DSC_0178

 寒い寒いアムール川から極東美術館経由で帰ってきて(目と鼻の先なのですが)。

インツーリストホテルに戻って来る。
INTOURIST HOTEL
Гостиница Интурист

お昼何も口にしていないし。
てか、ロシアに来たらそんなんばっかり。
昨日も昼食16時ぐらいだし、一昨日は危険なので夜で歩けないから、夕食食べてないし。

本当はロシア料理をホテルの一階で食べた買ったのですが、昨日買ったサンドイッチなどが多くて。



ピロシキも一個残ってるし、たくさん残っていたので、売店にビールは売ってるかと?

売店でビールがたくさん売ってて、
「Famos beer?」と聞くと、ハバロフスクの地ビールと。

それを買って来たんですが、そこのホテルの売店はピクルスの様な酢漬けがたくさん売ってるし、ハムとか肉もたくさん売ってて、サーモンの生の物もたくさん売ってて、地元の物がたくさん売店で買ってこれます。

私はそこでポストカードとニューイヤー記念の干支の羊のものを買いました。

でも、日本の物も沢山売っているんですが、バカ高いです。
お茶とか売ってるんですが、買わない方がいいでしょう。

DSC_0180

帰ってきて、ビールを注ぐものを。

ロシアは本当に素敵で、結構こっていて。

さっきの廊下も前に書きましたが、ソビエト時代のホテルなので、時代を感じながら泊まれると。

DSC_0185

ロシアのコーヒーはおいしいです、日本で飲むのとは味が違う。
酸味が無く、焙煎の強い味と苦味なのですが、薄いですので飲みやすいです。

DSC_0188

DSC_0198

これです。ハバロフスクの地ビール。

DSC_0204

DSC_0206

正直言いますと、めちゃくちゃ癖があります。

日本で飲むビールでは無いです。

パンチがあります。
チェコビールのような感じでは無くて、麦の麦芽の味が強くて。麦ごはんを飲んでる様な。

おいしいんですが、本当に癖のあるビールです。

さらっとはしていません。
初めて飲むビールの味でした。。

DSC_0207

それにピロシキとサンドイッチ。

サンドイッチは本当においしいし、ロシアと言ったら黒パンですよね。

DSC_0216

ハムとささみカツのサンドイッチでビールを飲んで、ゆっくりとした時間を過ごしました。

あまり覚えていないのですが、同じフロアーでこの時間は17時ぐらいなんですが、中国人系の声でうるさかったような気がします。

その後は全く外に出ていません。

結構パンチが強いビールだから酔っちゃって。

ロシアのサンドイッチやピロシキは味が薄いので日本の物に比べれば物足りませんが、サンドイッチのレタス、野菜なんかはシャキシャキで。固いと思うぐらいです。

DSC_0221

DSC_0226

あっという間に日が暮れて。

DSC_0230

ロシアは青くてきれいなんですよ。

写真撮ってないのですが、この下の方で、ホテルの方がほうきで雪を掃いていて。

風で流されてきたパウダーが溜まるんですよ、それをほうきで掃いていて。
それが結構美しい光景なんですよ。
規則正しく掃いていて、雪がきれいに散って。

来て見て日本と違うことが本当にたくさんあって。
楽しかった。

DSC_0256

2009年にフランス行った時、帰って来る時、飛行機からこの景色を見て、



「こんなきれいなところがあるんだー、行きたいなー」と思って、5年経ってようやく行くことが出来て。

しかも、フランス行った後の海外は行ってないから、ロシアにとっておいてような感じですね。

来てみて、もっと時間があれば。
3泊4日は短い。7泊8日ぐらいあった方がいいですね。

ネットで、「ウラジオストックだけで5日はもったいない、何も見るところがない」とか来る前に見たのですが、来てみたら、そんなことはなく、多分、その人が偏っていたんだろう。

ロシアの極東は都市なので人にエネルギーとか、その都市の中でも自然のエネルギーを感じられて。
本当にいいし。
ハバロフスクなんて大自然だし。

お金があったらまた来たい。
今回は初めてなのと来た時期が忙しかった時期なので3泊4日だか。もっと長く居たい。

でも、旅行のツアーはツアーの良いように出来ているから、ハバロフスクで5日間とか、ウラジオストックで5日間とか。
両方でも5日間とかだから、10日とかそうゆうの無いから。

バウチャー問題があるから、それで行くのが難しいから。

まー、そのお陰で観光客がいないから、純粋なロシアって感じで面白いけど。

日本人は先ず見ないし、外国人すら居ない。
楽しいところですよ。

また行きたいですね。

DSC_0283

DSC_0319

こんな感じで、まずい牛乳、しょっぱい牛乳も飲みましたが、ヨーグルトだと思って飲めば飲めました。
シベリア鉄道乗った時、あまりのまずさに「あれは牛乳なのかい?」と、ロシア人に聞きましたから、「あれは牛乳だよ」と。
日本の牛乳が如何においしいか分かりました。

DSC_0332

洗面所の物です。

DSC_0358

これは残しておいたショコラパンですが、この中のチョコが、サクサクしていてそんなに甘くないのですが、おいしかったです。
DSC_0371

AKBAはロシアで有名なミネラルウォーターです。
昨日、シベリア鉄道で強制的に買わされた。言葉が通じなかったからなのですが。

携帯も明日になれば海外モードから変わってしまう。

DSC_0342


DSC_0373

ポケットに入れていたお金です。

DSC_0378

ロシアのお札は変わってて、マークの色が違うものがあるんです。おもしろいですよ。

前にも言いましたが、海外では財布を持つ習慣のない国がたくさんあるので、こんな様にポケ銭で。
フランス行った時にフランス人から教わりました。

ロシアは男の人でも財布を持ってる人が多いです。
フランスは財布は女が持つものとフランス人に教えてもらいました。

だから、財布を出したらすられますよね。

それなので、こうやってその日に使うお金だけポケットに札の状態で入れておきます。

DSC_0349

パスポートとか大切なものはこんな風に。



服の中にしまっておきましょう。

ナイフで切られることもないし、服の中ならパーカーとかコートを着ていると全く分かりませんじ。

他、足りないお金は封筒に入れて、バックに入れておけばいいです。

DSC_0382

ロシアはタバコには気を付けてくださいね。

タバコは犯罪ですから。ホテルで吸うと大変なことになります。
法律で禁じられていて。と、ここに書いてあります。
泊まったホテルが優しくて日本語表記なのですが、朝食メニューは日本語は全く書いていませんが。

私はタバコ吸わないので。

DSC_0390

DSC_0394

DSC_0399

右のが朝食の券です。

DSC_0413

ロシアのベットはとても寝やすかった。
ウラジオストクもハバロフスクも。
シベリア鉄道は寝らんなかったが、寝台に初めて乗ったのがシベリア鉄道だから、日本の寝台を乗ったことがないから比べられませんが、シベリア鉄道の寝たところはとても狭かった。横幅70センチ80センチとかじゃないかな。

ベットになるととんでもないでかさになるけど。

ベットの柄も好きです。

ロシアはベットの柄とカーテンの柄だ一緒と。
ウラジオストクとハバロフスクで同じでした。

DSC_0422

チップの準備と。

DSC_0425

お菓子が大量に余ったので、明日、フロントにあげます。

DSC_0431

朝6時ぐらいと早いのですが、2時3時ぐらいまで起きていて、旅の事を考えたり、片づけをしていて遅くなった。

17時ぐらいから3時ぐらいまでこうやってぐだぐだ、ゆっくりと過ごしていましたが、これが結構楽しくて。
急いでの3泊だからゆっくりする時間が無くて。

3泊4日ですが、4日目は7時40分にホテルを出て、9時ぐらいにはフライトでハバロフスクを立って、もう成田ですからね。

1日目は21時とか20時に着いて、何もしていないから、実際ロシアに居たのは2日間だけですが、それでも楽しかったです。

もうちょっとどうにかならないのかなー?それで15万とかおかしくない?
それに8万9万の両替用とバス代を入れたら、25万ぐらい。

前にも書いたけど、フランス10日間20万ですからね。
ロシアは旅行会社にいっぱいお金がきっと入るのだろう。

後、ウラジオストクとハバロフスクの飛行機の無さもある。
3日に一回とか一週間に一回とかだから。
それでこんなスケジュールで。

もっと長く居たかったです。




片付けも終わって、ようやく寝ます。

おやすみなさい、zzz








今回はAB-ROADで行きました。





次の記事はこちらですロシアシベリア極東地区3泊4日 四日目ホテルの朝食とハバロフスク空港へ 2015年1月18日

前の記事はこちらですロシアシベリア極東地区3泊4日 三日目ハバロフスク極東美術館に行く 2015年1月17日