音の谷ラテンアメリカニュース

コロンビアとメキシコを中心にラテンアメリカのニュースを適当に訳しています

対人地雷で陸軍兵士2人が爆死 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

png ノルテ デ サンタンデール県テオラマ市を通るカニョ リモン・コベニャス原油パイプラインの警備任務に就いていた陸軍兵士2人が、火曜日の深夜死亡しました。
 死亡ししたのは陸軍第33機動旅団所属のエデュアル アレクサンデル メディナ バスケスとヘイレル フィデル マルドナド パディジャで、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)エクトル戦線が仕掛けと思われる対人地雷を踏んで爆死しています。
 「残念なことに2人の兵士が地雷の爆発による戦死しました。」と陸軍は発表しています。
 軍は2人以外には地雷爆発による死傷者は出ておらず、現在地雷を設置した責任者を特定するための調査を実施していると報告しています。
 一方、第33旅団傘下の部隊がテオラマ市のジャノバホ村の民家近くに仕掛けられていた爆弾2個を発見し処理しています。ELNはジャノバホ村の複数個所に掲げられていたコロンビア国旗をELNの旗に変えていました。



un-policia-muerto-tras-ataque-en-el-catatumbo-508314カタトゥンボ地域の警察署が襲撃され警察官1人が殉職 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 武装集団の襲撃により警察パトロール隊員ヘスス ルオナルド メルガレホ セラノ22歳が死亡し、警察官1人が負傷しています。
 サルディナタ市高官フアン ガブリエル ペニャランダはカラコルラジオの取材に対し、「警察署に対する銃撃は約40分間続き空軍の到着で30分間中断しましたが、その後さらに10分間銃撃がありました。」と説明しています。
 当局は襲撃事件の責任者を人民解放軍(EPL)の分派ロス ペルソスを率いる通称ウイリントンであると特定しています。
 警察は1億ペソ(約341万円)の懸賞金を懸けて情報の収集を行っています。
 



アカプルコ沖でコカイン847kgが押収された メキシコ ゲレロ州

 メキシコ海軍(Semar)はゲレロ州アカプルコ市沖の海上で、スピードボート2隻を摘発し、847kgのコカインを押収しています。
 Semarの発表によれば、火曜日にアカプルコ市の基地を置く第8地域海軍が、コカインを運んでいた未成年者2人と成人4人を逮捕しています。ボートには3人ずつ乗っていました。
 海軍諜報部の情報を元に空と海上から作戦が実行されています。海軍諜報部は摘発作戦開始の数時間前に南米からコカインを積んだ船がメキシコ沿岸近くに来ているという情報を入手しています。 
cocaina-gro 報告を受けた第8地域海軍はコカインがメキシコに入るのを阻止するために、ゲレロ州・オアハカ州・チアパス州の沖合に海軍艦艇を出動させ、航空機で空からの監視を開始しています。
 その後、ゲレロ州アカプルコ市南西104マイルの海上を航行している2隻の不審船が発券され、海軍によって拿捕されました。
 1隻のボートには25の大袋に入れられた751パケットのコカインが積まれていました。もう一隻にはガソリンタンク25個が積まれており、うち8個にはガソリンが入っていました。
 


NAC12691339afcac36_1ミニバスが襲撃され2人が死亡7人が負傷 メキシコシティー

強盗に襲撃されたミニバスに乗り合わせていた1人の海軍軍人が3人組の強盗と撃ちあいになり、2人が死亡し7人が怪我をしています。
 目撃者の証言によれば、トラウアク行政区アグリコーラ メトロポリタナ区ラ トゥルバ通りを走行していたバスにピストルを持った1人の男が乗り込み、乗客を脅して金品を奪おうとしました。
 テクスケニャ行のミニバスには海軍軍人が乗り合わせており、強盗行為を阻止しようと強盗と銃撃戦となっています。
 しかしこの時乗客のふりをしてバスに乗り込んでいた強盗の仲間2人も銃撃戦に加わり、多数を死傷させてバスを降りて逃げています。
 この銃撃戦で、女性2人をかばったフアン カルロス パウリノ テラサス41歳と、15歳くらいの少年が死亡しています。
 バスの運転手は襲撃現場から3ブロック先の病院までバスを走らせています。
 強盗と銃撃戦を始めた海軍軍人も負傷し、病院で手当てを受けています。強盗3人組の1人も負傷しており、ベリサリオ ドミンゲス病院で手当てを受けています。

フリアン ロペスが死刑を免れ禁固15年の有罪判決を受けた コロンビア人モデル

cdbcdf91741b954d4d432e029a3ce50b 1年前に中国の空港で麻薬密輸容疑で逮捕されたコロンビア人モデル フリアン ロペスに対し、中国の裁判所は禁固15年の有罪判決を下しています。
 中国では麻薬犯罪の刑は非常に重く、当初死刑もしくは終身刑が言い渡される恐れがあると報道されていましたが、フリアン ロペスが罪を認め弁護士の働きもあり禁固刑が言い渡されています。
 フリアン ロペスは2015年ミスコン世界大会参加に必要な資金を得る目的で、コロンビアから中国に麻薬を密輸したと自供しています。
 フリアン ロペスがお金を必要としていることを知った友人のセルヒオが、ノートパソコンにコカインを隠して中国に持ち込めば2500ドル支払うと提案し、フリアン ロペスは承諾しています。
 ロペスは2015年7月に610gのコカインをノートパソコンに隠して中国に入国しようとして広州市の空港で逮捕されています。




麻薬組織ラ コンストゥルの麻薬工場27か所が摘発された コロンビア プトゥマヨ県

 コロンビア警察・コロンビア陸軍・空軍・海軍による合同作戦がプトゥマヨ県で展開され、犯罪組織ラ コンストゥルのコカイン製造工場27か所が摘発されています。
 アメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)の支援を受け400人が参加した作戦を、5日間にわたり実施したと警察対麻薬副責任者リカルド アラルコン大佐は説明しています。ラ コンストゥルはコロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォ(旧名クラン ウスガ)と関連があるとされています。
 「麻薬工場で製造されたコカインはアフリカ・ヨーロッパ・アメリカ合衆国に密輸されていましたが、最近は新たなルートを模索するためにブラジルやエクアドルにも密輸されています。」と大佐は指摘しています。
 作戦はプトゥマヨ県オリト市・バジェ デル グアムエス市・プエルト カイセド市で実施され、摘発された麻薬工場の生産能力は年間48トンから50トンと推測されています。
 作戦中、ラ コンストゥルの幹部の2人通称インぺリオとサグイの通信が傍受されています。2人は治安部隊の攻撃を避け、密造したコカインの守るための相談をしていました。
 大佐によれば、300件以上の殺人に関連がある犯罪組織ラ コンストゥルのボスは通称ニーニョ グランデ、ガジェロ、エル グエロです。




16歳の銀行強盗が住民に捕まりリンチを受けて殺された メキシコ ベラクルス州

 ベラクルス州ソンゴリカ市で銀行を襲った2人組の強盗の1人16歳の少年が、住民に捕まりリンチを受けて死亡しています。
 県政府高官フラビノ リオ アルバラドによれば、銀行強盗は月曜日に発生し警察官1人が殉職しています。
 2人組の銀行強盗は銀行員や客を縛りあげ、銃を乱射して警察官1人を射殺し女性1人を負傷させています。
 住民たちは逃亡していた強盗の1人を捕まえ、殴るけるの暴行を加えています。16歳の少年は警察によって住民たちから救い出され、病院に搬送されましたが数時間後に死亡が確認されています。
 ベラクルス州検察は少年の死亡の責任者を特定するための捜査を開始しています。
 

1a7bca5b86531bf5e7-160513_busqueda_3_gc-c-702x468
殺人率が16%増加 メキシコ

 メキシコでは今年最初の半年間で殺人事件が16%増加しています。殺人の56%は犯罪組織のメンバーによるものです。
 「前年同時期との比較で、犯罪組織メンバーによる殺人・車泥棒・暴行事件が増加し、その他の犯罪が減少しています。」と犯罪を監視する民間組織セマフォロ デリクティボの創設者で代表のサンティアゴ ロエルが記者会見で説明しています。
 セマフォロ デリクティボは、最も警戒すべき州としてサカテカス州・モレロス州・ゲレロ州・コリマ州を上げ、逆に治安が安定してい州としてユカタン州・トラスカス州・イダルゴ州・カンペチェ州を上げています。
 今年半年間で殺害されたのは9615人で、内5413人が犯罪組織によって殺害されています。
 今年最初の半年間のメキシコ全体の殺人率(10万人当たり1年間に殺害される人数)は8人ですが、コリマ州は40人、ゲレロ州30人、サカテカス州26人、シナロア州18人となっています。
 逆に殺人率の低かった州はユカタン州・ナヤリット州・アグアスカリエンテ州で殺人率は2人以下です。

アイフォンを奪われた女性が強盗を車で追いかけ、無関係のバイク乗りを轢き殺す コロンビア カリ市

1469465438_211991_1469465739_noticia_normal バイクに乗った強盗に襲われた女性が、その直後にカリ市カジェ5を走行していたバイクを自家用車で轢いています。
 事件はバジェ デル カウカ県の県都カリ市南部で起きています。ジムから出て車に乗ろうとした女性が1人の強盗に襲撃され携帯電話などを奪われています。
 女性は奪われた携帯電話を取り戻そうと、バイクで逃走した強盗を追いかけ始めています。女性は強盗に追いつき強盗が乗ったバイクを車で弾き飛ばしましたが、その時同時に別のバイクにも接触しています。女性の車にぶつけられたバイクはコントロールを失い標識に激突し、乗っていたバイク乗りは死亡しています。
 目撃者の証言によれば、死亡したバイク乗りは強盗事件とは全くの無関係です。一方、怪我をした強盗は警察に逮捕されています。
 警察は現場で銃器1挺を押収しています。2人をひいた女性も負傷しており、病院に運ばれて治療を受けています。



20160723_174340コロンビア海軍がコカイン2トン近くを押収 カリブ海

 カリブ海で海軍が実施した対麻薬作戦により、2トン近いコカインを積んだ貨物船がウラバ湾で摘発されています。
 摘発されたのはコロンビア アンティオキア県トゥルボ市とパナマ サン クリストバル島を結ぶ航路を運航している貨物船サン ホセ号です。
 最初に貨物船の中から40kgのコカインが見つかり、その後貨物船内の隠し部屋から79梱包のコカインが見つかっています。貨物船内ではコカイン以外にも9mm口径のピストル4挺が見つかっています。
 押収されたコカインは沿岸警備隊ウラバ基地に運ばれ、PIPH検査が実施されコカインであることが確認されています。押収物の総量は1849kgでした。
 海軍によれば、今回の押収作戦により6100万ドル以上の現金が麻薬密輸組織に入ることを阻止しています。
 海軍は市民に対し、不審な行為を見つけた場合直ちに無料電話回線146に通報するよう呼びかけています。



Captura-de-pantalla-2016-07-25-a-las-9ラ グアヒーラ県の先住民の子供3人が栄養失調で死亡 コロンビア

 新生児2人がラ グアヒーラ県の郊外地域で、1人がアトランティコ県の県都バランキージャ市の病院で死亡しています。
 ラ グアヒーラ県では栄養失調を原因とする児童の死亡が絶えません。先週末にも、先住民族ワユーのハシュマナ集落で生まれた生後2か月と生後4か月の赤ちゃん2人がマナウレ市とウリビア市で死亡しています。
 2人の赤ちゃんは土曜日と日曜日に死亡しており、栄養失調による体調不良が死亡原因とされています。
 2人のほかにも生後2か月の赤ちゃんがバランキージャ市のラ コスタ病院で死亡しています。この赤ちゃんは12日前にウリビア市の先住民集落から、バランキージャ市の病院に運びこまれていました。
 この3人を加え、ラ グアヒーラ県で今年死亡した先住民の児童は41人に上っています。



1811_ejecutados-chilpancingo_620x350銃殺された若者3人の死体が見つかる メキシコ ゲレロ州

 今朝、ゲレロ州チルパンシンゴ市ブガムビリアス区で射殺された20歳から25歳くらいの若い男性の死体が見つかっています。
 州検察によれば、3体の死体は通りに散乱していました。
 死体の頭部には銃痕があり、死体周辺には複数のメッセージが残されていました。今現在メッセージの内容は明らかにされていません。
 身元不明の3体の死体は検察医施設に運ばれ検死作業が行われています。
 

13人の若者が拉致され殺されたバー ヘブン事件の容疑者2人に禁固520年の有罪判決 メキシコシティー


 2013年5月にバー ヘブンで発生した13人の若者誘拐殺人事件に関わったマリオ アルベルト ロドリゲス レデスマとガブリエル カラスコ イサリトゥリに禁固520年と罰金500万ペソ(約2864万円)の支払いが命じられました。
 事件は2013年5月26日にメキシコシティー クアウテモック行政区フアレス区にあるバー ヘブンで発生し、未成年者1人を含む13人の若者が失踪しています。
1_240716p6_nota2ph01 メキシコシティー市警の捜査により、若者たちは覆面を着用した武装集団により複数台のピックアップトラックに乗せられて連れ去られたことが判明しています。
 同年8月、メキシコ検察はメヒコ州トラルマナルコ市に埋められていた13人の若者の死体を発見したと発表しています。
 検察の捜査により、13人の若者の誘拐と殺人を行ったのが、犯罪組織ラ ウニオンのメンバーであることが判明しています。
 ラ ウニオンは麻薬密売人オラシオ ビテ アンヘル別名エル チャパロが殺害された報復として、13人を誘拐し殺害したとされています。エル チャパロは2013年5月24日にコンデサ区にあるバー ブラックの前で殺されています。
 昨年9月、バーの経営者でエルネスト エスピノサ ロボに対して、裁判所は禁固520年の有罪判決を下しています。
 12月、別の共犯者2人に対しても禁固520年の有罪判決が下されています。バー ヘブン事件では22人が逮捕されています。



chalco-4メヒコ州でカルテル デル ゴルフォのメンバー8人が逮捕された

 メキシコ海軍がメヒコ州でメキシコ郵送の麻薬組織カルテル デル ゴルフォのメンバーを逮捕しています。
 土曜日の午後5時頃、チャルコ・ミスキック街道サン パブロ村近くで、メキシコ海軍の部隊がチャルコ市に向かっていた麻薬組織メンバー容疑者と遭遇し銃撃戦が起きています。
 チャルコ ミスキック街道を走行していた軍部隊が、5台の車で移動していた不審な集団を発見しています。
 不審な車列に停車を命じた軍部隊に向けて、不審車から発砲が始まり銃撃戦となっています。海軍は武装集団の襲撃を撃退し、男7人と女1人を逮捕しています。8人は州警察の取り調べでカルテル デル ゴルフォのメンバーであることを認めています。
 銃撃戦では海軍兵士2人とカルテル デル ゴルフォのメンバー2人が負傷しており、病院に搬送され治療を受けています。



foto-1-tanque_r0Farcダニエル アルダナ機動部隊のボス通称タンケが捕まった コロンビア ナリニョ県

 コロンビア海軍とコロンビア警察と検察による合同作戦がナリニョ県最大の港町トゥマコ市で実施され、トゥマコ市郊外で犯罪行為を繰り返す武装グループのメンバー5人が検挙されています。逮捕者の中にはFarc機動部隊ダニエル アルダナのテロ支援組織のナンバー2である通称タンケが含まれています。
 海軍ガウラと海兵隊第40・第15大隊とトゥマコ市の検察CTIがトゥマコ市郊外のチルビ村で検問を実施していた時に1台のタクシーが通りかかっています。
 タクシーは検問で止められ、通常の調査を受けています。タクシー内を調べた海兵隊員は乗客が所持していたリボルバー拳銃2挺、ペントライト爆薬900g、TNT爆薬15おg、現金90万ペソ(約3万2400円)などを発見しています。
 タクシーに乗ったいた乗客たちは直ちに拘束され、身元調査が実施されています。逮捕者の1人はFarc機動部隊ダニエル アルダナのテロ支援組織のナンバー2であるマイコル ゲレロ ダホメ別名タンケで、女2人のうちの1人は未成年者でした。
 タンケはトゥマコ市のビエント リブレ地区・ラ パス地区・ヌエボ ミレニオ地区・パナマ地区を中心に、商業主などからみかじめ料を巻き上げ、爆発物を使用して治安当局に対するテロを行っていました。
 タンケにはトゥマコ市第10特別検察から、殺人と強制失踪罪容疑で逮捕状が出ていました。



valeria-romero-vignas-2身長が2mm足りず、ミスコン ラ グアヒーラ県代表が資格剥奪 コロンビア
 
 コロンビア ミスコン2016-2017のラ グアヒーラ県代表に選出されていたバレリア ロメロ ビグナスが、2mmの身長が足りず資格剥奪となっています。
 23歳のバレリア ロメロはミスコン参加者としてミスコン委員会による身体検査などを受け、ミスコン委員会が定める身長165cm以上という規定に2mm足りないことが判明しました。
 バレリア ロメロの叔母で元ミスコロンビア マリア モニカ ウルビアは、差別であると地元メディアの取材で語っています。

これまでに合計300人を誘拐したELN女ゲリラボス通称マヌエリータが捕まった コロンビア

whatsapp-image-20160722rr コロンビア空軍・陸軍・検察の合同作戦により、ELNホセ マリア ベセラ戦線所属の女ゲリラ オフェリア クラレス パパミハ別名マヌエリータもしくはチキ30歳ウイラ県生まれが逮捕されました。マヌエリータには反逆罪とテロ罪容疑で逮捕命令が出されています。
 マヌエリータはホセ マリア ベセラ戦線のナンバー6であり、ルチョ キンテロ ヒラルド部隊の政治顧問として、戦線の兵站を支えていました。
 半年に及ぶ追跡捜査の末にマヌエリータは空軍・ポパヤン市第45検察・警察・対ゲリラタスクフォース アポロ諜報部による合同作戦で逮捕されています。
 マヌエリータは1999年にバジェ デル カウカ県の県都カリ市にあるラ マリア教会で発生した121人大量誘拐事件に参加しています。
 2000年9月にはカリ市と太平洋沿岸最大の港町ブエナベントゥーラ市を結ぶ街道上にあるレストラン ラ カバニャで94人を誘拐しています。その後はホセ マリア ベセラ戦線の兵站組織のボスとしてバジェ デル カウカ県の住民に恐れられています。マヌエリータは13歳でELNに加盟しています。



podera3jul21-16n2photo01Farcによる暴力事件が過去52年で最少に コロンビア
 
 コロンビア政府とコロンビア革命軍(Farc)の間で武力紛争の段階的縮小で合意して1年後、Farcゲリラによる暴力行為が紛争が続く52年間で最少となっています。
 紛争分析センター(Cerac)が2015年7月22日から2016年7月19日までに発生したFarcの武装闘争について分析しています。
 Ceracの報告によれば、Farcによる攻撃は98%(1日当たり1,51件が0,03件)減少しています。治安部隊との戦闘も91%(0,68件が0,06件)民間人の死亡も98%(0,19人が0,003人)に激減しています。
 「劇的な減少は、1年前の合意がほぼ完ぺきに守られた結果である。」とCeracは指摘しています。
 詳細を見ると、Farcは234日集落占拠をせず、580日違法検問所を設置せず、373日治安部隊に対する待ち伏せ攻撃をせず、364日爆破攻撃をしていません。そのほかにも361日石油施設に対するテロ行為をせず、236日誘拐をせず、228日対人地雷の犠牲が出ていません。
 ここ1年間でFarcの武装闘争により死亡したのは民間人1人と軍人2人、負傷したのは民間人2人と治安部隊員1人です。
 Farcゲリラ部隊による最新の武力行為は6月12日にメタ県ビスタ エルモサ市で発生しています。ゲリラ部隊が軍部隊を攻撃し、軍兵士ウイルメル アルレイ ムニョスが戦死しています。
 


militares_2ファルソス ポシティボス事件で陸軍大佐ら9人が逮捕された コロンビア メタ県

 コロンビア検察は2005年2月27日にメタ県エル カスティジョ市ブリサス デ ヤマネス村で2人を殺害した容疑で、陸軍大佐1人を含む軍人9人を逮捕したと発表しています。
 ブリサス デ ヤマネス村でパトロール任務についていた9人の容疑者は、攻撃を受け戦闘となりオルランド フェルナンド ボライとリベル セルヒオ アリサを殺害したと報告しています。しかし検察は殺害された2人が、地元の農民であったとことを確認しています。
 逮捕されたのはメタ県グラナダ市の基地を置く第21バルガス大隊に事件当時所属していた9人の軍人です。
 逮捕されたのはホアン フェルナンド マルティネス ヒメネス大佐、2等軍曹フアン ガブリエル アビラ スアレスと兵士7人です。
 



サン フアン チヤムラ市で市長を含む5人がデモ隊に殺された メキシコ チアパス州

 チアパス州政府高官フアン カルロス ゴメス アランダは、市当局と市の住民たちの間で争いが発生し、市長ドミンゴ ロペスと市管財人ナルシソ ルネスを含む5人が殺害されたと発表しています。
 2人のほかには市会議員ミゲル ロペス ゴメスと市専属の運転手エルネスト ぺレス ペレスと住民シルバノ エルナンデス ディアスの3人が殺害され、12人が怪我をしています。
 目撃者によれば、公共事業への予算支出を拒否した市長に対して住民たちが抗議行動を行っていた際に事件は起きています。
 市長は警備隊をデモ隊排除に使用し、激高したデモ隊の1人が銃を取り出して市長らに向かって発砲し始めています。
 銃殺された市長の死体は中央広場まで運ばれ見世物にされています。デモ隊はバリケードを築き警官隊の侵入を阻止していましたが、正午までにはデモ隊は現場を放棄して立ち去っています。
 「サン フアン チヤムラ市の安定は回復していることを強調しなければなりません。すでに州警察が市をコントロール下におき、検察が捜査を始めています。」と高官は強調しています。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ