その他

メタル界隈にも蔓延る「老害」VS「若者」の構図 音まとめアーカイブ

url

20: 名無しさんのみボーナストラック収録 2018/03/18(日) 18:19:58.98 ID:nacp1mdO0
機材の進化で世界中がいろんな音楽を創作してるんだから、このジャンルの多様化・細分化の流れは止まらないわな
メタルに関しては、英語圏よりもスペイン語などで歌ってるヤツとか意外に日本人に受けそうなバンドいたりする
まだ日本ではそのヘン掘り下げてる情報誌とかサイトあんまないけど

いっぽうプログレは昔から英語圏以外の国からのバンド発掘に熱心過ぎ

続きを読む

昔のシティポップと今のシティポップは意味合いが違う

blue_p01

3: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/08/01(土) 00:56:28.80 ID:Bt7NU8JU0
シティポップって邦楽限定?

続きを読む

「ギター・マガジン 9月号」特集は「シティ・ポップと夏。~とろける極上ギター・ソロ篇」素晴らしい曲厳選35フレーズ

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/08/01(土) 00:50:29.11 ID:CAP_USER9
http://amass.jp/137455/
2020/07/31 23:37

『ギター・マガジン 9月号』の特集は「シティ・ポップと夏。~とろける極上ギター・ソロ篇」。今回は夏のシティ・ポップ・チューンの中から、ギター・ソロが素晴らしいものを徹底リサーチ。大村憲司、鈴木茂、高中正義、山下達郎など。ギター弾きが大好きなカッコいいギター・ソロと、そのプレイの裏側に潜む「夏の成分」を徹底的に分析。8月12日発売

■『ギター・マガジン 2020年9月号』
<内容>
【特集】シティ・ポップと夏。~とろける極上ギター・ソロ篇

近年、日本のみならず海外でも再評価の嵐が吹いて止まらない70~80年代のジャパニーズ・ポップス=シティ・ポップは、夏がモチーフになったものがとても多い。そんなシティ・ポップのギターといえば、もちろんカッティングなのだが……なかなかどうして。シティ・ポップはカッコいいギター・ソロの宝庫でもある。とびきりのサマー・ミュージックに響き渡る極上のソロがいっぱいあるのだ。というわけで、今回は夏のシティ・ポップ・チューンの中から、ギター・ソロが素晴らしいものを徹底リサーチ。
他誌とはちょっと違う"サマー・シティ・ギター・ソロ・ポップ(なんだそれ)"を厳選して特集を組むことにした。大村憲司、鈴木茂、高中正義、山下達郎……登場するキャストは実に豪華な面々。ギター弾きが大好きなカッコいいギター・ソロと、そのプレイの裏側に潜む「夏の成分」を徹底的に分析!

■夏シティ・ポップのギター・ソロ。厳選35フレーズ。

大貫妙子「Summer Connection」……『SUN SHOWER』(1977)
山下達郎「SOLID SLIDER」……『SPACY』(1977)
山下達郎「LOVE TALKIN'(Honey It's You)」……『FOR YOU』(1982)
山下達郎「The Theme From Big Wave」……『BIG WAVE』(1984)
大滝詠一「君は天然色」「雨のウェンズデイ」「スピーチ・バルーン」……『A LONG VACATION』(1981)
大滝詠一「Water Color」……『NIAGALA TRIANGLE Vol.2』(1982)
鈴木茂「コーラル・リーフ」「ノアノア」、山下達郎「キスカ」……『PACIFIC』(1978)
高中正義「SWEET AGNES」……『TAKANAKA』(1977)
高中正義「Blue Curasao」……『ON Guitar』(1978)
高中正義「憧れのセーシェル諸島」……『Seychelles』(1976)
松田聖子「南太平洋~サンバの香り~」「ブルーエンジェル」……『SQUALL』(1980)
松田聖子「あ・な・たの手紙」……『Silhouette~シルエット』(1981)
松田聖子「ひまわりの丘」……『Pineapple』(1982)
PIPER「Shine On」……『Summer Breeze』(1983)
村田和人「一本の音楽」「やさしさにGood-Bye」……『ひとかけらの夏』(1983)
細野晴臣「HURRICANE DOROTHY」「熱帯夜」……『TROPICAL DANDY』(1975)
久保田麻琴と夕焼け楽団「初夏の香り」……『ハワイ・チャンプルー』(1975)
前田憲男とティン・パン・アレー「Wave」……『Soul Samba』(1977)
竹内まりや「ホールド・オン」……『UNIVERSITY STREET』(1979)
森園勝敏「Jasmin」……『4: 17p.m』(.1985)
SAFARI 「All Right In the Night」……『SAFARI』(1984)
佐藤博「チョイト」……『Time』(1977)
センチメンタル・シティ・ロマンス「暖時」……『センチメンタル・シティ・ロマンス』(1975)
センチメンタル・シティ・ロマンス「ステキッスキップ」……『シティ・マジック』(1977)
南佳孝「月夜の晩には」……『忘れられた夏』(1976)
東北新幹線「Summer Touches You」『THRU TRAFFIC』(1982)
角松敏生「Sea Line」『Sea Is A Lady』(1987)
ブレッド&バター「THE LAST LETTER」……『Late Late Summer』(1979)
■鈴木茂、名作『LAGOON』とギター・ソロについて考える。
続きはソースをご覧下さい

no title

続きを読む

なんで絵描きや文筆屋ごときが作曲家と同じ表現者扱いされてるの?

no title

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/07/12(日) 00:12:18.753 ID:2hwlWSBGd
絵や文なんて誰でもこなれればそれなりの物が生み出せるだろ?
でも作曲だけは頭の中にメロディが流れる特異体質の持ち主じゃないと不可能だ
絵描き物書きと作曲家を同列に扱うのはおかしいのでは?

続きを読む

「日本人は、日本の楽器メーカーがどれだけ世界を変えたのかわかってなさすぎる」Beats by Dr. Dre社長

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/07/21(火) 15:34:33.92 0
「君たち日本人は、日本の楽器メーカーがどれだけ世界を変えたのかわかってなさすぎる。

YAMAHA DX7やROLAND TR-808、あるいはAKAI MPC1000……自分たちがそういう楽器を生み出したということに、もっと誇りを持たなきゃダメだ」。

ある外国人にこんなふうに怒られたことがあるんですけど、これを言ってくれたのはルーク・ウッドさんという人で、
この人が何者かというと、Beats by Dr. Dreの社長さんなんです。

なので続けて、「そういう特集を雑誌でやるべきだ。そのときにはドクター・ドレーとかつないでやるから!」と言ってくれたんです。

結局まだ実現できてないんですが、いつかやりたいんですよね。「音楽を変えた日本の楽器」って、Netflixのシリーズにでもなると思うんです。

この叱咤は、自分のなかにずっと残っていて、それは「戦後日本のものづくりなりビジネスが世界に一体どんな価値をもたらしたのか」という話でもあるんです。

日本はとかく「技術立国」だとか言って技術力が世界に支持された理由だ、とずっと言ってきましたし、自己認識としても、そう思っちゃってるところがあるんですけど、ルークのことばにハッとさせられたのは、実はそういうことではなかったのではないか、と気づかせてくれたからなんです。

結論から言っちゃうと、日本のものづくり、ここでは楽器に絞って言ってもいいんですけど、その価値は、「それまで声を持てなかった人たちに声を与えた」ということのような気がするんです。

要はエンパワーメントということです。そこ、実は日本人のほとんどが気づいていないんです。

唯一ただ一人、それを価値として、ビジネスとして展開できた人がいたとしたら、自分が知っている限りでは楽器メーカーの「ESP」やDJ機器メーカー「Vestax」を創業した椎野秀聰(ひでさと)さんなんじゃないかと思います。

1947年生まれの椎野さんは、ウッドストックに大きな衝撃を受けた世代なんですが、椎野さんが、ウッドストックの何に一番衝撃を受けたかと言えば、それがある意味で強烈な民主化運動だったところだそうです。

音楽の訓練をまったく受けていないような若者が、自由に自己表現ができる。ロックというのは、それまで非常にハードルの高かった「器楽演奏」というものを、あらゆる人に解放したわけです。


メイド・イン・ジャパンは誰をエンパワーしたのか? 日本の楽器メーカーがもっと誇るべき話
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34124/1/1/1

続きを読む

【短レス】各ジャンルの発生起源がザックリとわかるレスがこちら 音まとめアーカイブ

url

87: 名無し募集中。。。 2018/07/20(金) 08:05:55.46 0
バカはカテゴリの話したがるってかそれしかできないからその話にもっていく

93: 名無し募集中。。。 2018/07/20(金) 08:35:04.96 0
ブルースとクラシック融合していかがわしいお店で演奏したのがデキシーランド
元祖クラブミュージックで「小節の帳尻合ってりゃクラシックのお約束守んなくても大丈夫じゃね?」がスウィング
終演後の奏者の賄い的な演奏から発展した即興で「コード合ってりゃ楽譜なくて良くね?」がビバップ
ビバップが競技化オワコン化し始めた頃に「スケール守ってりゃコードも気にしなくて良くね?」となったのがモード
「もう何でも良くね?」がフリー
同時並行でロックと融合したのがフュージョン
クラブミュージックに特化したのがファンクやソウル
そっからさらにレコード使ったトラック制作に発展したのがヒップホップ
短波放送で南国行ったのがスカ
そのまま暑さで溶けたのがレゲエ
ヒップホップと融合したのがアシッドやスムース

96: 名無し募集中。。。 2018/07/20(金) 09:59:27.55 0
>>93
これパクツイートするわ
RT1,000超えかくじつだろ

97: 名無し募集中。。。 2018/07/20(金) 10:22:49.73 0
>>96
文字数超えまくりだろ

2020年上半期、米国で一番アルバムを売ったロック・アーティストはビートルズ

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/07/16(木) 22:55:16.05 ID:kRgQJjHS9
2020年上半期、米国で一番アルバムを売ったロック・アーティストはビートルズ
2020/07/16 14:50 amass
http://amass.jp/136854/


2020年上半期、米国で一番アルバムを売ったロック・アーティストはビートルズ(The Beatles)。一番売れたロック・アルバムはクイーン(Queen)の『Greatest Hits』。

ニールセン社の中間報告書によると、今年1月から6月までのアルバムの販売枚数と、それに相当するアルバムのダウンロード&ストリーミング回数を合計すると、ビートルズは109万4000枚相当で、2020年上半期唯一のミリオンセラーロックバンドです。

2位以下はクイーン(768,000枚相当)、イマジン・ドラゴン(593,000枚相当)、フリートウッドマック(565,000枚相当)、メタリカ(551,000枚相当)。

2020年上半期、米国で一番売れたアルバムのTOP5は以下のとおり

1 QUEEN / Greatest Hits (1) 448,000枚相当
2 ELTON JOHN / Diamonds 372,000枚相当
3 CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL / Chronicle, Vol. 1 299,000枚相当
4 JOURNEY / Greatest Hits 273,000枚相当
5 FLEETWOOD MAC / Rumours 265,000枚相当

詳細は以下のURLのPDFファイルでご覧になれます。
https://static.billboard.com/files/2020/07/NielsenMID-YEAR-2020-us-1594300786.pdf

(おわり)

続きを読む

プロの楽器演奏家で認知症になった人ってあんま聞いたことないよな

b0052286_222609

1: 名無しさんとはSoundHeaven 20/07/03(金)16:38:13 ID:8y9
つまり楽器は脳によくて認知症予防に最適ってことか?

続きを読む

楽器極める人ってアスペなんじゃねえの?

img_617504_14530534_0

1: 名無しさんとはSoundHeaven 2020/07/11(土) 01:26:36.880 ID:QZT+0ZIr0
何回も反復練習するじゃん?
無理だわ

続きを読む

【短レス】三味線の最大手「東京和楽器」が廃業へ

1: 名無しさんとはSoundHeaven 20/06/28(日)21:54:54 ID:LZx
 三味線の最大手メーカー「東京和楽器」(東京都八王子市)が8月に廃業することになった。近年の需要の低迷や昨年10月の消費税率引き上げに加え、新型コロナウイルスの影響が追い打ちをかけた。
個人経営からスタートし、前身の会社を経て創業135年、邦楽界を支えてきた老舗の幕引きに、業界では激震が走っている。

 「断腸の思い。4、5月は注文がゼロ。もともと大変だったが、これをきっかけに廃業を決めました」と話すのは大瀧勝弘代表(80)。
135台の機械がそろう作業場では、職人たちが胴となる木材を削るなどの工程を黙々と行っていた。高い技術でプロや愛好家、小売業者から信頼され続けてきた。

 全国邦楽器組合連合会の調べでは、三味線の国内製造数は、1970年には1万4千5百丁だったが減り続け、2017年には10分の1以下の1200丁となった。同社でも10年以上前は年間800丁ほど製造してきたが、最近は400~500丁に減少していた。

 そこへ昨年10月の消費税率引き上げ、今年のコロナ禍も影を落とした。舞台公演や演奏会などは中止となり、修理や新調などの三味線需要もぱったり止まった。
こうした状況でも、18人の社員の給料や家賃などを支払うため借金で工面してきたが、大瀧代表は「税理士にも厳しい現状を指摘された。見通しが立たず、私も若くない」
後継者のめども立たず、廃業の意思を固めた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/38357

!jien

2: 名無しさんとはSoundHeaven 20/06/29(月)00:00:46 ID:65.qt.L8
うわぁ、もったいないけど…演奏者人口減ってるししょうがないのか…?
実際三味線だけではないが和楽器は生き物を殺して出来る楽器だから時代に合わないと言ってしまえば合わないのかもしれん
革がどうにか代替品で同じ音が出るようになってほしい…切なる願いだ

5: 名無しさんとはSoundHeaven 20/06/29(月)09:25:50 ID:Bm.sh.L1
>135台の機械がそろう作業場
どこに流出してどこがパクリ品作るのでしょうか

6: 名無しさんとはSoundHeaven 20/06/29(月)12:16:40 ID:65.qt.L8
>>5
こうなったらホントやだなぁ
国内同業に譲ってほしい勝手だけど

8: 名無しさんとはSoundHeaven 20/07/11(土)22:23:06 ID:yO.aq.L1
三年奇面組でリードギターが三味線だったの思い出した

スポンサーサイト
スポンサーサイト





管理人よりひと言ふた言(10月4日付)
今月で「音のまとめ」は五周年となります。細々と続けてこられているのも皆様のおかげです。今月より「音まとめアーカイブ」と題して個人的に気に入っている過去記事を週末に再掲載いたします。初見の方はそれなりに、既読の方は懐かしんで読んでもらえれば幸いです。
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ