音の谷ラテンアメリカニュース

コロンビアとメキシコを中心にラテンアメリカのニュースを適当に訳しています

ELNが国営石油エコペトロルの請負業者を誘拐 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

3418505_n_vir3 ノルテ デ サンタンデール県カタトゥンボ地域で国営石油会社エコペトロルの仕事を請け負っているフル サービス社の社員ホセ ルイス チャベスが、オカニャ市と県都ククタ市を結ぶ街道上にあるティブ市近くで誘拐されました。
 ホセ ルイス チャベスの乗ったピックアップトラックが、重武装したゲリラ部隊に停車させられそのまま拉致されています。
 ノルテ デ サンタンデール県に基地を置くコロンビア陸軍第30旅団司令官アントニオ マリア ベルトラン准将はRCNラジオの取材に対し、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の犯行であると断定しています。
 「ELNゲリラのセサールという男から会社に電話がありました。会社に対する要求はなく、誘拐した時事だけを伝えています。電話はテオラマ市サン パブロ村からでした。」と准将は説明しています。
 そして准将は「対誘拐・恐喝部隊ガウラと共に誘拐された男性の居場所を特定するための諜報作戦を進めています。」と付け加えています。
 


eln_26032017ナリニョ県で対ELN作戦 ゲリラ1人が死亡し2人が逮捕された コロンビア

 ナリニョ県で対ゲリラ作戦を2つ実施し、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)のゲリラ1人を殺害し2人を逮捕したとコロンビア軍が日曜日に発表しています。
 最初の作戦ではナリニョ県クンバル市ミラフローレス村で発見したELNのコカイン精製工場を摘発し、その時発生した戦闘でゲリラ1人を殺害したと、軍は説明しています。
 その後、バルバコアス市のエル ムエジェと呼ばれる地域でELNゲリラ2人を逮捕し、戦闘物資・現金・通信機など押収したと軍は報告しています。
 


policiacordoba_26032017コルドバ県ティエラルタ市で警察官が殺された コロンビア
 
 コルドバ県ティエラルタ市郊外で警察パトロール隊員ヒメノ リンコン ボニジャが2人組の殺し屋に殺害されています。
 「バタタ村をパトロールしていた警察官に1台のバイクに乗った2人組が近づき、無言で銃を乱射しています。」と警察が日曜日に発表しています。
 撃たれたリンコン35歳はヘリコプターでアンティオキア県のパナメリカナ デ アパルタド病院に搬送されましたが、治療中に死亡しています。
 今現在リンコンを殺害した犯人や所属組織は判明していません。
 事件が発生した地域ではコロンビア最大の犯罪組織クラン デル ゴルフォや共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)やその他麻薬組織が活動しています。




29人の囚人が脱獄したシウダ ビクトリアの刑務所で喧嘩 囚人3人が死亡 メキシコ タマウリパス州

 29人の囚人が48時間前に脱獄したばかりのシウダ ビクトリアの刑務所で、今度は囚人同士の喧嘩により3人が死亡し1人が重傷を負ったと州治安担当広報官ルイス アルベルト ロドリゲス フアレスが発表しています。
 金曜日の午後10時過ぎ、刑務所内で喧嘩と火災が発生したと広報官はツイッターを通じて発表しています。
 刑務所には数十人の警官隊が入り、連邦警察のヘリコプターが刑務所上空を飛び監視を行っています。
 土曜日の午前8時15分、「刑務所内で発生した喧嘩により3人が死亡し1人が重傷を負っている。現在刑務所は当局の管理下にあり、落ち着いている。」と広報官は続報を発表しました。
 また水曜日に脱獄した29人の囚人のうちの15人をこれまでに逮捕しており、いまだ逃亡している脱獄囚は14人となっていると発表しています。囚人たちは1年以上かけて掘ったトンネルを使って脱獄しています。

フォルトゥル市の警察副署長がELNの狙撃兵に殺された コロンビア アラウカ県

policiaarauca-afp 土曜日の深夜、アラウカ県フォルトゥル市の警察副署長エドウィン アンドリュー エルナンデス ロドリゲスが警備任務の最中に狙撃され殉職しています。アラウカ県警司令官エディソン ロドリゲス ダサ大佐は、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の狙撃兵の犯行の可能性を示唆しています。
 「フォルトゥル市周辺ではELNオマイラ モントーヤ部隊の活動範囲であり、ELNの犯行の可能性は否定できない。」と大佐は指摘しています。
 警察官となって5年と9カ月の副署長はパトロール任務が終了する直前に銃撃されています。重傷を負った副署長はフォルトゥル市の病院で応急手当てを受けた後に、サラベナ市の病院に転送されましたが助かりませんでした。
 殉職した27歳の警察官の遺体は間もなく生まれ故郷の首都ボゴタ市に運ばれ、埋葬されます。



lospelusos25032017コロンビア治安部隊の作戦でロス ペルソスのメンバー1人が死亡し7人が逮捕された ノルテ デ サンタンデール県

 人民解放軍(EPL)の分派の麻薬組織ロス ペルソスに対する作戦がコロンビア陸軍・空軍・警察によってノルテ デ サンタンデール県で実施され、ロス ペルソスのメンバー1人を殺害し7人を逮捕しています。
 作戦はサルディナタ市チキンキラ村で実行され、作戦部隊は作戦を通じ自動小銃3挺とピストル1挺、大量の戦闘物資を押収しています。
 治安当局は3月19日にティブ市郊外でノルテ デ サンタンデール県警の捜査指揮官を殺害した武装組織がロス ペルソスであったと断定しています。
 ロス ペルソスはベネスエラとの国境地域でコカイン生産と取引、ベネスエラからの燃料密輸、誘拐、恐喝を資金源とする共産主義犯罪組織です。




ペルー大雨と大洪水による死亡者が90人に

 国家緊急オペレーションセンター(COEN)の最新報告によれば、エル ニーニョを原因とする大雨とそれに伴う洪水と土砂崩れによる死亡者数が、今週土曜日で90人に上っています。
 今年1月から太平洋沿岸北部と中部地域を襲っている大雨による被害は、すべて失った被災者12万889人、ある程度の被害を受けた被災者74万2101人に達しています。また負傷者347人と行方不明者20人も出ています。
 ぺルー気象庁は今週末から月曜日にかけてさらに激しい雨や雷雨があると予想しています。



federico-templarioテンプル騎士団のボスの1人が捕まった メキシコ ナヤリット州

 連邦警察はナヤリット州でテンプル騎士団のミチョアカン州アキラ市の地域ボスとされるフェデリコを逮捕したと発表しています。
 公安委員会(CNS)はフェデリコについて、ミチョアカン州を本拠地とするテンプル騎士団のボスの1人であり、殺人・恐喝・誘拐などの犯罪行為に関係していると説明しています。
 連邦警察諜報部による数か月の追跡捜査の末に、35件以上の殺人に関係があるとされるフェデリコを逮捕したとCNSは強調しています。
 フェデリコは逮捕時にラウル オチョア名義の偽の身分証を携帯していました。
 


EJECUTADA1子供たちの目の前で女教師が殺害された メキシコ ベラクルス州

 パブロ エルナンデス小学校に2人の子供を車で迎えに来た女性教師デヤニラ ロドリゲス スニィガが、バイクに2人乗りでやってきた殺し屋に少なくとも11発の銃弾を浴びせられて死んでいます。子供2人は無事でした。
 事件は午後1時頃にサンタ クララ区のカジェ フキルパン沿いある小学校前で起きています。
 現場には赤十字の救急隊が駆け付けましたが、到着時にはすでに息はありませんでした。
 撃たれた女性教師はあおむけに道路上に倒れ息絶えています。

ELN戦線ボスがコロンビア軍との戦闘で戦死 ボリバル県南部

image_content_28314297_20170324075547 今週金曜日に発生した戦闘によりELNホセ アントニオ ガラン戦線のボス通称ハイロと護衛通称エル フラコを殺害したとコロンビア軍が発表しています。
  ボリバル県南部サンタ ロサ市パナマ村で実施された軍事作戦には、コロンビア陸軍のほかに空軍・海軍・警察が参加しています。
 作戦部隊は作戦を通じピストル2挺・マガジン・戦闘物資・軍諜報活動に有益な文書などを押収しています。
 戦線ボス通称ハイロ44歳は17年間ELNに所属しており、犯罪共謀・テロ・反逆罪容疑で告発されていました。
 「ゲリラに対する戦闘訓練を担当しており、即席爆弾の設置や起爆、狙撃などをゲリラに教えていました。」と軍は声明を通じ指摘しています。
 またハイロはボリバル県南部地域やアンティオキア県東北部の農場主や農民、商業主に対する恐喝や鉱物の違法採掘も統括しており、月当たり7億5千万ペソ(約28820万円)の軍資金を稼いでいたと推測されています。
 治安部隊員13人が死亡し23人が負傷した襲撃事件は、ハイロ指揮下のゲリラ部隊の犯行とされています。そのほかにも多数の誘拐事件を引き起こしており、2016年2月にアンティオキア県セゴビア市で軍下士官ヘスス ビジャル オルティスを誘拐したのも、ハイロのゲリラ部隊とされています。
 


reuniongobiernofarc今週末にカルタヘナ市でコロンビア政府とFarcが和平合意の実施について話し合う

 今週末カリブ海沿岸の観光地ボリバル県の県都カルタヘナ市で、コロンビア政府とFarcが、和平合意実施に関する具体的な進め方について話し合う臨時会議が開催されます。
 会議に参加するためにFarc最高指導者ロドリゴ ロンドニョ別名ティモチェンコがキューバからやってきます。コロンビア政府側からは内務大臣フアン フェルナンド クリストと紛争終結後のための政府顧問ラファエル パルド、平和のための政府顧問セルヒオ ハラミジョが参加します。
 会議で話し合われるのは、武装放棄と社会復帰のためのキャンプ地の状況・武装放棄プロセス・平和のための特別法廷・未成年ゲリラの引き渡しなどです。
 日曜日にはコロンビア大統領フアン マヌエル サントスとFarc最高指導者ロドリゴ ロンドニョが会うという情報もあります。



encuesta-candidatos-1来年5月の大統領選挙に関する世論調査 コロンビア

 今日発表された最新の世論調査によれば、元副大統領ヘルマン バルガス ジェラスと元ボゴタ市長グスタボ ぺトロと緑の党の上院議員クラウディア ロペスが2018年コロンビア大統領選挙で人気を集めています。
 誰に投票するかという質問に対し、10%がバルガス ジェラスとぺトロと回答し、9%がクラウディア ロペスと答えています。
 また2018年5月の大統領選挙で勝利するのはだれかという質問については、22%がバルガス ジェラスを上げています。バルガス ジェラスは3月14日に大統領選挙出馬を理由に副大統領を辞職しています。バルガス ジェラスに続いてぺトロ7%、ロペス6%となっています。
 コロンビア大統領選挙では第1回投票で過半数に達した候補者がいない場合上位2者による決選投票が行われますが、決選投票に進め候補者は誰かという質問については、19%がバルガス ジェラス、8%がぺトロとロペスの名前を上げています。
 世論調査では現大統領フアン マヌエル サントスの支持・不支持も聞いていますが、支持30%、不支持67%とこれまでの世論調査でも最も悪い結果の1つとなっています。
 政党支持率では支持政党なしが最もおおく58%、次いで自由党9%、元大統領アルバロ ウリベのセントロ デモクラティコが8%、与党政党Uが6%、保守党が6%、緑の党が4%、左派ポロ デモクラティコが3%、カンビオ ラディカルが2%となっています。
 世論調査は3月15日から20日にかけて11都市1700人を対象に行われています。




アムネスティインターナショナルがジャーナリスト殺害に抗議し、早急な事件解決を求める

 人権擁護団体アムネスティインターナショナルAIはチワワ州でジャーナリスト ミロスラバ ブレアチが殺害された事に抗議し、今週だけで2人今月3人もジャーナリストが殺害されているメキシコの状況に憂慮を表明しています。
 AIメキシコは国境なき記者団のデータを元に、メキシコはシリアとアフガニスタンに次いでジャーナリストに取って世界で3番目に危険な国であると指摘しています。
 AIメキシコの代表タニア レネアウムは、メキシコでは犯罪報道に携わる職業の特に危険な状況に置かれており、メキシコ政府による根本的な保護強化が必要であると述べています。
 木曜日の午前7時前、息子を学校に送るために家から出てきたジャーナリスト ミロスラバ ブレアチに1人の男が近づき、9mm口径の銃弾を8発浴びせています。撃たれたブレアチは病院に搬送されましたが、治療中に息を引き取っています。
 ミロスラバ ブレアチはチワワ州で政治腐敗や麻薬関連の取材を行っていました。

コロンビア領アラウキータ市に侵入したベネスエラ軍部隊が撤退


 日曜日、ベネスエラ軍部隊60人近くがコロンビア政府の許可なく国境を超えコロンビア領に侵入し、アラウカ県アラウキータ市ロス パハロス村に野営キャンプを設置していました。
 コロンビア大統領フアン マヌエル サントスは地元農民から訴えが来ていることを認め、すでにベネスエラ大統領ニコラス マドゥロが撤退命令を出していると発表しています。
 サントス大統領の発表後、ベネスエラ軍はキャンプの解体とベネスエラ アプレ州への撤回を開始しています。
 先ほどサントス大統領派ツイッターを通じ、コロンビア領に侵入したベネスエラ軍部隊がベネスエラ領に戻ったと発表しています。
arauca 「外務省と国防省の会議でベネスエラ軍部隊が侵入した現場へ外務省と国防省の専門委員会を派遣することが決定されました。外務省のリカルド モンテネグロが現場に赴き、ベネスエラ部隊がコロンビア領に駐屯している事を確認しました。両国の国境はアラウカ川によって隔てられていますが、ベネスエラ軍部隊はコロンビア側の川岸にキャンプ地を設営しています。」とコロンビア大統領府はベネスエラ軍部隊がコロンビア領に侵入して4日後に発表しています。
 コロンビアとベネスエラは外交対話を通じて国境地域の正常化を図ることで合意しています。一方、コロンビア軍は現地に部隊を派遣し、さらなる侵犯行為がないか調査を行っています。地元当局によれば、現地では地元住民たちによる集会が間もなく始まります。
 地元農民たちの証言によれば、ベネスエラ軍部隊はロス パハロス村の農場に侵入し、農民が栽培しているプラタノ(加熱調理用バナナ)を切り倒しキャンプ地を設営しており、作物に被害が出ています。
 アラウキータ市にベネスエラ軍部隊が侵入したのは今回が初めてではありません。昨年1月にもベネスエラ軍部隊がアラウキータ市に侵入し、発砲事件を起こしています。
 コロンビアとベネスエラは2200kmに渡り陸路で国境を接しています。2015年から2016年にかけて密輸・麻薬・治安問題を理由に、ニコラス マドゥロ大統領はコロンビアとの国境の閉鎖を命じていました。
 今回のベネスエラ軍部隊の侵入について、専門家はベネスエラ国内問題からベネスエラ国民の気をそらすためにマドゥロ政権が仕掛けた可能性が高いと見ています。



0-0-540-421強盗に襲われお金を持っていなかった若者が撃たれて死んだ コロンビア カリ市

 ホロ付き小型トラックでバジェ デル カウカ県の県都カリ市南西高速道路を移動していた時に強盗に襲われ撃たれて入院していたクリスティアン サラサール26歳が木曜日の午前1時に死亡しています。強盗事件が起きたのは火曜日です。
 強盗はサラサールに金を出せと脅しましたがサラサールは強盗が満足するだけの現金を所持しておらず、強盗に顔を撃たれて重傷を負っていました。
 サラサールと同伴者はカリ市のサンタ エレナ市場に牛肉の買い付けに向かう途中でした。同伴者は無傷です。
 昨日、カリ市警は強盗犯2人組の人相書きを公表すると共に、犯人逮捕に繋がる情報に1000万ペソ(約38万円)の懸賞金を懸けると発表しています。
 


nina4歳の幼女が強姦と虐待の末に殺された コロンビア アンティオキア県

 運びこまれた幼女を診察治療した医師の証言によれば、幼女の体には虐待と強姦された傷がありました。
 治安当局はアンティオキア県ベヨ市で発生した幼女暴行・強姦殺人事件の捜査を開始しています。
 幼女は病院の集中治療室で1週間治療を受けていましたが、助かりませんでした。
 ベヨ市高官ハイロ アラケによれば、幼女を強姦して殺害したのは幼女の家族の1人です。




脱獄した29人のうちの17人が再逮捕された メキシコ タマウリパス州

 アメリカ合衆国と国境を接するタマウリパス州の州都シウダ ビクトリアの刑務所で水曜日の夜に29人の囚人が脱獄しています。タマウリパス州治安担当広報官ルイス アルベルト ロドリゲス フアレスによれば、これまでに29人のうちの17人が再逮捕されています。
 広報官は記者会見の場で、脱獄囚たちは刑務所から深さ5m、長さ40mのトンネルを掘って脱獄したと説明しています。
 「囚人たちが自主管理していた場所で長期間かけて掘られたトンネルを使って29人の囚人たちが脱獄しています。」
 脱獄が発覚した水曜深夜から、州治安当局は大規模な捜索作戦を実施しています。
 脱獄後、残念なことに無関係の民間人1人が脱獄囚に殺害されたと広報官は明らかにしています。脱獄囚の1人が車を奪うために市民1人を撃ち殺しています。

ELN支援容疑で地域リーダーや人権活動家が逮捕された コロンビア ボリバル県南部

elnarchivo コロンビア警察はボリバル県南部地域などで複数の作戦を同時に実施し、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)テロ支援組織に協力した容疑で12人を逮捕したと発表しています。逮捕者の中には地域リーダーや人権活動家が含まれています。
 左派政党ポロ デモクラティコ党の上院議員イバン セペダによれば、逮捕命令はボリバル県の県都カルタヘナ市の法廷から発せられており、逮捕者はカルタヘナ市に送られる予定です。
 逮捕されたのは地域リーダーであるアレナル市在住のミレナ キロスや人権活動家イシドロ アラルコン 、フロロ エディルベルト ディアス ガンボア、マヌエル フランシスコ サベレタ、アリソリナ ロドリゲスです。
 社会リーダーの大量逮捕について、左派運動団体コングレソ デ ロス プエブロは、不法逮捕であると強調し、直ちに逮捕者を釈放するよう要求しています。
 その他の社会組織も司法によるファルソス ポシティボスであると、激しく非難しています。
 


54-PM犯罪組織ラ オフィシナの地域ボスが捕まった コロンビア メデジン市

 逮捕されたカルロス マウリシオ ソト イササ別名ソトは、犯罪共謀・強制移住・公文書偽造及び行使罪容疑で裁かれます。
 メデジン市長フェデリコ グティエレスは水曜日にツイッターを通じ、ラ オフィシナのボスの1人が治安当局によって逮捕されたと発表しています。
 検察と警察による合同作戦はアンティオキア県の県都メデジン市南東部ラ コリニタで実行されました。
 治安当局によれば、メデジン市コムナ5,6,10とベヨ市南西部とサン クリストバル区を縄張りとするラ オフィシナの下部組織オディン ピカチョのリーダーです。



519280_1麻薬関連容疑で43人が逮捕された コロンビア

 コロンビア警察はアンティオキア県ココルナ市・サン フランシスコ市・プエルト トリウンフォ市・メデジン市とカルダス県チンチナ市の36か所で一斉取り締まりを実施し歌手やパイロットや売春婦や犯罪組織ボスなど43人を逮捕しています。
 逮捕者の中にはマグダレナ メディオ地域で犯罪組織ラ オルナの麻薬密売に関わっていたレゲトン歌手ケニエルが含まれています。
 逮捕された売春婦通称ラ ガタは、客にマリファナを売っていました。
 このほかにも銃軍組織AUCの元メンバーや共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の元メンバーも含まれています。
 



新聞記者リカルド モンルイ殺害事件にジャーナリストたちが抗議 メキシコ ベラクルス州

 新聞記者リカルド モンルイ カブレラが殺害された翌日の日曜日の午後、ジャーナリストの一団がベラクルス市中心部で抗議行動を行っています。
 カブレラはヤンガ市のホテルから家族と出てきたところを待ち伏せされて殺害されています。
 ベラクルス市やカブレラの地元のコルドバ市のジャーナリストたちが、市庁舎前に集まり事件の早期解決を関係当局に求めています。
 また国家人権委員会もジャーナリスト殺害事件を非難し、公正な裁きを求める声明を発表しています。
 メキシコでは1997年から2015年までに75人のジャーナリストが殺害されており、そのうちの88%が未解決です。




クリアカン市警司令官がハチの巣に メキシコ シナロア州

 シナロア州の州都クリアカン市の警察司令官ヘスス アルベルト ロペス バルガスが警察署の外で銃殺されています。司令官は1月にも自宅前で10人の武装した集団に襲撃され、銃撃戦の末に負傷しつつも助かっています。
 仕事に復帰したばかりの司令官は、バチグアラト区のアエロプエルト通りを警察から支給されたピックアップトラックを運転していた時に武装集団に襲われ、警察署前まで逃げてきたところでハチの巣にされています。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ