悪阻

★主な登場人物★

僕:おとーさん(40歳を過ぎたオヤジ)
嫁さん:おかーさん(いわゆる鬼嫁愛妻)
さぁ:長女(喋りが止まると死ぬ)
つぅ:次女(生まれたて)

September 23, 2009

妊娠も3ヶ月目に入ると、さすがにもう流産することはないよなー、という気になってきました。

まだ安定期まで1ヶ月ほどありますが、嫁さんの悪阻もマシになってきたみたいだし――まあ、元々悪阻はヒドい方ではないのですが。

吐くほどのことはなくても、「気持ち悪い」と言って横になることが多かった嫁さんでしたが、そういう「気持ち悪さ」の度合いが弱くなってきている、とのことでした。

ですが、2年連続流産を経験している僕たち夫婦は、まだ「妊娠発表」については消極的でした。

僕の両親は家から歩いて15分くらいのところに住んでいますし、よく遊びに行ったり、一緒に外食したりするのですが、妊娠3ヶ月の時点ではまだ黙っていました。

長女のさぁの時は、3ヶ月目に突入する前くらいに発表したんですけどねぇ。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0)

September 10, 2009

悪阻(つわり)は男性にはどういうものなのか分かりません。
けれど、「気持ち悪い」という嫁さんを見ていると、嫁さんが可愛そうというよりも、嫁さんのお腹の中に生命が宿ったんだな、と、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

・・・こんなこと嫁さんに言ったら蹴られるかも知れませんが(^-^;)。

流産となってしまった一昨年も昨年も、やはり悪阻はありました。まだ2cmとか3cmという大きさしかない胎児が、嫁さんの体調を狂わせるほどの力を持っているんだな、と感心したことを覚えています。

長女ができた時、嫁さんの悪阻は比較的軽い方だったし、一昨年、昨年、そして今年もやはり程度の軽い悪阻だったので、恵まれた状況ではありました。

時々短気になるのは閉口しますが、それも悪阻の影響、とグッとガマンしつつも、「いつも短気やから怒ってるのが悪阻のせいなんかどうなんか分からんわい」と、ついつい言ってしまって火に油です(笑)。

妊娠2ヶ月目、過去に苦い経験をしているだけに、まだまだ安心はできませんでした。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0)
妊娠・育児のPR

無料で子授けBOOK


赤ちゃんをあきらめないで


妊娠・育児のことなら

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
リンク
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • seo
記事検索


SEO対策:育児 | 子育て | パパ | 妊娠 | 日記