流産

★主な登場人物★

僕:おとーさん(40歳を過ぎたオヤジ)
嫁さん:おかーさん(いわゆる鬼嫁愛妻)
さぁ:長女(喋りが止まると死ぬ)
つぅ:次女(生まれたて)

August 18, 2009

妊娠が分かったら、嬉しいものです。
嬉しいものだから、早く、身内や親しい人には伝えたいものです。

一昨年は、誰かに報告するヒマもなく、早期流産してしまいました。

昨年は、たまたま親父と二人っきりになる機会があったので、こっそり報告しました。
「実は、二人目ができてん。去年、一度流れてるから、安心はでけへん」
言いながらも、実のところ、あんまり心配はしていませんでした。
まさか、二年連続で流れるなんて夢にも思ってないですし。

「オカンには絶対にまだ言わんといてな」

二度目の流産の後、実家に行く機会がありました。
当然、親父はおかんの目を盗んで僕に聞きます。「どないや?」

「また、アカンかった」

親父がガッカリするのを見るのがつらかったです。
報告のタイミングって難しいですね。

まさかの時のことを考えて、安定期に入ってから報告しないと、余計な落胆を味わわせてしまうことにもなりかねない、と、その時に学びました。

↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0)

August 07, 2009

親父に「どうやら二人目ができたよ」という話をした2週間後。

医者に経過を診てもらいに行った嫁さんがまたしてもショックな事実を僕に伝えました。
「また、アカンかった・・・・・・」
「え、マジで!?」

僕は、言葉を失いました。

昨年の流産から一年待って、やっと待望の二人目が出来たと思ったら、また、「成長が止まっている」と。

流産の手術をした方がいい、と。

まさか、二年連続で流れてしまうなんて予想もしていませんでした。

僕に、あるいは嫁さんに何か原因があるのか?
いやいや、そんなこと、あるわけがない。

だって、一人目はちゃんと生まれて、すくすくと育っているのですから。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0)

August 02, 2009

多分、8~9週目くらいだったと思いますが、いわゆる早期流産です。

待ち望んでいた二人目だったので、着床が分かった時はとても嬉しく、職場で、ちょうど来日していたイギリス人上司に"My wife is expecting!"と、プライベートの話をしてしまったほどでした。

こんな英語表現、まず使うことがないだろうと思いつつもたまたま覚えていた表現だっただけに、印象深い場面です。

ちなみに、妊娠したという形容詞は「pregnant」なので、"My wife is pregnant!"でもいいと思いますが、"expecting"を使う方がカッコイイでしょ(笑)。

"expect"は「期待する」という動詞ですが、ここでは"a baby"が省略されているんですよね。
"My wife is expecting (a baby)!"が元の文です。

おっと、何で英語の解説をしてるねん。

とにかく、僕たちの落胆ぶりは大変なものでしたが、嫁さんは精神的な苦痛のほかに、手術を受けなければならないという肉体的な苦痛も伴うのですから、僕が落ち込んでばかりはいられません。

↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0)
妊娠・育児のPR

無料で子授けBOOK


赤ちゃんをあきらめないで


妊娠・育児のことなら

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
リンク
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • seo
記事検索


SEO対策:育児 | 子育て | パパ | 妊娠 | 日記