音の谷ラテンアメリカニュース

コロンビアとメキシコを中心にラテンアメリカのニュースを適当に訳しています

警察官が嫁をナイフで刺し殺す 監視カメラが犯行を撮影 コロンビア ボゴタ市


 ロス マルティレス警察署に勤務する警察官助手が、嫁24歳を殺害しています。警察官はトゥンフェリト行政区にあるスーパーマーケットの中で妻を殺害しました。
 目撃者の証言によれば、通りで激しい口論をしていたカップルの女性がベネシア地区のスーパーマーケットに入り、男が店内に追いかけて入り殴っています。周りにいた女性たちが止めようとしましたが、男は女性をレジまで追いかけナイフで刺しています。
 犯行後男は逃亡しましたが、近隣住民が追いかけ通りをパトロールしていた警察官に通報し逮捕されています。
 2歳の息子を持ち妊娠をしていた女性は助かりませんでした。
 ボゴタ市警作戦司令官ダイロ プエンテス大佐はカラコルニュースの取材に対し、「犯行は個人的な物であり、職務には関係ありません。犯行時は私服でした。口論の末の犯行であり、夫婦間に問題があったと思われます。」と述べています。



dineroタクシーで運ばれていた17億1400万ペソが押収された コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市警察は、コムナ10でタクシーで運ばれていた大金17億1400万ペソ(約6623万円)を押収しています。
 大金はラス アカシアス地区の公道上で押収され、同時に53歳の男1人が逮捕されています。
 警察はカウカ県で行われている麻薬取引で作られたお金とみて捜査を進めています。
 マネーロンダリング容疑で逮捕された男は、カリ市第17特別検察に引き渡されています。



1484662422_536321_1484662523_noticia_normal11歳の少女を強姦した陸軍兵士が逮捕された コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 軍兵士に強姦された11歳の少女の母親の告発から3週間後の月曜日に、検察は軍兵士1人に逮捕命令を出しています。コロンビア陸軍は事件が起きたノルテ デ サンタンデール県ティブ市カニョ インディオ村の警備任務に就いていた5人の軍人に対し、法医学協会にDNAサンプルを提出させていました。
 「検察が収集したDNAサンプルと軍から提供された5種類のDNAサンプルを照合し容疑者を割り出しました。」と検察は報告しています。
 10年間軍人として勤務している兵士は14歳未満の児童を強姦したことを認めています。
 カニョ インディオ村があるカタトゥンボ地域はベネスエラと国境を接しており、共産主義ゲリラ組織Farc・ELN・共産主事麻薬組織人民解放軍(EPL)のほかに麻薬組織複数が存在しています。
 


68101-Principal片腕が切り取られた死体2体が見つかる メキシコ オアハカ州

 火曜日の朝、オアハカ州の州都オアハカ市から約15kmのサン ロレンソ カカオテペック市で、拷問の末に銃殺された死体2体が見つかっています。
 ラ カサウアテラと呼ばれる場所で見つかった死体は、パンツのみを着用しておりそれぞれ片腕が切り取られていました。  
 殺害されたのはベラクルス州に近いオアハカ州ロマ ボニート市生まれのオマルN38歳とミゲルN48歳の2人です。
 警察の調べによれば、2人は月曜日の夜にオアハカ市パトリア ヌエバ区で武装集団に拉致されていました。
 オアハカ州では先週末7人が殺害され、昨夜はサンタ クルス ソクソコトラン市でもハビエルNが殺害されています。




カンクン市の検察施設が銃撃され少なくとも1人が死亡 メキシコ キンタナ ロー州

 カンクン市スカレト通り沿いにあるキンタナ ロー州検察の施設が襲撃を受けています。
 第一報によれば、車で乗り付けた武装集団が検察の建物に対して銃撃と手榴弾による攻撃を行っています。これまでに死亡者1人、負傷者5人、逮捕者1人が出ていると報告されています。
 激しい銃声が聞こえる襲撃の様子はネット上にアップされています。

カンクン近くのビーチリゾートのクラブで銃撃事件 5人が死亡15人が怪我 メキシコ キンタナロー州


 キンタナ ロー州知事カルロス ホアキン ゴンサレスは、プラヤ デル カルメンにあるディスコ ブルー パロットで発生した銃撃事件は、2人の男の喧嘩が原因であったと発表しています。
 知事はフェースブックにアップした動画の中で、連邦・州・市警察が犯人逮捕と状況解明に向けた捜査を続けていると語っています。
1549_blue-parrot_620x350 5人の死亡者と15人の負傷者が出た発砲事件は、BPM国際ミュージックフェスティバルが行われていたディスコ ブルー パロットで起きています。
 「捜査によれば、2人の男が喧嘩を始め1人が銃を取り出して喧嘩相手を銃撃しています。そこにディスコの警備員が駆け付け銃撃戦となっています。この銃撃戦によりディスコにいた群衆がパニックとなり一斉に逃げだしました。この騒ぎの中で女性1人が群衆に押しつぶされて死んでいます。」と知事は説明しています。
 知事は事件発生を嘆き、犠牲者の家族に哀悼と連帯を表明しています。
 知事によれば、負傷した15人のうちの8人は既に回復していますが、1人が重体となっています。
 死亡したのはカナダ人Kirk Wilson,イタリア人Daniel Pessina、身元不明の25歳から30歳くらいの女性、メキシコ人と思われる身元不明の男性、メキシコ ベラクルス州ラファエル アントニオ ペニャロサ ベガ28歳です。
 これまでに銃撃事件の容疑者として3人が逮捕されています。




ゲレロ州チルパンシンゴ市の通りに放置された車の上に人間の頭部6個が置かれていた メキシコ

 ゲレロ州では正午までに10人の死体が見つかっています。
 チルパンシンゴ市では斬首バラバラ死体6体が見つかり、チラパ市では2か所で4人の男性が殺されています。
 今朝、チルパンシンゴ市プログレソ区カジェ プロロンガシオン ニコラス ブラボの脇に放置されたフォード車製エコ スポーツの上に人間の首6個が置かれていました。
 警察発表によれば、午前9時近くに黒いビニール袋に入れられ車の屋根の上に乗せられた死体が見つかっています。
 現場には警官隊と検察捜査チームが派遣されています。
 チラパ市アマテ アマリージョ村では男性2人の射殺体が見つかっています。アマテ アマリージョ村チラパ市とチルパンシンゴ市を結ぶ街道上に位置しています。
 現場検証を実施した州検察は、9mm口径のピストルの薬莢6個を現場から回収したと発表しています。
 同じくチラパ市アウイウイユコ村でも民家内から死体2体が見つかっています。
 ゲレロ州治安当局広報官ロベルト アルバレス エレディアは、これらの殺人は縄張りをめぐって争く麻薬犯罪同士の抗争事件であろうと指摘しています。
 「これら3件の殺人事件は犯罪組織同士の抗争によるものと推測しています。検察は捜査を通じて犯人逮捕と司法による裁きを追及していきます。」



chaparralナバス パルド空港の支配人が警備員に射殺された コロンビア トリマ県

 トリマ県チャパラル市にあるナバス パルド空港の支配人ハメス カンポス アルシアが、激しい口論の末に空港警備員に射殺されています。警備員は会社から支給された銃器を取り出し、支配人に向けて2発発砲しています。
 治安当局は発砲後に逃げだした警備員の行方を追っています。チャパラル市警察は会社内での諍いが殺人事件に発展したものとして捜査を進めています。
 空港支配人の息子ディエゴ フェルナンド カンポスは、「空港内で死んでいますし、喧嘩の末の殺人だと思います。しかし今はそれ以上分かりません。」と語っています。



gobernador-kiko-gomez元ラ グアヒーラ県知事キコ ゴメスに禁固55年の有罪判決 コロンビア

 ボゴタ市第8特別法廷はラ グアヒーラ県の元知事フアン フランシスコ キコ ゴメスに禁固55年の有罪判決を言い渡しています。
 ゴメスは2013年10月に重大殺人・殺人未遂・違法銃器製造輸送所持容疑で逮捕されています。
 ゴメスに殺害されたのはラ グアヒーラ県バランカス市の元市長ヤンドラ ブリトと夫のエンリー ウスタリスと運転手ウィルフレド フォンセカの3人です。事件は2008年4月2日にフォンセカ市とバランカス市を結ぶ公道上で起きています。
 裁判官は禁固55年以外にも20年間公職に就くことと、自宅拘禁の禁止を命じています。
 検察は裁判でキコ ゴメスと麻薬ボス マルキトス フィゲロアの癒着とマルキトス フィゲロアの手下が実行犯であることを明らかにしています。

ブラジルの刑務所で犯罪組織同士の抗争事件 26人が殺された


 大量殺人事件が続くブラジルの刑務所で少なくとも26人が殺害されるという事件が起きています。ナタル刑務所で発生した犯罪組織同士による抗争事件は、土曜日から始まり日曜日の朝まで続いています。
000-k048e 土曜日の午後4時30分、リオグランデ デ ノルテ州ナタル市にあるエスタドゥアル デ カルカクス刑務所に収監されていた囚人グループが、別の棟に収監されていた対立組織のメンバーたちに対する襲撃を開始しています。
 事件開始から14時間が経過した日曜日になって、ようやく軍警の装甲車が刑務所内に入り鎮圧作戦が始まっています。刑務所が治安当局の管理下に収まったのは、鎮圧開始から2時間後でした。
 殺害された囚人の多くは斬首・バラバラにされており身元確認作業が難航しています。州政府は死体の搬送のために冷蔵車をレンタルしています。
 州政府は最初27人が死亡したと発表していますが、のちに26人に訂正されています。
 州司法責任者ワルベル ビルゴリノは、事件を起こした主人グループのリーダー格6人を特定しており、連邦刑務所への移送を要請していると発表しています。





赤十字施設で医療スタッフ2人と警察官が殺された メヒコ州

 メヒコ州ネツァワルコヨトル市にある赤十字施設で女性医療スタッフ2人と警察官1人が殺害されています。
 事件は土曜日の夜にボルド デ ソチアカ通りとクアウテモック通りの交差点にある赤十字基地で発生しています。
 州治安当局の発表によれば、医療スタッフ ノルマ アンヘリカ バスケス ベセリルとビルヒナ エルナンデス ガルドゥニョからの最後の連絡は午後10時5分で、問題は発生していないというものでした。
 その25分後、赤十字基地で女性2人と基地に常駐していた警察官1人が殺害されたという報告が入っています。3人は銃で撃たれて殺害されています。
 メキシコ赤十字は女性スタッフ殺人事件を非難するととに、残された家族に対する支援を表明しています。3年以上赤十字で働いていた2人の女性には、小さな子供が3人います。



desmembrados2-266x200カリ市で女性のバラバラ死体が見つかる コロンビア バジェ デル カウカ県

 最初に発見されたのは胴体で、その後頭部と手足が胴体から数メートル離れた場所に放置されていたバッグから見つかっています。
 女性のバラバラ死体は土曜日の午後、カリ市南西部アルト ナポレス地区の競技場近くで見つかっています。
 警察によれば、発見されたバラバラ死体には燃やそうとした跡が残されていました。
 バジェ デル カウカ県の県都カリ市では今年これまでに5人の女性が殺害されています。昨年170以上の女性が殺害されているバジェ デル カウカ県では今年6人の女性が殺害されています。



mujer-capturada140117銃器と麻薬を所持したELN女ゲリラが捕まった コロンビア ナリニョ県

 エクアドルと国境を接するナリニョ県サマニエゴ市で警察が実施した作戦により、ピストル2挺とコカインの元となるコカベース29,25kgを所持していた女1人が逮捕されています。
 逮捕されたのはナリニョ県で活動するELNゲリラ戦線の財政担当組織に所属していると推測されるルセロ ロウルデス メネセス ロセロ37歳です。
 コロンビア政府とELNは昨年10月27日から和平交渉を開始する予定でしたが、元国会議員オディン サンチェスの解放をめぐって折り合いがつかず延期されています。
 先週金曜日、和平交渉の正式開始を模索する会談がエクアドルで行われました。 

コロンビア政府とELNの和平交渉開始に向けた接触は継続される 

587a531f3d5fa コロンビア政府とコロンビア第2の共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)がエクアドルで和平交渉開始に向けた予備交渉を行いました。
 「本日ELN代表団と有意義な会談を持ちました。早急な和平交渉の開始を期待します。」とコロンビア政府和平交渉団団長フアン カミロ レストレポはツイッターで語っています。
 一方、ELNは、「今日の会談がポジティブな雰囲気の中で終わった。対話は継続される。」と発表しています。
 コロンビア政府とELNの会談は秘密裏に実施され場所などの詳細も明かされていませんが、複数のメディアはエクアドル北部のイバラ市で実施されたと報道しています。
 和平交渉は当初昨年10月27日から開始される予定でしたが、ELNが8か月前から人質としている元国会議員オディン サンチェスの解放をめぐり延期されています。
 オディン サンチェスは昨年4月にELNの拘束中に健康を害した弟の元チョコ県知事パトロシニオの身代わりとしてELNの人質となっています。
 ELNは12月31日にサンチェスの生存証明動画を公開しています。



IMAGEN-16791905-2吊り橋の崩落で重体となっていた7歳女児が死亡し、犠牲者数が9人に コロンビア メタ県

 金曜日の午後1時、カレン ソフィア アコスタの心臓は鼓動を止めています。7歳女児はビジャビセンシオ市郊外エル カルメン村で発生した吊り橋崩落事故の犠牲者で、4日間の生死を懸けた戦いの末に息を引き取っています。7歳女児を含め吊り橋崩落事故の死亡者数は9人に上っています。
 カレン ソフィアはビジャビセンシオ市のメタ県病院に集中治療室に収容されていました。
 県病院には吊り橋崩落事故の負傷者6人が収容されており、重体患者も複数含まれています。
 ダビド カミロ バケロ5歳とラウラ ダニエラ バルナル12歳が児童病棟の集中治療室に、イスナルド エスピネル フローレスが成人病棟の集中治療室に収容されています。
 

 
operativo_playa_blanca_8去年コロンビアから約3万4000人が国外追放になった

 昨年コロンビアから約3万4000人の違法滞在者が国外追放となり、前年2015年の4倍となったとコロンビア入管当局は発表しています。国外追放者の多くはハイチ・キューバ・インド人です。
 「2016年3万3981人の違法滞在者が入管当局によって摘発されました。違法滞在者は2000ドルから2500ドルを支払いコロンビアを通り抜けようとしていました。」
 摘発されたのはハイチ人1万366人、キューバ人8167人、インド人874人、コンゴ人570人、ネパール人553人です。
 「陸路で中米・北米を目指す移民すべてがコロンビア領を通過することになります。」とコロンビア入管当局責任者クリスティアン クルヘールは述べています。
 


Bertaホンジュラスの環境保護活動家ベルタ カセレス殺人事件の容疑者の1人がメキシコで捕まった

 メキシコ国家安全保障委員会(CNS)はホンジュラス人環境保護活動家ベルタ イサベル カセレス フローレスを殺害した容疑者の1人エンリー ハビエル エルナンデスを逮捕したと発表しています。
 容疑者はタマウリパス州レイノサ市でメキシコ連邦警察・軍・入管当局の合同作戦で逮捕されています。
 ベルタ カセレスは2016年3月3日にホンジュラスの首都テグシガルパ市から約180kmのラ エスペランサ市にある自宅で、武装集団に殺害されています。
 逮捕者にはインターポールから逮捕命令が発令されていました。 

アトレティコナシオナルのディフェンダー ファリド ディアスが強盗に襲われる コロンビア セサール県

fariddiaz200716afpe FIFAクラブワールドカップで鹿島アントラーズに負けたサッカーチーム アトレティコ ナシオナルのディフェンダー ファリド ディアスが、休暇を過ごしていたセサール県の県都バジェドゥパール市ビジャ ミリアム地区で強盗に襲われています。
 セサール県生まれのファリド ディアスは今日の正午頃、チームの本拠地であるアンティオキア県の県都メデジン市に向かう準備をしていた時に被害にあっています。
 ファリド ディアスが両親の家から出ようとした時にバイクに乗った2人組が現れ、38口径のリボルバー拳銃を取り出し金品を差し出すよう脅し、結婚指輪と携帯電話を奪って逃げています。
 今現在ファリド ディアスのコメントはありません。



diputado-jorge-rosales国会議員ホルヘ ロサレスが強盗に襲われた コロンビア バランキージャ市

 木曜日の午後7時頃、アトランティコ県の県都バランキージャ市で国会議員ホルヘ ロサレス ステールが強盗の被害を受けています。事件はレクレオ地区カジェ61と43番通りの交差点にあるスポーツジムの駐車場で起きています。
 国会議員の証言によれば、車に乗り込もうとした時に麻薬を摂取したと思われる男が現れ銃を突きつけられています。
 「100万ペソ(約3万8000円)相当のアクセサリーと40万ペソくらい入った財布が奪われました。男はバイクに乗って待っていた仲間と逃げています。」と証言しています。



C2EN1P2WEAEktLWELNゲリラ部隊が軍のヘリコプター2機を銃撃 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 コロンビア政府とコロンビア第2の共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が和平交渉に向けて会談を行うその日に、ELNゲリラ部隊による襲撃事件が発生しています。
 ノルテ デ サンタンデール県カタトゥンボ地域エル タラ市で、対麻薬作戦に参加していたコロンビア軍のヘリコプター2機が銃撃を受けてたと国防相ルイス カルロス ビジェガスが発表しています。
 「ヘリコプター2機が銃撃を受け1機に銃弾が命中していますが、人的被害はありませんでした。」
 ELNは昨年12月にもボゴタ市北部トルカ地区で警察官を殺害し4人を負傷させています。ELN都市ゲリラ部隊は最初警察官1人を殺害しその死体の下に爆弾を仕掛け、仲間の警察官が近づいてきた時に爆発させています。



sitpボゴタ市でバス事故 2人が死亡36人が怪我 コロンビア

 公共交通統合システム(Sitp)のバスが事故を起こし、2人が死亡36人が負傷しています。事故を起こしたバスの運転手の証言によれば、ボゴタ市南部サン クリストバル地区でブレーキ故障が発生しバスのコントロールを失い、標識と民家に衝突しています。
 「衝撃を感じて窓の外を見るとSitpのバスがぶつかっていました。すぐさま転がっていた石でバスの窓ガラスを破壊し、負傷者の救助を始めました。」と近隣住民の1人は証言しています。
 事故後、ベジャビスタ救急隊基地から救急隊が駆け付け、救助活動を開始しています。



67714-Principal誘拐された一家8人が無事救出され、17歳の未成年者4人を含む7人の誘拐団が検挙された メキシコ ゲレロ州

 ゲレロ州政府はイグアラ市トゥスパン村で誘拐された一家8人を無事救出したと発表しています。
 州治安当局の発表によれば、警官隊が人質を乗せた小型トラック発見停車させています。
 誘拐団は警官隊に向けて発砲し銃撃戦が始まりましたが、警官隊は未成年者2人を含む男性4人と女性4人の人質を救出し、誘拐団メンバー7にんを逮捕しました。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ