DAW

平成の音楽史 第4回 YouTubeやニコ動がすべてを変えた

1: フォーエバー ★ 2019/05/09(木) 19:27:14.52 ID:koUCqn759
平成の音楽シーンの遍歴を追うこの連載。4回目となる今回は2005~11年の動向について振り返っていく。この時期は、YouTubeやニコニコ動画、さらにブログやSNSなど、新たなメディアが次々に登場し、音楽のあり方やカルチャーそのものが激変した時期だ。その一方で低迷するCDの売り上げを打開すべく、さまざまなアイデアがアーティストやクリエイターの側から打ち出されるようになる。

■ ヒットの生まれ方が変わった
2005年という年はゼロ年代の音楽を取り巻く状況を振り返る際、1つの節目となる年でもある。まず、この年の前後にさまざまなネットメディアが開設され、それによって音楽そのもののあり方も変容していった。05年11月29日の「IT media NEWS」の記事にはこう書かれている。

“「日本広告主協会Web広告研究会が11月28日発表した『消費者メディア調査』によると、ブログやソーシャルネットワーキングサイト(SNS)の利用者・訪問者数が急速に伸びている。今年9月時点のブログ訪問者は前年同期比で約2倍の2014万人、SNSは同6倍の190万人に拡大した」”

この報告の通り、05年前後はブログが急速に広まった時期にあたる。“ブログの女王”と呼ばれる眞鍋かをりや中川翔子が自身のブログをスタートさせたのは04年のこと。そしてその同じ年にmixiやGREE、前略プロフィールといったSNSも日本で誕生している。これらの新しいコミュニケーションツールによって、タレントだけでなく、アーティストもファンと直接交流する時代に突入していったのだ。

続いて05年4月には、YouTubeもサービスを開始。それから2年も経たない07年1月、カナダで開かれた小さなのど自慢コンテストで2位を獲得した男の子の動画を母親がYouTubeにアップする。当時まだ12歳だったジャスティン・ビーバーの最初のYouTube動画だ。

彼のように、YouTube経由で大スターになる無名アーティストたちが後に続いた。12年に大ヒットしたPSYの「江南スタイル」や、13年にバウアーの「Harlem Shake」に合わせて踊る動画が世界中でアップされるなど、今日よく見られるような“音楽の風景”がこれ以降確立していく。YouTubeのトレンド・カルチャー部門の責任者であるケヴィン・アロッカは著書「YouTubeの時代 動画は世界をどう変えるか」において、バイラル動画という言葉が定着したのは06年から07年にかけてのこととしているが、この時期あたりから世界的なヒットを生み出すための方法論そのものがガラリと変わったわけだ。

そうした変化は当然日本にも及んだ。まず06年8月、ネットでライブができないかと考えていたドワンゴの技術者たちは、YouTubeの画面の脇にコメントを付けられる“試作品”を完成させる。これがのちのニコニコ動画だ。07年1月にサービスを開始し、翌08年頃から神聖かまってちゃんのの子はストリーミング配信を行い、そのパフォーマンスによって注目を集めるようになる。

また03年という早い時期に、ほかのSNSに先駆けてサービスを開始していたMyspaceは、日本語版を07年に入ってから本格的に展開。程なくMyspace上でたむらぱんがブレイクし、08年にはメジャーデビューアルバムをリリースしている。

そしてニコニコ動画がサービスを開始してからわずか7カ月後の07年8月、クリプトン・フューチャー・メディアによって開発された音声合成ソフトウェア「VOCALOID2 初音ミク」が発売。これは歌詞とメロディを入力するだけで、コンピュータで歌唱を作り出せるヤマハの技術“VOCALOID”を用いたソフトの1つであるが、“初音ミク”といえば、そのパッケージに描かれたキャラクターとしてご存知の方も多いはずだ。

07年9月、早速Otomaniaが彼女に歌わせた「Ievan Polkka」の動画をニコニコ動画にアップすると、瞬く間に人気に火がつくなど、発売直後から大勢のクリエイターが初音ミクで音楽を作ってインターネット上に投稿。一躍ムーブメントとなる。特に11年に黒うさPが投稿した「千本桜」はテレビCMに使われるなど、その波は一般層にまで届いていった。

09年からVOCALOIDでのオリジナル楽曲の制作をスタートさせ、同年5月には初音ミクを使った「お姫様は電子音で眠る」をニコニコ動画に公開していた米津玄師の現在の活躍については、改めてここで言及するまでもないだろう。

5/9(木) 19:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000105-natalien-musi
no title

続きを読む

DTM経験者おる?

000_588x

1: 名無し募集中。。。 2019/05/05(日) 15:20:48.31 0
楽器なし・楽器経験ゼロでもいけますか?
コード進行は今から勉強しようと思っておりまする

続きを読む

mix作業に最適なヘッドホン探してるんだがオススメの教えてくれ 音まとめアーカイブ

no title

211: 名無しサンプリング@48kHz (ワッチョイ 4b32-PAwv) 2017/02/20(月) 18:12:08.18 ID:XvXpMOHC0
SONY CD900STとZ1000とAKG701があれば良し あとはお小遣い貯めてfxやってスピーカー買えば良い

続きを読む

SONY MDR-CD900STが業界標準となった経緯知ってる? 音まとめアーカイブ

baseinfo_fileUpload2

8: 名無しサンプリング@48kHz 2011/01/01(土) 06:04:11 ID:ibmOtTvD
>こんなバランスの悪さでミックスなんかとてもできんよ
まだこんなことわざわざ書く人がいるのね
どうしてモニタリング用ヘッドフォンでミックスしようと思うのか不思議でしゃーない
ゆとりのためにテンプレに入れておくべきかもね

900STはミックスには向いてない

続きを読む

「モニターヘッドホンは900STが定番」というDTM界隈の謎 音まとめアーカイブ

no title

344: 名無しサンプリング@48kHz (ワッチョイ f345-v3Iz) 2017/03/18(土) 10:45:48.74 ID:bgEC/xHJ0
言い忘れたがソニーの900STとかはコスパよくない

続きを読む

DTMに最適なヘッドホン 音まとめアーカイブ

news_photo1

3: 名無しサンプリング@48kHz (ワッチョイ 2647-FuHd) 2017/01/29(日) 11:08:01.82 ID:GLwGG4Pn0
結局DTMに最適なのなんなの?
価格帯ごとにテンプレってないの?

続きを読む

音楽配信ってどこで買っても音質の差は感じないですか?

cubase_editor

1: 名無し募集中。。。 2019/01/03(木) 02:41:04.78 0
mora AAC/320kbps
レコチョク AAC/320kbps
iTunes AAC/256kbps
Amazon mp3/256kbps

らしいけど実感としては音質の違いある?

続きを読む

DTMでさぁ... DAWに最初からついてるギターの音源打ち込むんだけどぉ... ショボイんだよなぁ...

VIR2 / ELECTRI6ITY BOX エレクトリックギター音源
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/20(木) 16:59:24.947 ID:GeYnDXSk0
調整次第で良くなるんか

それともギター専用のVST音源買わないとダメか
だってギター弾けないし

続きを読む

特定の歌手の特徴を学習して合成音声に反映させるAI技術が登場

  続きを読む

作曲の限界を感じてきた 音まとめアーカイブ

01

1: ドレミファ名無シド 2016/03/22(火) 22:16:55.02 ID:vvH1Wz7Q
コード進行にも限りがあるしキメとか色々詰めこむけどどれも似たり寄ったり。

こういうジャンルだから良い!みたいに割りきったとしてもやっぱりだめ

そりゃあ中田ヤスタカみたいに色んな歌手に歌わせるなら雰囲気も変わるけど、俺の場合はボーカルは全部俺。
似た作風に同じ歌い方

親にも「これ前と同じ曲じゃない?」と言われるようになった


(´・ω・`)

続きを読む
スポンサーサイト
スポンサーサイト





管理人よりひと言ふた言(10月4日付)
今月で「音のまとめ」は五周年となります。細々と続けてこられているのも皆様のおかげです。今月より「音まとめアーカイブ」と題して個人的に気に入っている過去記事を週末に再掲載いたします。初見の方はそれなりに、既読の方は懐かしんで読んでもらえれば幸いです。
記事検索
  • ライブドアブログ