エピフォンのシグってなんだかコスパ良くてハズレがないイメージがあります
そんなエピフォンから新世代のブルースギタリスト「ボナマッサ」の新しいシグネイチャーが登場です

1958年製のギブソン・レスポール・カスタム“ブラック・ビューティー”をベースにして、このギターを製作しているとの事。だったらギブソンから......いや、ボナマッサとエピフォンは世界中のギタリストのためにリーズナブルなギターを製作してくれたのです。
まったくもって、ギブソンにはエピフォンの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいですね。

-ジョー・ボナマッサ コメント-
“新しいエピフォンのシグネチャーは、私の1958年製のギブソン・レスポール・カスタムをベースに開発したんだ。ハスキーでありながらクリアなトーン、そしてリード・ピックアップのパワフルなトーンは唯⼀無比。私はこのギターにすっかり惚れこんでしまったよ。素晴らしいブラック・ビューティーだし、あとは皆夢中になって弾くだけだよ。エピフォンは私のブラック・ビューティーを見事に再現してくれて、このギターを皆とシェアできることはとてもエキサイティングなことだよ”


 

Epiphone エピフォン エレキギター Joe Bonamassa Les Paul Custom “Black Beauty“