Bp5z2YTzdXrQk5E3ns077he1

44: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 06:15:14.15 ID:CIu07c4G0
ちなみに、音楽に詳しくない人のために言っておくが、
このスラッシュってギタリストは、スラッシュメタルってジャンルの語源になった人だよ





おすすめ記事


Ibanez / AZ2402MW-NT Natural アイバニーズ



93: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 08:12:38.89 ID:Vgo/oAvQ0
>>44
時期的に微妙ではあるけど、スラッシュメタルで一般的に人気があるメタリカや
スレイヤーとかはスラッシュがガンズでブレイクする前から人気があったと思うぞ

157: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 16:17:49.28 ID:PyW4E9WE0
>>93
正しいツッコミは「英語の綴りが違う」だ
ってこれも釣りか

97: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 08:21:36.94 ID:74PYmvjd0
>>44
thrasherってスケーターの雑誌が起源な気がするが
始めはスケーターロックって言われてたような

101: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 08:32:56.56 ID:Vgo/oAvQ0
>>97
パンクソ野郎はそれよく言うよな
バンダナスラッシュ辺りがスラッシュメタルの起源になったって

175: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 20:29:33.54 ID:hDkg3gwR0
>>97
そもそもスラッシュはスケーター向けのパンクのことだが、
日本ではそれをパクってメタルにしたスラッシュ・メタルのほうがそもそもの元祖だと勘違いしているヤツ多過ぎ

181: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 21:18:30.75 ID:3ed2c2dg0
>>175
それってどういう時系列での話なん
たとえばスイサイダル・テンデンシーズなんかはスケーターズロックからスラッシュメタルに接近したと見なされてたんだが
それにスラッシュメタルは最初からハードコアパンクの影響下にあることは日本でも常識だったしそこから生まれたThrash=Metalだったという認識なのは全世界的なものじゃね
thrash punkでググってもヒットするのはスラッシュメタルのさらに影響下にあるパンクばかりでスラッシュメタル以前に「スラッシュ」と称されていたバンドが見つからない
もしスラッシュというのが使われていたとしても70年代前半以前から時折一部で使われてた「ヘヴィメタル」同様に具体的なジャンルとして見なされていたものではなかったんじゃないの

187: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 22:15:32.85 ID:hQxGI3/m0
>>181
スラッシュはハードコアパンクから生まれたサブジャンルで、それをメタルが取り入れただけ
--------------------------------
●スケートボード温故知新 第4回:SKATE ROCK

元々アメリカンハードコアパンクシーンでスケートに傾倒するパンクたち、スケートパンクがスケート
ロックと呼ばれるようになり、自分の情報が正しければThrasher Magが’80年代にスケートロックと
いう言葉をメジャーにしたと記憶しています。1983年にThrasherが『Skate Rock』というコンピレーション
シリーズをリリースし始めました。アルバムによってさまざまですが、シリーズ全体の中身はパンクや
ハードコアパンクを中心に、それ以外のジャンルのアーティストも多く参加するというクロスオーバー
した内容でした。このコンピレーションに参加するアーティストの基準は、スケーターがバンドや
プロジェクトのメンバーにいることが基本条件だということをHigh Speed Productions(Thrasherを運営
する会社)のJ.P.氏が何かの誌面で話していたのを覚えています。

●地獄の犬猫日記 池上彰のハードコア史解説・第二夜 [メタルは悪女?]

アメリカでは、70年代後盤にブームだったスケートが下火になり、スケート文化がだんだんとアンダー
グラウンド化していきました。
そして地下文化の水脈で、ハードコアカルチャーとスケートカルチャーは惹かれあい融合していきました。
軽快に突っ走るハードコアパンクと、重力の支配下から離れ空中を自由にかっ飛ぶスケートの精神には
どこか近いものがあったのでしょう。

80年代中盤から、アメリカンハードコアの中で、当時のスケート雑誌から取られた“スラッシュ”と呼ばれる
一群のバンドが現れはじめました。
重厚に深刻な雰囲気で走るイギリスのハードコアとは対照的に、スケートのランディングを思わせる軽快で
チョッパヤな2ビートでスタスタ突き進むハードコアサウンドがその主体でした。
スイサイダルテンデンシーズ、DRI、ギャンググリーン…たくさんのスラッシュバンド達がスピーディーな
スケートパンクを演奏しました。
イギリスからモロにハードコアを直輸入していた日本と違い、もともとネクラな考え方をしないアメリカ人には、
ディスチャージスタイルのストイックなハードコア思想や鋲ジャンのハードコアファッションはこの時期には
浸透しませんでした。
80年代初期、アメリカでハードコアといえば即ちスラッシュだったのです。
決して自分たちのスタイルは崩さない。
やっぱりアメリカ人っていつの時代も「俺が!俺が!」なんだね(笑)。

そしてパンクに客を取られっぱなしだったメタルが、ここで起死回生を図る。
今や堂々たるメタルの殿堂バンド、メタリカが、スラッシュを取り入れた突っ走るメタルサウンド…[スラッシュメタル]
をプレイし始めたんだ。
リスナーにバイカーの多いメタルの事、疾走する音像という点でスラッシュとの親和性も高かったのでしょう。
この時期、すでにハードコアやスラッシュバンドの加速力に影響を受けたメタルバンドもけっこういたんだね。
この衝撃がかなり大きく波及し、スラッシュメタルは大きく取り上げられこれまた一大ブームになります。
スラッシュハードコアの輸入が遅れ、先にスラッシュメタルが紹介・輸入されてしまった日本では長い事
スラッシュ=メタルと捉われてしまった。
今でも「スラッシュ」といえば大体スラッシュメタルと同義に扱われます。
しかし元々スラッシュ=ハードコアで、スラッシュメタルも“ハードコアメタル”位の意味合いで使われてたんだ。
これはちょっと覚えておいてほしいな。

188: 名無しさん@恐縮です 2018/09/12(水) 22:18:30.31 ID:hQxGI3/m0
日本では英語情報読めずにBURRNとかを受け売りにしてるだけのメタル中年が多いから、
>>187のような基本的事実をまったく知らず、いまだにスラッシュとはアメリカのスケーター・ロック/スケーター・ハードコアパンクの
ことで、スラッシュ・メタルなんてただのパクリってことを知らないヤツが多過ぎ

210: 名無しさん@恐縮です 2018/09/13(木) 00:46:01.42 ID:Hjl7oW1D0
>>187
サンクス
それを元に色々とググってみてやっとおおまかな事情が把握できたわ

結局の所スラッシュ(パンク)っぽいメタルだからスラッシュメタルと呼ばれるようになったってだけのことかね
パクったというよりやはりメタルとパンクがお互いに影響して・されての関係でたまたま一方の存在感がまさっただけじゃね
それこそそこに挙げられたスイサイダルテンデンシーズにせよDRIにせよギャンググリーンにせよメタルを取り入れてるんだし彼らのジャンルとして「thrash」という語が用いられる時もそれはもはやパンク由来を意味するものじゃないし

あとまだ疑問もあって当のパンクスの側に俺たちこそスラッシュだ!なんて意識があればスラッシュメタルとハードコアパンクの融合でクロスオーバー・スラッシュなんて名称は認めがたいと思うんだが
この名称におけるスラッシュは明らかにスラッシュパンクではなくスラッシュメタルを念頭に置いたものだし
パンクス自身でさえよほどの頑固者でもなければもはやスラッシュはメタルって認識なんじゃないの

226: 名無しさん@恐縮です 2018/09/13(木) 15:34:21.48 ID:a6M97xFh0
バンドの活動時期とか時系列的に見たらパンクとかメタルとか文脈関係なくスラッシュは同時多発的な感じだろ
どっちかがパクリとかギャーギャー言うのはナンセンスだわ

232: 名無しさん@恐縮です 2018/09/13(木) 16:15:48.68 ID:B6WVb2Mp0
>>226
何言ってんだ?完全にハードコアパンクが先だよ 日本(のBURRN)で紹介されなかっただけ
日本ではBURRNがメタルの枠でガンガン掲載したから、それしか知らない情弱がいまでも言い訳ばっか書いてる


MUSIC MAN/Stingray Guitar Vintage Tabacco Burst ミュージックマン