音の谷ラテンアメリカニュース

コロンビアとメキシコを中心にラテンアメリカのニュースを適当に訳しています

携帯電話を奪おうとした強盗が犬にかまれて激高、犬を殺して捕まった コロンビア ボゴタ市


 ボゴタ市警はケネディー区で、犬を殺した酔っ払いの強盗を逮捕しています。
 殺された犬は通りで銃器を持った強盗に襲われて携帯電話を奪われそうになった男性に加勢し、唸り声を上げて強盗を脅しています。
captura_r0 「強盗と男性がもみ合いとなり地面に倒れています。その時犬のトビーが強盗に襲い掛かり片足を噛みました。犬にかまれて激高した強盗は犬をナイフで刺して即死させています。」とボゴタ市警のヤネス カストロ ベハラノ大佐は説明しています。
 男は強盗容疑と最近制定された動物保護法違反の容疑で逮捕され、銃器が押収されています。男には6件の犯罪歴がありました。



Homicidio_patrullero_de_la_policia_Bello_3ネヨ市で銃撃事件 警察官1人が銃殺され3人が怪我 コロンビア アンティオキア県 

 アンティオキア県の県都メデジン市と隣接するベヨ市で児童青年課の警察官アンドレス ベガ エルナンデスが殺害され、同じく警察官の恋人を含む3人が負傷しています。銃撃事件と殺害されたアンドレス ベガ エルナンデスの職業とは関連がないと思われます。
 「警察パトロール隊員と恋人と友人たちがベヨ市にあるディスコ前で談笑していた時に事件が起きています。ディスコの閉店後に争いがあり、駆け付けた殺し屋が警察官たちに向けて銃撃し、1人が死亡しました。」と警察司令官ホセ ヘラルド アセベド将軍は指摘しています。
 今年ベヨ市ではアンドレス ベガ エルナンデスを加えこれまでに75人が殺害されており、昨年同時期より11人増加しています。警察は麻薬密売やみかじめ料を巻き上げる利権を争うギャング団同士の抗争の激化が、殺人事件増加の原因であると分析しています。



38495988d5e9a81a6c1eca252d3b6993コロンビアの今年第2四半期の経済成長率は2%

 国家統計局DANEは、コロンビアの今年第2四半期の国内総生産(PIB)の伸び率が2%となり、昨年第2四半期の経済成長率3,1%を下回ったと発表しています。DANEの報告によれば、鉱業分野が7,1%の減少、鉱業分野が6%の増加となっています。
 今年第1四半期の経済成長率は2,5%で、今年最初の半年間の経済成長率は2,3%となっています。
 コロンビア政府は今年の経済成長率が3%になると予想していますが、国際通貨基金は2,5%と予想しています。
 


extraditado犯罪組織ロス メジョスのボスがイタリアからコロンビアに追放され逮捕された 

 フェルンセテルベイン フェルナンド ラミレス メレンデス別名DJフェクステルが、イタリアからコロンビアに追放されています。コロンビア入管当局はボゴタ市のエル ドラド国際空港でDJフェクステルを受け取り拘束しています。イタリアで逮捕されコロンビアに追放された男は、コロンビア有数の準軍麻薬組織ロス ラストロホスと繋がる犯罪組織ロス メジョスのボスと目されています。
 治安当局の報告によれば、DJフェクステルは2011年6月にコロンビアを出国し、イタリアでDJとしての立場を利用し当局の捜査をかわしつつイベントなどのプロモーションをしていました。
 逮捕者はコロンビア サン アンドレス島で殺人多数・恐喝・麻薬取引などの犯罪行為を行っていた容疑で告発されています。
 


f2299c22-ceb4-4acd-8f2d-5f82c38ffbed誘拐団のアジトから人質が逃げ出し、警官隊との銃撃戦で誘拐団メンバー3人が死亡 メキシコ ベラクルス州

 誘拐されていた男性1人が救出され、誘拐団メンバー3人が州警察によって殺害されています。
 事件は昨日の午後、ベラクルス州ポサ リカ市インデペンデンシア区アドルフォ ルイス コルティネス通りとカジェ2 オリエンテの交差点付近で起きています。パトロールをしていた州警察の部隊が、手を縛られた男性1人が民家から走り出てくるのを目撃しています。
 警察部隊は直ちに男性を保護し、男性はパパントラ市でタクシーを走らせていた時に誘拐されたが、拘束されていた誘拐団のアジトから逃げ出したと助けを求めています。
 州警察フエルサ シビルは男性の証言を確かめるために民家に入り銃撃戦となり、自動小銃を持っていた3人を撃ち殺しています。

Farcが13日から19日にかけて第10回ゲリラ会議を開催 コロンビア カケタ県

jpg-06142 Farc指導部は9月13日から19日にかけてカケタ県サン ビセンテ デル カグアン市ジャノス デル ヤリ地域で、ゲリラ会議を開催すると土曜日に発表しています。ゲリラ会議は1964年にFarcが結成されて以降これまでに9回実施されており、今回の会議で10回目となります。
 会議には中央参謀本部メンバー29人を含む200人近いゲリラ幹部が集結します。
 「会議には国内国外から50人を招待する予定です。」とFarcは明らかにし、国内外のメディアも会議に呼ぶと付け加えています。
 会議ではFarc和平交渉団がキューバで調印したコロンビア政府との和平合意と10月2日に実施される和平合意に関する国民投票の実施に関する承認が行われる予定です。
 


ladron-barranquilla280816強盗が住民に撃ち殺された コロンビア バランキージャ市

 アトランティコ県の県都バランキージャ市プラド地区の通りを歩いていた1人の男性が強盗に襲われています。しかし強盗に気づいた市民が発砲し、強盗は未遂に終わり強盗は撃ち殺されています。
 「強盗から守るために1人の人物が現れ、強盗を撃ち殺しています。」とバランキージャ市セントロ ヒストリコ地域警察司令官アンドレス モントーヤ大尉は説明しています。
 目撃者の証言によれば、強盗に襲われた男性は強盗に抗い大声で助けを求め、助けを呼ぶ声を聴いた近隣住民の1人が現れ強盗に向けて発砲しています。強盗に襲われた男性は直前に大金を引き出していました。
 撃たれた強盗は即死し、仲間はバイクで逃亡しています。警察は強盗を撃ち殺した人物の特定を進めています。



captura_integrantes_elnELNゲリラ容疑者7人が捕まった コロンビア ノルテ デ サンタンデール県
 ELNコマンダンテ ディエゴ部隊のテロ支援組織メンバー容疑者7人を逮捕したと、コロンビア陸軍第30旅団が発表しています。
 軍発表によれば、逮捕者たちは恐喝や麻薬取引などを通じてゲリラ部隊の軍資金を稼いでいました。
 逮捕者の中にはマンサナレス村・モティランディア村・タラ スール村・サンタ クララ村・モンテレイ村の住民から恐れられている通称ブラディミールも含まれています。
 軍部隊は7人を逮捕すると共にコカイン製造工場を摘発し、銃器などを押収しています。
 


muertos_accidente_bucaramangaヒラルドト市とボゴタ市を結ぶ街道上でバス事故 5人が死亡20人が怪我 コロンビア

 土曜日の夜、カセラ社のバスがヒラルドト・ボゴタ街道の105km地点アルト デ ラス ロサスで事故を起こし、5人が死亡20人が負傷しています。
 死亡者の中には4歳の幼児が含まれています。
 ぺレイラ市から首都ボゴタ市に向かっていたバスは、激しい降雨のために視界が悪く横転事故を起こしたものと思われます。
 負傷者はフサガスガ市・ソアチャ市・ボゴタ市の病院に搬送されています。
 


12479757e61b06a_0チワワ市の複数個所で6人が殺された メキシコ

 チワワ州の州都チワワ市の複数個所でこの週末に6人が殺害されています。
 最初の事件はプラデラス デル スール区カジェ プラデラス デ ネブラスカとカジェ プラデラス デ アウストラリアの交差点で起きています。交差点で待ち伏せをしていた武装集団が3人を撃ち殺し1人を負傷させています。3人は乗っていたジープ チェロキーの中で死亡し、負傷者は病院に搬送されています。
 11 デ フェブレロ区にある建物の中で、拷問を受けた痕のある男性の死体1体が警察によって見つかっています。死体は手が縛られ頭にはビニール袋がかぶせられており、複数の銃痕がありました。
 セロ デ ラ クルス区カジェ 64aとカジェ メンデス通りの交差点にあるタイヤ屋が襲撃され、1人の男性が殺害されています。
 カジェ ダニエル ガルシアとカジェ オアシス レボルシオンの交差点では1人の男が20発近くの銃弾を乱射し、1人を射殺1人を負傷させています。

パラグアイ人民軍の待ち伏せ攻撃でパラグアイ軍パトロール隊8人が戦死 パラグアイ コンセプシオン県

Paraguay-Horqueta-atentado-ABC-Color_CLAIMA20160827_0182_28 パラグアイ人民軍(EPP)が活動するパラグアイ北部で、武装集団による待ち伏せ攻撃が発生し軍人8人が戦死しています。
 パラグアイ内務大臣フランシスコ デ バルガスは、午前に首都アスンシオン市から北に約450kmのコンセプシオン県郊外の田舎道で待ち伏せ攻撃が発生したと発表しています。
 地元メディオの報道によれば、2013年に創設された対ゲリラタスクフォース(FTC)のメンバー8人が殺害されています。EPPはコロンビアの共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍をモデルに1992年に結成された小規模なゲリラ組織で、現在3人の人質を拘束しています。
 「軍パトロール部隊が乗った車両が手製爆弾と銃撃による攻撃を受けています。これまでの経験上、テロ組織(EPP)が路上に仕掛けた爆弾をパトロール部隊の通過に合わせて起爆させた物と思われます。」とバルガスは地元ラジオの取材で答えています。



1472321220_761631_1472321305_noticia_normal14歳の少女を強姦し、串刺しにして殺害した男が捕まった コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県の県都メデジン市の裁判官は、14歳の少女を強姦しその後に串刺しにして殺害した疑いのあるエンリケ デ ヘスス セア ブランドンの刑務所収監を命じています。
 事件は2014年8月20日にアンティオキア県アンデス市郊外で発生しています。当局は半裸で暴行と強姦を受けた少女の死体を発見しています。
 検察官ルイス ゴンサレスは、「8月20日の深夜に半裸で拷問・暴行を受け殺害された14歳の少女の死体が見つかっています。その後の捜査で犯人逮捕に繋がる十分な証拠を集めています。男は拷問の過程で、少女の性器に材木を刺して串刺しにしています。」と説明しています。
 警察は犯行現場でセア ブランドン49歳の身分証明書のコピーが入った財布を発見しています。
 検察の調べによれば、男は何度も少女を待ち伏せしています。少女の家族や友人たちは、男が繰り返し少女に言い寄りそのたびに少女に拒絶されていたと証言しています。
 セア ブランドンは2003年2月にヤルマル市で女性1人を殺害し禁固15年の有罪判決を受けています。
 軍ガウラの支援をうけた検察CTIは、金曜日にイタグイ市の公園でセア ブランドルを逮捕しています。



colp_114417_e2497Farcに子供ゲリラの即時解放を要求 コロンビア家族福祉機関(ICBF)

 コロンビア家族福祉協会(ICBF)の総責任者クリスティナ プラサス ミチェルセンは、「Farcが徴兵した少年・少女・若者の即時解放を求める。」と強調しています。
 ミチェルセンは児童の徴兵は犯罪行為であり許されることではないと断言し、「武装組織に属している子供たちすべてが、自由や家族と暮らすといった基本的権利を侵害されている。」と述べています。
 子供たちの権利はその他の権利に優先するとミチェルセンは強調しています。しかしながら、キューバ ラ ハバナで調印されたコロンビア政府と共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)の和平合意によれば、子供たちを徴兵したゲリラたちは恩赦を与えられ誰も罰せられることはありません。
 「ICBFは全てに子供、特に徴兵などの暴力の犠牲となった子供たちの権利を守ることを約束します。私たちは解放された子供たちを受け入れる用意ができています。」とプラサス ミチェルセンは表明しています。
 そして最後にミチェルセンは、Farcはコロンビア政府との合意に従い、すべての子供ゲリラを解放しなければならないと強く語っています。



diputado_muerto_chilpancingo_heridos-1PRI党の元議員と女性2人が殺害された メキシコ ゲレロ州

 ゲレロ州の州都チルパンシンゴ市北部21デ マルソ区で昨夜、制度的革命党(PRI)の元議員ルカルド コルテス エルナンデスと女性2人が殺害されています。
 午後9時頃、武装集団が1993年から1996年にかけて議員を務めたルカルド コルテス エルナンデスの自宅に押し入り、寝室で元議員を射殺しています。
 襲撃者たちは元議員の自宅前で事件の目撃者となる女性2人と遭遇し、同じく射殺しています。
 事件時元議員の妻と2人の孫娘も家にいましたが、孫娘を抱きかかえて逃げ出し無事でした。
 殺し屋たちは元議員と2人の女性以外にも、逃亡中に2人の男性を銃撃し負傷させています。

ボリビア副内務大臣の死体は街道脇に放置されていた


 木曜日から行方が分からなくなっていたボリビア政府副内務大臣ロドルフォ イリャネスの死体が、金曜日の深夜にオルロ市とラ パス市を結ぶ街道で見つかっています。死体は一枚の毛布にくるまれていました。ボリビア国営放送は現場で副大臣の死体を警察官と国会議員が救急車に搬入する様子を放映して います。
illanes_6 内務大臣カルロス ロメロは、残虐な処刑行為としてロドルフォ イリャネスは死ぬまで殴られたと木曜日の夜に語っています・
 副大臣は鉱夫たちが抗議行動として複数の街道を封鎖し、警官隊と衝突していたパンドゥロに交渉に赴き誘拐されています。
 鉱夫と警官隊の衝突ではこれまでに3人の鉱夫が死亡し数十人が負傷しています。



7fc79fc748d79336068aedb2fa50df1c800kgのコカインを密輸していた6人が逮捕された コロンビア太平洋上

 コロンビア警察とコロンビア海軍の作戦により、コロンビア太平洋沿岸地域の麻薬密輸組織が摘発されコカイン800kgが押収されています。
 コカインは2隻のモーターボートに積まれ、ナリニョ県トゥマコ市を出港し中米を目指していました。
 治安当局はトゥマコ市沖のボカ デ マングラレスと呼ばれる地点で2隻の麻薬密輸船を拿捕しています。密輸船に乗っていた6人のうちの1人はエクアドル国籍の女でした。
 「船を調べた所、いくつかのコカインの塊が複数入った40の袋があり、合計800kgのコカインが積まれていました。作戦部隊はコカインのほかにトランシーバー3台、衛星電話1台、GPSなどを押収しています。」と警察は発表しています。
 警察によれば、逮捕者の中には密輸団のボス通称ドン カミロもしくはロッキーが含まれており、逮捕者6人のうちの3人は家族でした。摘発された密輸団はメキシコ麻薬カルテルと繋がっており、中米に密輸されたコカインはメキシコ麻薬カルテルの手によってアメリカ合衆国のフロリダ州・ジョージア州・サウスカロライナ州・ルイジアナ州に密輸されて予定となっていました。
 コロンビア警察は今年これまでに144トンのコカインを押収しています。



320px-aérea_sviFarcゲリラによる犯罪行為は継続している コロンビア サン ビセンテ デル カグアン市長

 カケタ県サン ビセンテ デル カグアン市のウンベルト サンチェス市長は、「コロンビア軍による治安コントロールは機能しておらず、ゲリラによる犯罪行為は続いています。Farcゲリラは相変わらず市街地でみかじめ料(革命税)の徴収を続けており、私には何もできません。」と指摘し、ゲリラ部隊は市郊外におりプレッシャーを与えていると訴えています。
 市長はFarcゲリラが停戦協定を犯罪行為に利用している現状を直ちに調査するよう要請しています。
 ゲリラたちはNGOの名前を隠れ蓑に、恐喝行為を続けていると市長は主張しています。



gaula_rescato_tres_ninos_que_fueron_secuestrados_en_giron母親を殺害した父親に誘拐されていた子供3人が救出された コロンビア 

 警察対誘拐・恐喝部門ガウラの作戦により、7月25日にサンタンデール県ヒロン市アレナレス カンペストレ地区のカジェ11と27番通りの交差点で誘拐された2歳4歳8歳の子供3人が無事救出されています。
 警察によれば、3人を誘拐したのは父親です。父親は4月17日に元妻であり3人の子供の母親をボゴタ市シウダ ボリバル区で殺害した容疑で行方を追われていました。
 母親を殺害された3人の子供は母方の祖母に引き取られ、ヒロン市で暮らしていました。
 警察から逃亡中の父親は3人の子供が住んでいる場所を突き止め、男女2人の助けを借りて子供3人を誘拐しています。
 7月25日、男女が子供たち3人にお菓子を買ってあげると嘘をついて連れ去り、父親が乗っていた車に乗せています。父親はそのまま子供たちを連れて逃げ出しています。
 同日祖母は携帯電話にメールを受け取っています。メールには子供たちは父親と一緒にいるから無事だと書かれていました。しかし祖母は警察に行き、誘拐されたと訴えています。
 その後ほぼ1か月の捜査の末に、トリマ県アルメロ グアヤバル市ラ ビクトリア地区にある民家で救出作戦が実行されました。
 民家では父親と3人の子供の誘拐に加わった41歳の男とその愛人の3人が逮捕され、ブカラマンガ市では別の男1人が逮捕されています。

2年間で2400万ペソが元Farcゲリラ1人1人に支給される コロンビア和平プロセス

Farc millones dolares 10月2日の国民投票でコロンビア政府とFarcによる和平合意が承認されれば、1万5000人近いFarcメンバーは市民としての生活を始めることになります。
 コロンビア政府とFarcの最終合意文書66・67・68ページには、元戦闘員が市民社会に復帰するための資金援助について書かれています。
 文書によれば、最初の60日間をゲリラ部隊が集結し武装放棄を行うゾーン(ZVTN)で過ごし、市民社会に復帰するために準備を行います。
 すべての元Farcゲリラに対して、最初に800万ペソ(約27万7000円)が支給され、住宅費などに使われます。60日が経過しZVTNを出るときもそれぞれに200万ペソが支給されます。
 「ZVTNから出たFarcに所属していた男女1人1人に対し24カ月間にわたり、最低賃金1か月分の90%に当たる62万ペソ(約3万2000円)が支給されます。」と合意文書には記されています。
 24カ月以内に就職が決まった場合は、毎月の支給は中止されると決められています。
 トータルで元ゲリラ1人が受け取る支給額は、24カ月間で合計2400万ペソ(約83万円)に上ります。
 一方、合意文書の64ページには、国会の上院と下院でそれぞれ少なくとも5議席ずつがFarcに与えられると書かれています。



Cerro_Ciudad_Bolivar_Bogotaシウダ ボリバルで爆破テロ 1人が死亡 コロンビア ボゴタ市

 火曜日の夜、首都ボゴタ市南西部シウダ ボリバルでテロ事件が2件立て続けに発生し、1人が死亡、5歳の幼児1人を含む3人が負傷、車9台が燃えています。
 最初のテロ事件では、何者かが通りで談笑していたグループに手榴弾を投げつけて爆発させています。この爆発で女性1人が即死しています。5歳の幼児を含む負傷者3人はラ ミセリコルディア病院に搬送されていますが、重体となっています。
 事件はカンデラリア区アルボリサドーラ アルタ地区のビジャ デル マドリガルと呼ばれる場所で発生しています。
 今現在犯行の動機も犯人は分かっていません。
 その後最初の爆破事件現場の近くの駐車場でも爆発と火災が発生しています。
 この火災で駐車場に停まっていた車9台が燃えています。



frontera3武装集団の襲撃で警察官7人が怪我 メキシコ タマウリパス州

 タマウリパス州ミゲル アレマン市で州警察の警察官7人が武装集団の襲撃で負傷したと、タマウリパス治安当局が木曜日に発表しています。
 襲撃事件は午後1時頃発生しています。ミゲル アレマン通りをパトロールしていた州警察の車列の前に白いシボレーピックアップトラックが現れ、パトカーに向けて銃撃しタイヤをパンクさせるためのまきびしをまいています。
 襲撃者の撃った銃弾はパトカー032号車の燃料タンクに命中し炎上させています。この時、女性警察官1人を含む5人が火傷を負っています。
 また別のパトカーに乗っていた警察官2人は、武装集団の銃撃で負傷しています。負傷者は近くの病院に搬送されています。



1737_jose-luis-gonzalez-moreno_620x350カルテル デル ノロエステのボス通称エル ボスが逮捕された メキシコ サン ルイス ポトシ州

 メキシコ国家安全保障委員会 (CNS)は、メキシコ有数の犯罪組織ロス セタスと結びついているカルテル デ ノロエステのボス容疑者ホセ ルイス ゴンサレス モレノ別名エル ボスを逮捕したと発表しています。
 警察の調べによれば、カルテル デ ノロエステはタマウリパス州の州都シウダ ビクトリアやヌエボ ラレド市で誘拐・殺人・恐喝・麻薬密売などの犯罪行為を繰り返すほか、アメリカ合衆国へ麻薬を密輸しています。
 逮捕作戦はサン ルイス ポトシ州チャルカス市で一発の銃弾を発射することなく終了し、作戦部隊は車1台と銃器1挺と麻薬93パケを押収しています。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ