ボーカル

【イベントレポート】 河村隆一、ヴィンテージギターに囲まれる【LUNA SEA】

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/07/27(月) 16:07:32.34 ID:CAP_USER9
【イベントレポート】河村隆一、ヴィンテージギターに囲まれる | BARKS
https://www.barks.jp/news/?id=1000186252

no title


2020年7月27日 10:14

7月21日(火)、河村隆一ニコニコチャンネル「Ryuichi Kawamura Channel」の第5回目の放送が、都内Fenderショールームから配信された。過去4回の放送を行ってきた自身所有の「かもめスタジオ」から飛び出し、ヴィンテージギターに囲まれながら機材愛を語る内容となった。

生MCとして親交の深いジョー横溝を迎え、ふたりのプライベートトークや「LUNA SEAのRYUICHIと河村隆一について」など、興味深い内容がたくさん飛び出した。あわせて8月28日(金)に行われる2度目の配信LIVE<Ryuichi Kawamura Live2020「Home」#02>ではカヴァー曲の歌唱となることも明かされ、前もって自身のブログで行っていたアンケートでの1位が、盟友INORANの楽曲「千年花」だったことも明かされた。前回の配信LIVE後に行われ大好評だった“ニコ呑み”も行うという。

(略)

Fenderショールームからの配信とのことで、所有の1955年製のストラトや、同い年の1970年製のテレキャスターカスタムが紹介された。同様に1960年代のフェンダー・ヴィンテージアンプも持ち込んでおり、福田真一朗とのセッションも行われた。「普段あまり人前でギターを弾かない」という河村隆一のレアなセッションは、コードの書かれたカードを順に引き、そのコード進行でセッションするというアーティストとしての力量が問われるジャムセッションスタイルだった。MCで来ていたジョー横溝にもタンバリンで無理やりセッションに参加させるなど、いたずら心も覗かせ、セッション後には「あとでもう一度この番組をチェックしてみたら楽曲にできるかもしれない」と存分にセッションを楽しんでいたようだ。

番組の最後には、2000年に行われたLUNA SEA終幕前最後のライブ<THE FINAL ACT>以来となる「FEEL」を20年ぶりに披露し、視聴者の度肝を抜いた。自身も激レア曲と語るほどの選曲に視聴者からは「これは貴重!」「選曲が素敵すぎる」「この曲をやってくれるなんて嬉しすぎる!」との声で溢れかえった。なお、歌唱した「ヒロイン」「FEEL」は、会員登録を行なっている視聴者に抽選で1名の方へサイン入りで送られる。締め切りは、8月1日(土)23時59分までとなっており、タイムシフトでの視聴後でも会員であれば応募が可能となっている。

「Ryuichi Kawamura Channel」第五回目
2020年7月21日(火)20:00~21:10
URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326894012

※「Ryuichi Kawamura Channel」会員であれば7月28日(火)23:59まで視聴が可能。


※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

【糞PA】ボーカルが聞こえないライブが多すぎる 音まとめアーカイブ

branding

2: 当方名無し、全パート募集中 2013/11/01(金) 07:22:38.29 ID:8ixD0vrm
聴くに堪えない下手糞だからわざと落としてあるんじゃwww
音声担当の優しさを知れ

マジレスするとマイクの使い方が糞でスピーカの音拾っちゃうからハウリング防止だろうな
イヤモニ使ってないなら確実それだ
つーか本気でボーカルやる気あるなら耳鼻科逝ってイヤモニぐらい作って来い



続きを読む

玉置浩二はボーカルの癖になぜあれ程に複雑な分散コード使って作曲出来るのか

00

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/07/15(水) 22:20:53.07 0
もしかしてあの人天才肌でコードネームじゃなくて響きで曲作りしてる?

続きを読む

デスメタルボーカル僕wwwリーダーギタリストに英語の発音が悪いと怒られるwwwwwww

28657

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/06/28(日) 12:25:57.233 ID:MGs9kZ5W0
下水道のようなボーカルに発音もクソもあるかよwwwwwwwwwwww

続きを読む

【短レス】よくバンドのボーカルがアコースティックギター弾きながら歌ってるけど

080610nakimushi_02

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/07/05(日) 01:02:06.68 ID:RMgLYpwQ0
ほとんど音聞こえないよね

続きを読む

ギターボーカル、ベースボーカル、ビアノボーカル←これ

base03

1: 名無しさんとはSoundHeaven 20/06/19(金)23:30:29 ID:jpC
難しいからすごいのはわかるけど必要はないよね

続きを読む

アレサ・フランクリン、未発表曲“Never Gonna Break My Faith”のソロ・バージョンが緊急リリース!

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/06/19(金) 23:07:27.68 ID:ujwxsOvv9
アレサ・フランクリン、未発表曲“Never Gonna Break My Faith”のソロ・バージョンが緊急リリース!
6/19(金) 18:00 rockinon.com
https://rockinon.com/news/detail/194466
pic by Courtesy Don Hunstein/Sony Music Archives
no title



●Aretha Franklin - Never Gonna Break My Faith (Audio) ft. The Boys Choir of Harlem
https://www.youtube.com/watch?v=c6C-dZPAmbg





世界的な新型コロナウイルスの感染拡大や、ジョージ・フロイド氏の暴行死に端を発する反人種差別デモの拡大など緊迫した状況が続く中、2018年に亡くなったアレサ・フランクリンの未発表曲を音楽プロデューサーのクライヴ・デイヴィスが発表し、本日より配信リリースされた。
同時に、現在の状況を憂うクライヴ自身のメッセージも発表された。

発表された楽曲“Never Gonna Break My Faith”は、ロバート・F・ケネディ米上院議員(J・F・ケネディ米大統領の実弟)の暗殺事件を描いた映画『ボビー』(2006年)の主題歌としてブライアン・アダムスらが書き下ろしたゴスペル曲で、当時はメアリー・J. ブライジとのデュエット・バージョンで発表された。

今回発表された楽曲は、ブライアンが当時のレコーディング素材を使い、改めてアレサ・フランクリンのソロ・バージョンにリメイクされたものだ。

以下は、クライヴからのメッセージ。

世界は今や大きく変わりました。変化はあらゆる場所で起こり、誰もができるだけ前向きに変化を進められるよう最善を尽くしていることでしょう。いま音楽が大きな役割を果たしている中で、私から皆さんへこの曲をご案内させていただきます。

この楽曲は2006年、ロバート・ケネディの人生を描いた映画『ボビー』の為に偉大なアーティスト/作曲家であるブライアン・アダムスと共作されたものです。映画用には(アレサとメアリー・J. ブライジの)デュエットで録音されましたが、シングルとしては発売されませんでした。

今回、ブライアンはこの曲を女王、アレサ・フランクリンのソロ・バージョンに作り直して私に送ってくれました。すばらしいパフォーマンスです。そして歌詞を読んでいただければ、今日起きていることとも繋がり、身体の芯まで震えることでしょう。歌詞の一部を引用します。

“主よ、彼らを無知から救ってあげてください
誰かが無実の者の命を奪っても
決して勝利することなどできないということを
彼らが成しえたことは魂を解き放つことだけ
その魂をあるべきところに”

どうかこの録音を聴いてください。アンセムにふさわしいものです。

―――クライヴ・デイヴィス

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

続きを読む

歌が上手いだけだと歌手って売れないの? 音まとめアーカイブ

JimiHendrix2

1: 名無し募集中。。。 2018/06/12(火) 20:16:24.64 0
歌が上手い以外の何かが必要なの?

続きを読む

百恵さんサブスク解禁も意外な収入「100万回再生で1万円」

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/06/12(金) 17:30:31.84 ID:cKWIWZc/9
17年1月、買い物に出かけた百恵さん。
今、SNSでは興奮した若者たちのメッセージが次々とつづられている。

《百恵ちゃんの曲が好きすぎてダウンロードしまくってる 世代というわけじゃないけど大好き!!!》
《山口百恵がトレンド入りしてたからサブスクで聞いてみたけど、結構歌える曲があってビビる…音楽の教科書に載ってた曲もあったよね。私20歳なのに、、笑 やっぱすごいや》

5月29日、百恵さん(61)がこれまでに発表した600曲以上にのぼる楽曲のサブスクリプション配信が“解禁”された。若い世代から大きな反響を呼んでいる――。

「サブスクリプション配信とは、定額制の音楽聴き放題サービスのこと。日本では10社以上の配信元があります。それぞれ配信曲数や内容は異なりますが、月額千円前後を支払うことで、数千万曲以上の世界中の楽曲がスマートフォンやパソコンでいつでも聴けます。若者の間で“サブスク”と呼ばれ、大人気のサービスです。

今回の解禁で『秋桜』『イミテイション・ゴールド』といった全シングルからライブアルバムまで配信されました」(レコード会社関係者)

なぜ、このタイミングで配信を開始したのか。その狙いについて音楽評論家の富澤一誠氏はこう推測する。

「百恵さんサイドはこれまで、機をうかがいながら全集や映像作品を発表することで、“山口百恵の希少価値”を高め、往年のファンを大切にしてきました。サブスク全盛期の今、解禁することで若者たちにも販路を開き、マーケット的にも取り込みたいということでしょう」

その狙いどおり、当時、熱狂した世代だけでなく、若者たちも殺到しているというのだ。

「配信元の1つで、多くの若者が利用するSpotifyでは、百恵さんの人気曲ランキング1位が『プレイバック part2』、2位が『さよならの向う側』、3 位が『いい日 旅立ち』でした。

すべての配信元の再生回数を合わせると解禁されてから3日間で100万回以上再生されたと聞いています。百恵さん世代の歌手では異例の数字です」(音楽ジャーナリスト)

夫・宇崎竜童(74)とのタッグで数々の名曲を百恵さんに提供した作詞家・阿木燿子(75)も喜んでいるという。阿木をよく知る音楽関係者は言う。

「百恵さんの時代から比べてCDの売り上げはかなり下がっています。しかし、こうした形で若い世代が百恵さんの楽曲に触れ、阿木さんも『本当にありがたいです』と言っていたそうです」

サブスクが巻き起こす“令和の再ブーム”の要因について前出の富澤氏はこう分析する。

「CDやレコードでは聴かないけど、“サブスクで昔の曲を聴いてみよう”という若者が増えています。百恵さんの楽曲を家や車で聴いていた親も多く、“ちゃんと聴いてみたらよかった!”という若者が続出していると思います」

さらに、現在の人気楽曲との親和性も。

「百恵さんは『横須賀ストーリー』や『プレイバック~』といった楽曲によって“歌謡ロック”を生み出しました。その流れが’80年代に入りアン・ルイスや中森明菜へ続き、さらには若者の間で支持を集める“Jロック”の基にもなっているといえるでしょう」(富澤氏)

楽曲が破竹の勢いで再生回数を増やしていくだけに百恵さんへの“印税”も期待できそうだが……。

「サブスク配信は1再生あたりレコード会社に1~2円ほど入ります。そこから作曲家などに分配されるのですが、歌唱のみの百恵さんに入るのは全体の約1%。3日間で100万回再生されたそうですが、百恵さんには1万円ほどしか入らないでしょう……」(前出・音楽ジャーナリスト)

引退後、芸能界復帰を固辞し、沈黙を貫いてきた百恵さん。今回の解禁には、本人もかかわっているのだろうか?

「契約的にはレコード会社とアーティストの所属事務所が了承すれば、本人の承諾がなくてもサブスク配信は開始できます。しかし、本気で嫌がっていればこう大々的に解禁されないはずでしょうから、本人も了承していると思います」(富澤氏)

名実ともに昭和・平成・令和と“世代を超えたスター”となった百恵さん。今年の『紅白歌合戦』での劇的復活の声も上がりそう!?

2020/06/12 11:00
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7428738?news_ref=50_50

no title

続きを読む

スキャットマンとかいう歌手wwww

1: 名無しさんとはSoundHeaven 20/06/07(日)19:11:14 ID:Qon

続きを読む
スポンサーサイト
スポンサーサイト





管理人よりひと言ふた言(10月4日付)
今月で「音のまとめ」は五周年となります。細々と続けてこられているのも皆様のおかげです。今月より「音まとめアーカイブ」と題して個人的に気に入っている過去記事を週末に再掲載いたします。初見の方はそれなりに、既読の方は懐かしんで読んでもらえれば幸いです。
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ