近いというのは便利ですね。

なのに、住んでいるところは結構田舎なので、そこがまた自慢です。子供たちにとっては自然が近くにある環境っていいでしょ?

で、長女のさぁを連れて、車で5分くらい走ったところにある川に行ってきました。
実は、行ったのは初めて。
川を見下ろす橋は何度も歩いて渡ったことがあるんですけどね。

で、靴と靴下を脱いでじゃぶじゃぶと川を歩きました。
30分くらい、川と戯れてたっぷり楽しみました。

家に帰ると「足が汚れたまま帰ってきたんちゃうの!?」と、嫁さんに怒鳴られました。

それくらいのことで怒鳴るなよ。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0) ひとりごと+さぁの話 

July 24, 2010

前に大学時代の親友一家が遊びに来た時に、小学4年生のお兄ちゃんが「いつも僕が叱られるねん」と、言っていました。

兄弟姉妹がいる人なら誰でも経験していると思いますが、上の子は叱られて当たり前なんですよね。

でも、「下の子が生まれたら、とにかく上の子に構ってあげなさい」と、よく聞きます。
下の子は赤ちゃんなんだから、ちょっとくらいほったらかしていても本人は覚えていませんが、物ごころついた上の子はないがしろにされると、それがストレスになったり、親に対しての見方が変わってしまったりするからです。

いつもお世話になっている小児科の女医せんせいも「私も当時は間違って下の子ばかり構ってたので上の子は全然なつかなくなりました。気を付けてくださいね」と言っていました。

嫁さんもおばーちゃんも、分かっていながらも、どうしてもつぅを優先してしまう節があるので、さぁのケアは僕がしっかりしないとなーと思って、休みの日はよく遊んであげるようにしています。

あ、自分のことを良いお父さんみたいに書いてますが、DSに熱中してさぁをほったらかしにしていることもよくありますけどね(^-^;。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(1)TrackBack(0) ひとりごと+さぁの話 

July 21, 2010

1ヶ月ほど前から、時々スイカの果汁を飲ませたりすることがあったのですが、離乳準備期、つまり生後2~3ヶ月で飲ませるのがこれまでのスタイルだったようです。

ところが、All Aboutにある記事によると、早すぎるのはどうか、というのが最近、趨勢を占めている意見だそうです。

以下、引用です。

最近では、早すぎる離乳食のスタートが疑問視され、見直されています。早すぎる離乳食の開始は、近年増え続けているアレルギーの原因の1つではないかと言われており、現在、厚生労働省では「離乳開始前に果汁をあげる必要性はない」という指針に2007年3月変更しました。

つぅにスイカ果汁を飲ませるようになったのは生後4カ月くらい。ま、大丈夫かな。

で、1週間ほど前からつぅにはおかゆを少しずつ食べさせるようになったのですが、つぅは生後5ヶ月半くらい。
実際、今でも離乳食のスタートは生後5ヶ月くらいからでOKとのことなので、時期的には間違えていませんでした。

こういうの、いちいち気にしてなかったのですが、気にすべきだったのかも知れません。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(1)TrackBack(0) 生後4ヶ月~6ヶ月 
妊娠・育児のPR

無料で子授けBOOK


赤ちゃんをあきらめないで


妊娠・育児のことなら

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
リンク
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • seo
記事検索


SEO対策:育児 | 子育て | パパ | 妊娠 | 日記