検査

★主な登場人物★

僕:おとーさん(40歳を過ぎたオヤジ)
嫁さん:おかーさん(いわゆる鬼嫁愛妻)
さぁ:長女(喋りが止まると死ぬ)
つぅ:次女(生まれたて)

August 15, 2009

なかなか子供ができない、と、悩んでいる夫婦は世の中にたくさんいると思います。

これまでに書いたように、僕たちも悩みました。

ここからは個人的な意見として聞いて欲しいのですが、自分の経験から言わせていただくと「1年くらい子供ができなくても焦らないで欲しい」ということです。

もちろん、心配であればその間に生殖機能についての検査を受けておきましょう。

夫婦どちらに何の問題もないのに1年や2年子供ができないことは、実は珍しくないのです。

そもそも、子供ができるタイミングは年に12回しかありません。
そのタイミングに着床させなければならないのです。

子供を授かるというのは、そういう信じられない確率をかいくぐって与えられる、奇跡なのです。

子供ができずに焦る気持ちがあると、できにくいという話を聞いたこともあります。
肉体だけではなくて、心も影響しているのかも知れません。

余談ですが、僕たちが一人目を授かった時は、「今回はタイミング的にもちょっと遅いから無理やろなー」と、プレッシャーもなくセックスした時でした(笑)。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0)

August 14, 2009

実は、僕たち夫婦は一人目の時も時間がかかりました。
子供を作ろうと決めてから、一年以上、子供ができませんでした。

独身時代に嫁さんは一度、すぐに産めない事情があって、僕の子供を堕ろしています。

だから、二人とも子供ができる機能はあるハズでした。

けれども、心配になって生殖機能の検査をしました。
女性の方はどういう検査をしたのか知りませんが、僕の方は朝っぱらから精子を搾り出して、それを容器に入れて嫁さんに持っていってもらいました。

セックスに淡白な我々夫婦は朝っぱらからセックスするワケにもいかず、朝立ちの勢いを借りて、一人で搾り出しましたヨ(笑)。

もちろん、結果は、二人とも問題なし。
その検査の数ヵ月後に、僕たちは子供を授かりました。
愛娘の「さぁ」です。

ですが、二年連続で早期流産てなことになると、何か生殖機能に異常が発生したのでは、と疑心暗鬼になりました。

あるいは、二人とも30代後半にさしかかっていたので、それが問題なのか、とも。



↓応援クリックお願いします(ポチッとね)↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村
Comments(0)TrackBack(0)
妊娠・育児のPR

無料で子授けBOOK


赤ちゃんをあきらめないで


妊娠・育児のことなら

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
リンク
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • seo
記事検索


SEO対策:育児 | 子育て | パパ | 妊娠 | 日記