名南経営 大津章敬のいい会社を作るための人事労務管理

名南経営 人事労務コンサルタント 大津章敬公式ブログ

働き方セミナー 社会保険労務士の仕事は、経済環境に大きく影響を受けます。リーマンショック後は、頻発する労働トラブルへの対応やそれを防止するためのリスク対応型就業規則、そして雇用調整助成金などのニーズが高まりました。しかし、あれから10年が経過し、企業を取り巻く環境は完全に様変わりしました。

 いまやバブルを超える人材不足の状態となっており、安定的な人材確保ができない企業は事業継続さえも難しい時代になってきています。またここ数年続けられている働き方改革も、いよいよ法整備の段階となっており、今後、過重労働対策と同一労働同一賃金という2本柱を中心として、その具体的な対応が求められています。

 社会保険労務士は50年前の制度創設より、社会保険制度の普及を進め、社会に安心を提供してきましたが、今後は、人事労務管理の最適化を通じて、企業の存続発展を支援するコンサルとしての役割が期待されます。そこで今回のセミナーでは、深刻な人材不足と働き方改革という大きな環境変化の中で、社会保険労務士が推進すべき提案の具体策についてお伝えします。


バブルを超える人材不足と働き方改革で環境は激変!
働き方関連法案の影響と社労士が行うべき人事労務コンサルの提案・実務
~過重労働対策、同一労働同一賃金、人事制度改革などのニーズに対応する方法~
講師:大津章敬
 社会保険労務士法人名南経営 代表社員/株式会社名南経営コンサルティング 取締役
労働時間制度改革への対応において社労士が果たすべき役割
働き方改革関連法からどのような提案を行うべきか
2つの最高裁判決により本格的対応が求められる同一労働同一賃金
かつてないレベルでニーズが高まる人事制度改革
社労士の歴史の中でももっとも強烈な追い風が吹く激動期への対応
日本人事労務コンサルタントグループの活動紹介

[日時および会場]
札幌会場
2018年9月11日(火)13:30-16:30
北海道立道民活動センター かでる2.7(札幌)
仙台会場
2018年9月12日(水)13:30-16:30
ハーネル仙台(広瀬通)
東京会場
2018年8月9日(木)13:30-16:30
名南経営コンサルティング 東京支店(日比谷)
名古屋会場
2018年7月13日(金)13:30-16:30
名南経営コンサルティング 本社(名古屋駅)
大阪会場
2018年7月27日(金)13:30-16:30
名南経営コンサルティング 大阪支店(淀屋橋)
高松会場
2018年8月29日(水)13:30-16:30
高松商工会議所(高松駅)
広島会場
2018年10月29日(月)13:30-16:30
RCC文化センター(銀山町)
福岡会場
2018年10月2日(火)13:30-16:30
名南経営コンサルティング 福岡支店(博多駅)
※開催都市等追加の可能性あり
※全会場、同日に 何もしなくてもコンテンツが毎週自動更新される!社労士向けホームページ作成システム活用セミナー を開催します。こちらも是非ご参加ください。
https://www.lcgjapan.com/seminar/2017hpsys/

[受講料]
3,000円(税別)
※セミナーの中で日本人事労務コンサルタントグループの紹介をさせていただきますので、通常より安い料金設定になっております。
LCG会員のみなさまは後日、会員専用サイトで無料配信を予定しています。

[お申し込み]
 本セミナーの詳細およびお申し込みは以下よりお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/2018hatarakikata/


法人設立手続き 5月14日の日本経済新聞に「法人設立手続き、ネットで一括 起業を後押し」という記事が掲載されました。これは 日本経済再生本部の「法人設立手続オンライン・ワンストップ化検討会」で検討されているものですが、今後、マイナンバーカードとマイナポータルを活用し、法人設立手続きをオンラインのワンストップで24時間以内にできるようにするというもの。

 画像は今月末に佐賀県社会保険労務士会で講演する際に使用するスライドですが、このような計画になっています。2019年度には登記後の手続のワンストップが実現し、2020年度中には登記手続も含めた全手続のワンストップが実現する方針。

 いよいよマイナンバーの利便性が実感できる時代がやってきそうです。

参考リンク
日本経済再生本部「法人設立手続のオンライン・ワンストップ化に向けて(案)(2018/3/29)」
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/hojinsetsuritsu/dai8/siryou.html

富山 最近、各地の社労士会での講師を積極的にお受けしていますが、富山県社会保険労務士会でも講師を担当することになりました。富山会のみなさんには本日、通知が郵送されるとのことですので、是非お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
※写真は1年半ほど前に富山を訪れた際に撮影した富山地鉄と立山連峰
富山県社会保険労務士会 平成30年度第1回必須研修会
急速に変化する社労士業務と働き方改革提案の具体的方法
~50周年を迎え、大きく変化が求められる社労士業務とその対応
日時:2018年6月7日(木)午後1時30分~午後5時
講師:大津章敬 社会保険労務士法人名南経営 代表社員
会場:富山県市町村会館 2 階 ホール
 今年、社会保険労務士制度は50周年を迎えますが、ここから数年間は社労士にとってかつて経験したことがない強烈な逆風と追い風が同時に吹く激動期となります。電子申請の進展や規制緩和による独占業務の見直しなど、手続き業務については逆風が吹く一方、働き方改革の進展やそれに関連する多くの法改正、そして労働力人口の減少による深刻な人手不足などにより、いまや人事労務管理は企業経営の中でももっとも重要なテーマとなっており、その分野での社労士の役割は大きくなる一方です。そこで今回の研修では、我々社会保険労務士がいま、そして今後数年において推進すべき提案の具体策についてお伝えします。
デジタルファースト時代を迎え、急速に電子化が進む手続き業務
規制改革会議で議論される社労士の独占業務の見直し
今後数年間、社労士のメイン業務となっていく働き方改革への対応と提案
  ~労働時間規制、同一労働同一賃金を中心に
残業代削減ではなく、労働時間自体を削減するための社労士としての実践提案
バブルを超える人手不足時代にニーズが高まる人事制度改定の提案と実践
50周年を迎え、経営者の真のパートナーとしての役割が期待される社労士

このページのトップヘ