名南経営 大津章敬のいい会社を作るための人事労務管理

名南経営 人事労務コンサルタント 大津章敬公式ブログ

人事制度本 8月25日に発売された最新刊「人が育って定着する 中小企業の「人事評価・賃金制度」つくり方・見直し方」ですが、本日増刷となりました。ありがとうございます。人事制度見直しの手順について非常に分かりやすく解説しておりますのでぜひお買い求めください!
人が育って定着する 中小企業の「人事評価・賃金制度」つくり方・見直し方
著者:大津章敬
ページ数:240ページ
出版社:日本実業出版社
ISBN-10:4534054181
ISBN-13:978-4534054180
発売日:2016年8月25日

[購入]
 amazonでの購入は以下よりお願いします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534054181/roumucom-22

豊田商工会議所 今週の木曜日、豊田商工会議所で人事制度に関する以下のセミナーを開催します。ネットでは受付していないとのことですので、ご興味のある方は豊田商工会議所まで直接ご連絡をお願いします。
人材不足に負けない!!人が定着し育つ人事制度改革のポイントと進め方
日時:平成28年12月1日(木)13:30-15:30
会場:豊田商工会議所
 日本は、これまでの働き方を見直す時期に差し掛かっています。いわゆる「働き方改革」。多くの企業で人手不足が課題となるなか、人事制度を見直そうという機運が高まっています。そのテーマは「安心して社員が頑張ることができる環境をつくること」。そのためには採用された社員が定着し、効果的に育つ仕組み、人事制度の構築が不可欠です。「安心感」を醸成し、社員の定着と活躍を促進する人事制度の構築法をお伝えします。
深刻な人材不足で変わる人事労務管理
退職理由から逆算して考える「人材の定着」
基本給制度のコツ
家族手当改革から考える諸手当の見直し
人事評価制度と社員の満足度
重要性増す「正社員以外」の人事制度
人材育成や非正規従業員の処遇改善で活用できる助成金制度

 なお、受講料は無料です。開催間近ですが、多くのご参加をお待ちしています。
参考リンク
豊田商工会議所
http://www.toyota.or.jp/

「選考時に重視する要素」の上位5項目 新卒採用の際、学生にどのような能力を求めているのかは、企業が感じている若手社員の課題の裏返しであると見ることができるでしょう。そこで今回は経団連の「2016年度新卒採用に関するアンケート調査結果」から、その調査結果を紹介したいと思います。なお、この調査は経団連企業会員1,339社を対象に実施されたもので、回答数は709社(回答率52.9%)となっています。

 これによれば、選考時に重視する要素の上位15項目は以下のようになっています。
1位 コミュニケーション能力 87.0%(+1.4%)
2位 主体性 63.8%(+3.7%)
3位 協調性 49.1%(+2.7%)
4位 チャレンジ精神 46.0%(▲8.0%)
5位 誠実性 43.8%(▲0.6%)
6位 ストレス耐性 35.5%(-)
7位 責任感 24.2%(▲3.3%)
8位 論理性 23.6%(▲3.6%)
9位 課題解決能力 19.7%(-)
10位 リーダーシップ 16.6%(▲3.9%)
11位 柔軟性 14.7%(▲2.1%)
12位 潜在的可能性(ポテンシャル) 14.6%(▲6.2%)
13位 信頼性 14.3%(+1.7%)
14位 創造性 12.1%(▲2.1%)
15位 専門性 9.9%(▲0.8%)

 図表のグラフは上位5項目の推移となっていますが、2001年頃には拮抗していたこれらの項目のうち、「コミュニケーション能力」と「主体性」を強く求める傾向が明確になり、「コミュニケーション能力」は13年連続で第1位、「主体性」は7年連続で第2位となっています。

 近年、スマホやSNSの普及により学生のコミュニケーションのあり方は大きく変化しており、企業の中で様々なギャップが顕在化しています。コミュニケーションは組織運営の基本であることから、その改善に向けた取り組みが入社後も重要になるでしょう。
参考リンク
経団連「2016年度新卒採用に関するアンケート調査結果」
http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/108.html

このページのトップヘ