73756 木曜日の夜、スリア州カビマス市で12歳の少女が携帯電話強盗に撃ち殺されています。
 銃弾1発を撃ち込まれて即死したのはグレシア デ ロス アンヘレス ビジャ オルテガノです。
 オブレロ地区カジェ バラルトにある自宅前で少女が隣人のセバスティアン ホセ リンコン ディアスと携帯電話を使っていた時に2人組の強盗が現れ携帯電話を渡すよう脅しています。
 地元紙La Verdaの報道によれば、少女とセバスティアンは強盗から逃げようとして撃たれ少女が即死し、セバスティアンは胸部を撃たれて銃弾は肺を撃ち抜いています。
 セバスティアンは病院に運ばれ手術を受けていますが、危篤状態となっています。
 近隣住民の訴えによれば、最近犯罪が多発しているにもかかわらず治安部隊は不在で、オブレロ地区周辺は危険地帯となっています。



asesinan-a-pescadores-en-maracaibo-696x464出漁中の漁師7人が銃殺される ベネスエラ マラカイボ湖

 金曜日の午前3時頃、スリア州マラカイボ市とミランダ市に挟まれたマラカイボ湖で漁をしていた漁師グループが湖の海賊と呼ばれる武装集団に襲撃されています。銃撃を受けた漁師7人が湖の落ちていますが、これまでに見つかった遺体は5体だけです。
 金曜日、レオナルド ヤマルテ44歳、エルナンド ホセ オリバレス25歳と未成年者の甥の3人の遺体がサンタ ロサで見つかり、同日フアン ガブリエル モレロ ブラチョ40歳の遺体が別の場所で見つかっています。
 昨日土曜日の朝、サンタ リタ市ラス カブリアス地区沖に浮いていたビクトル イヒニオ サンチェス39歳の遺体が回収されています。
 当局は残り2人レイナルド ドマドールとサムエル オリバレスの遺体の捜索を続けています。
 強盗たちは7人を殺害し漁師たちが乗っていた船を奪って逃亡しています。船は家族や友人たちの捜索によりサンタ リタ市近くで見つかっていますが、船外機やその他機器は無くなっていました。



image_content_29239842_20170813083314ナリニョ県で37家族が難民に 国連が告発 コロンビア

 国連人道問題調整事務所 (OCHA)はナリニョ県バルバコアス市テラインベ村の住民37家族が、違法武装組織の脅迫と威嚇により自宅を追われていると告発しています。
 OCHAの報告によれば、37家族92人は8月8日からバルバコアス市の市街地の親せき宅や友人宅に避難しています。
 テラインベ村には武装組織の威嚇により移動を制限され取り残されている人たちが存在しているとOCHAは報告しています。
 バルバコアス市当局は3日間にわたり避難民に食料を供給し、ナリニョ県政府は15日から22日までの食糧の提供を約束しています。



colp_139804_76c9fタクシー運転手たちとウーバー運転手たちが乱闘 コロンビア ボゴタ市

 日曜日の深夜、ボゴタ市カジェ122と北高速道路の交わる場所で、数十人のタクシー運転手とスマホのアプリを利用し自家用車をタクシーとして提供するウーバーの運転手たちが乱闘となっています。
 この乱闘により警察官2人とタクシー運転手2人が負傷し病院に搬送され、タクシー運転手が器物破損容疑で逮捕され、自家用車数台が壊されています。
 タクシー運転手たちの証言によれば、騒ぎはタクシー運転手たちがカジェ85よと15番通りの交差点にあるエル ビレイ公園に集結し、当局にウーバーの取り締まり強化を求める集会を開催した事により始まっています。
 その場にウーバー運転手たちがやって来て通り過ぎざまにタクシー運転手たちを侮辱する発言をしています。すぐさま約30台のタクシーが追跡を始め、カジェ122と北高速の交わる場所で乱闘を始めています。
 ウーバー側は約10台が集まり車から降りてタクシー運転手たちと乱闘を始めています。
 現場には警官隊が派遣され騒ぎを鎮めようとしましたが、2人の警察官が負傷しています。警官隊は威嚇発砲をして騒ぎを鎮めようとしましたが、騒ぎは1時間も続いています。
 運転手たちはこん棒や石を使用ており、監視カメラにはタクシー運転手たちがウーバーの自家用車を破壊する様子が撮影されています。