1: 湛然 ★ 2019/02/04(月) 12:57:23.03 ID:mPN77ocX9
Rolling Stone |2019/02/03 13:30
エディ・ヴァン・ヘイレン、超絶ギターソロ・ベスト20

ギターの神とも言える、エディ・ヴァン・ヘイレン。「暗闇の爆撃」、「パナマ」、「ライト・ナウ」など、記憶に残る驚愕のテクニックの数々をセレクトした。
現代のロックンロール・サウンドを語る上で、エディ・ヴァン・ヘイレンは外せない。ジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトンら先輩たちに倣い、エディは単独(シングルハンド…彼の場合は時にはダブルハンド)で、ギターのひとつの時代を築いた。
彼の繰り出す華麗なフィンガータッピング、自由自在なアーミング、ほとばしるメロディはギターソロの常識を覆し、数多くのギタリストたちが彼のスタイルを真似た。
しかし彼の弾くあらゆるフレーズにはハートが籠もっていた。1月26日に誕生日を迎えたギターヒーローに敬意を表し、印象に残るフレーズから、どうやって弾いているのかわからないような驚愕のテクニックまで、最高のギターソロ・ベスト20を厳選した。
そのどれにも彼の優れた才能が表現されている。


「叶わぬ賭け(Ain’t Talkin’ ‘Bout Love)」1978年

ヴァン・ヘイレンのデビューアルバムからの4枚目のシングルで、今日でも人気の高い同作品は当初、その頃盛り上がっていたパンク・ムーブメントに対するパロディとして書かれた。
「2つのコードだけで作った馬鹿げた代物だった」とエディ・ヴァン・ヘイレンは、かつてギターワールド誌に語っている。
シンプルな曲調に合わせて派手さを抑えながらも、エレクトリックシタールを加えて強烈かつメロディアスなソロを聞かせている。
セックス・ピストルズやバズコックスのアルバムに収録されていても違和感のないギターソロで、彼らがパロディにしたパンクを凝縮したような作品となった。
グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングは機会のある毎に、彼の初めてコピーしたギターソロはこれだと公言している。(T.B.)

(※以下、各曲解説は省略)
「暗闇の爆撃(Eruption)」1978年
「アイム・ザ・ワン(I’m the One)」1978年
「アイス・クリーム・マン(Ice Cream Man)」1978年
「悪いあなた(You’re No Good)」1979年
「サムボディ・ゲット・ミー・ア・ドクター(Somebody Get Me a Doctor)」
「スパニッシュ・フライ(Spanish Fly)」1979年
「ミーン・ストリート(Mean Street)」1981年
マイケル・ジャクソン「今夜はビート・イット(Beat It)」1982年
「プッシュ・カムズ・トゥ・シャヴ(Push Comes to Shove)」1982年
「大聖堂(Cathedral)」1982年
「パナマ(Panama)」1984年
「ドロップ・デッド・レッグス(Drop Dead Legs)」1984年
「ホット・フォー・ティーチャー(Hot for Teacher)」1984年
「ジャンプ(Jump)」1984年
「ドリームス(Dreams)」1986年
「マイン・オール・マイン(Mine All Mine)」1988年
「ライト・ナウ(Right Now)」1991年
「ヒューマンズ・ビーイング(Humans Being)」1996年
「チャイナ・タウン(China Town)」2012年


全タイトル動画あり|エディ・ヴァン・ヘイレン、超絶ギターソロ・ベスト20
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29908





おすすめ記事


GIBSON USA ギブソンUSA/Les Paul Recording



2: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 12:59:15.23 ID:gY3O+Lno0
キャントストップラビンユー!

90: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 15:23:38.05 ID:KBS0PdKP0
>>2
ニワカしか好きじゃない

3: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:00:20.00 ID:CYrgz2D+0
トップガンのはこの人じゃないの?

11: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:06:12.21 ID:I5QBHYkL0
>>3
スティーブ・スティーブンスね
ビリーアイドルとかやってる人

5: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:01:36.56 ID:6ylUFn0n0
>今夜はビート・イット

この邦題、永遠に使われるのか

6: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:02:20.71 ID:2wXzVzr90
Beat It一択だろ

31: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:28:02.52 ID:xNyqlr/F0
>>6
あの曲はソロのヴァンヘイレンもだけど、リフやバッキングやってるルカサーのフレーズもいいんだよな

45: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:42:33.82 ID:Lpceujcn0
>>31
ルカサーとエディの競演はぜいたく
イートイットは誰が弾いたんだっけ?

49: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:57:57.48 ID:TgMX8gAm0
>>45
リック・デリンジャー

280: 名無しさん@恐縮です 2019/02/05(火) 00:25:56.83 ID:rKsSDa7N0
>>6
Beat Itのギターソロは3テイク録って
その3テイクを切り貼りしている
だから編集した人もなかなか大したものだと思う。

113: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 16:01:16.44 ID:8oYopqhb0
>>6
YouTubeが無かった時代、スコア見ても全く分からんかったわ
タッピングでハーモニクスもずっと間違ってたし
リフも含めてギターの全ての要素が入っているんで、教則として練習に使える

7: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:03:29.19 ID:A7sGy+Fg0
まぁ当時でも歌のバックであんなにハーモニクスを鳴らす人は珍しかったな
テクニックもそうだけど改造ギターを大流行させたと思う

10: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:05:43.72 ID:X6XXZsdo0
歴30年でほとんど弾けるようになった、個人的にはビートイットが一番ぶっ飛んでて好き

21: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:12:58.51 ID:po6PNpsI0
>>13
90-00年代のヤングギターまんまだな

18: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:11:00.13 ID:w4n4A1B50
エディくらいだわ、聴いてて飽きないピロピロ系ギター。

27: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:22:49.74 ID:pef1fNqi0
>>1
JUMPが大ヒットしてた頃は、歌ってる奴こそヴァン・ヘイレンだと思ってたわ

29: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:24:17.10 ID:aOsgLomY0
ヴァンヘイレン以前と以後ではハードロックのリフが劇的に変わったからな

ソロよりリフにトリッキーなテクニックプレイ入れるのが革新的

41: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:34:39.92 ID:9qEGasSl0
jumpってギターソロの所で曲調変わるな
やっぱり計算されてるんだろな

111: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 15:56:28.67 ID:6eKxFZuN0
>>41
JUMPのソロは短いけど印象深いねー
コンパクトにいろんなものが詰まってる感じ

44: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:40:13.05 ID:ndz3PSj60
ジミ・ヘンドリックスの『ノイズも感情が乗れば芸術』論的な一種変態的な例外中の例外は置いておいて
エディ・ヴァン・ヘイレンはサラリとやってのける『ように聞こえる』所はすごい

コピーしてみると解るが音程を模倣しても全然似る素振りも見せない

48: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 13:56:36.53 ID:cn1qvvJw0
グルーヴがあるんだよ
特にハネるリズム

ヌーノなんかだと上手いけどそういうのには特化してない

67: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 14:49:02.33 ID:OizN5WGg0
https://m.youtube.com/watch?v=bdNopP--N7M#dialog


歳は取ってもやっぱりエディーのギターは格好イイよね(*´ー`*)
デイヴもよく声が出てるしスマートで格好イイおっさん
息子も意外とコーラス上手い。ナイスサウンドな安定のお兄さん
今も最高にクールなアメリカンロックンロールだ

101: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 15:40:07.71 ID:Jh2F31P70
>>67
エディーのナチュラルオーバードライブはやっぱり最高だ
しかし、その前にテイラースウィフトの胸で抜きそうになったよ(苦笑)

114: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 16:04:37.61 ID:ijduPQfH0
>>67
こんなのが「懐メロ」として出てこれるんだからアメリカのロックってやっぱすげーわw

71: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 14:55:38.77 ID:xuOS0oMz0
ヴァンヘイレンのライブの肝は
マイケルアンソニーのコーラス

75: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 14:57:37.77 ID:jhIsvmp/0
>>71
歌って踊れるベーシストだったね

88: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 15:21:39.82 ID:+y0oVL4m0
https://youtu.be/mTlmm49pKWU



この最後のギターソロがたまらん

106: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 15:50:31.77 ID:u4pn6sGR0
>そして最近行なわれたイベント「Kiss Kruise」の質疑応答コーナーでこの噂について訊ねられたスタンレーは、以下のように答えたとのこと。

いや、エディ・ヴァン・ヘイレンはキッスに加入寸前ではなかったよ。あの時おそらく(ヴァン・ヘイレン内に)不和が起こっていて、彼はただ(俺たちのスタジオに)様子を見に来たんだ。

その時に“Creatures Of The Night”のソロにかなり圧倒されてたのを覚えてるよ。彼は「あの“Creatures”でソロを弾いてる男を連れてきてくれ」と言ったんだ。

ミスター・ミスターというバンドのスティーブ・ファリスという男で、ヒット曲も多かったね。あのギタリストはすごかった。



エディはこの曲でギター弾いてるスティーブ・ファリスにショックを受けたらしい。
https://youtu.be/AJEofi_eJ-A


108: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 15:53:18.12 ID:yEn8J35l0
>>106
サンクス
そのエピソードは初耳

127: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 16:49:33.74 ID:J7ZH+BEN0
めっちゃ練習したのに一曲も弾けなかったわ。

131: 名無しさん@恐縮です 2019/02/04(月) 17:00:09.56 ID:Sp6lR/Ai0
ギターやり始めの頃メタラーでもないのにライトハンド奏法だけは
よく練習してたw


Burny/PLC-45 Pink