名南経営 大津章敬のいい会社を作るための人事労務管理

名南経営 人事労務コンサルタント 大津章敬公式ブログ

obic 先日ご案内した11月8日に名古屋で開催するオービック様主催セミナーですが、早くも満席・受付終了となりました。多くのお申込みをいただき、ありがとうございました。改正労働基準法に関するセミナーは来年にかけて各地で開催することになりそうですので、またどこかでご参加ください。会場でお待ちしております。
オービック情報システムセミナー2017年秋 【名古屋会場】
2019年4月施行が確実視される「改正労働基準法」で企業の労働時間管理はこう変わる!
~労働時間上限規制、年次有給休暇強制取得など重要論点と企業に求められる具体的対応
日時:2017年11月8日(水)午前9時20分~午前10時50分
講師:大津章敬 社会保険労務士法人名南経営 代表社員
会場:オービックコミュニケーションプラザ(名古屋・栄)
 2015年以来、継続審議となっている改正労働基準法ですが、働き方改革の追い風を受け、2019年4月に改正が行われることがほぼ確実な状勢となってきました。今回の改正では、年720時間といった残業時間の上限規制や、最低年5日の年次有給休暇の取得義務化など、過重労働対策が強力に進められることになります。今回はその最新情報と影響、そしていま企業に求められる具体的対応について、わかりやすく解説します。

早稲田 私が所属する社会保険労務士稲門会では、毎年、早稲田大学で学生向けに行っている支援講座「労働・社会保険実務概論」を開講しています。今年で10年目の取り組みとなるこの授業ですが、私もここ数年は毎年、登壇しています。

 先日、担当する回があり、学生向けに授業を行ってきたのですが、話しながら例年とは異なる想いが浮かんできました。対象は現役の学生(1年生から5年生)でしたが、私が学生時代には生まれていなかったこの若い世代の後輩たちが今後出て行く社会は、これまでとは大きく異なり、生涯のうちに何回かはキャリアチェンジが必要になるのだろうと感じ、そんなこれからの時代のキャリアの作り方について急遽時間をとって話を行いました。

 これからの時代は良い意味で、キャリアには柔軟性がないと、環境変化の中で、むしろ行き詰ってしまうことになるリスクが高いと感じています。25年前の私もそうでしたが、学生はどうしても自分のキャリアを運命のように決め付けてしまう傾向が見られます。そこからパワーが生まれるというメリットもありますが、やはり自分の立ち位置を少し俯瞰して眺め、複数のキャリアを並行して進めるくらいがちょうどよい時代になるのではないかと思います。

 私も逃げ切り世代ではありませんので、この辺りで自分のキャリアを一旦総括し、課題を洗い出してみようと思っています。
※写真は第1講の三重県社労士会会長 若林先生の授業風景


参考リンク
社労士稲門会
http://sr-waseda.net/


名古屋商工会議所 名古屋商工会議所では、会報誌「那古野」を発行していますが、今回、その2017年9・10月号の「中小企業経営者のためのお役立ちシリーズ」の第4回「今年度中に対応が求められる有期契約従業員の無期転換対応」という記事を寄稿しています。

 名商会員企業のみなさんは是非、ご覧ください。

参考リンク
名古屋商工会議所「那古野」
http://www.nagoya-cci.or.jp/koho/nagoya.html

このページのトップヘ