名南経営 大津章敬のいい会社を作るための人事労務管理

名南経営 人事労務コンサルタント 大津章敬公式ブログ

kiso2017L 現在、各地で開催しております「これから人事コンサルを始める社労士のための人事制度構築[超基礎]講座」ですが、その反響にお応えし、来年2月に東京と名古屋、3月に熊本と鹿児島の日程を追加しました。お近くのみなさんは是非ご参加ください。特に熊本と鹿児島には数年ぶりのセミナー開催となりますので、是非お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
※LCGメンバーの皆さんには後日、映像または音声を無料で視聴いただけるようにする予定

これから人事コンサルを始める社労士のための人事制度構築[超基礎]講座 2017-2018
~人事制度構築は人材不足時代に求められる社労士の基本サービス~
講師:大津章敬
     株式会社名南経営コンサルティング 執行役員人事労務統括
     社会保険労務士法人名南経営 代表社員
 最近は企業を訪問すると、採用に苦戦しているという相談を受けることが多いのではないでしょうか?このような人材不足の時代には、既存社員の定着促進と効果的な人材育成が不可欠になることから、人事制度の構築ニーズが大きく高まります。また現在進められている働き方改革の中では、労働時間制度、雇用制度、人事制度を多面的に見直すケースも増加することになるでしょう。こうした環境の変化から、今後の社労士にとって人事制度構築は、基本サービスの一つとなっていくことが確実です。

 しかし、人事コンサルという分野は多くのみなさまにとって「敷居の高いもの」であるようです。そこで、そうしたコンサルティング未経験のみなさまを対象に「これから人事コンサルを始める社労士のための人事制度構築[超基礎]講座」を開催いたします。この講座では人事コンサルで取り扱う資格等級制度、賃金制度、賞与制度、退職金制度、人事評価制度の全体像を掴むことを目的に、最低限知っておきたい人事コンサル業務の基礎について分かりやすくお伝えします。3号業務実施のきっかけにしていただければ幸いです。
人事コンサルってなにを行っているの?
人事制度構築の全体スケジュールと進め方のポイント
最低限知っておきたい専門用語・基礎知識-ベアと定昇、昇格と昇進、モデル賃金の使い方など
人事コンサルで取り扱う各分野の全体像を掴もう!
働き方改革が迫る人事雇用制度の見直し
日本人事労務コンサルタントグループの紹介

[日時および会場]
金沢会場
日時:2017年11月1日(水)午後1時30分~4時30分
会場:金沢勤労者プラザ(金沢市北安江)
大阪会場
日時:2018年1月24日(水)午後1時30分~4時30分
会場:名南経営大阪事務所(淀屋橋)
高松会場
日時:2018年1月29日(月)午後1時30分~4時30分
会場:サンポートホール高松(高松市)
東京会場
日時:2018年2月2日(金)午後1時30分~4時30分
会場:名南経営東京事務所(日比谷)
名古屋会場
日時:2018年2月5日(月)午後1時30分~4時30分
会場:名南経営本社(名古屋駅)
熊本会場
日時:2018年3月27日(火)午後1時30分~4時30分
会場:くまもと県民交流館パレア(熊本市中央区)
鹿児島会場
日時:2018年3月28日(水)午後1時30分~4時30分
会場:サンプラザ天文館(鹿児島市東千石町)

※いずれも同日午前に「何もしなくてもコンテンツが毎週自動更新される!社労士向けホームページ作成システム活用セミナー」を開催します。こちらも是非ご参加ください。


[受講料]
3,000円(税別)
※セミナーの中で日本人事労務コンサルタントグループの紹介をさせていただきますので、通常より安い料金設定になっております。

[お申し込み]
 以下よりお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/2017consul/

1
  求人難が続いていますが、今朝発表になった10月分の有効求人倍率は、前月比0.03ポイント増の1.55倍となりました。画像は1963年からの有効求人倍率をグラフ化したものですが、これを見れば分かるとおり、リーマンショックの雇用危機から文字通りのV字回復をし、既にバブルのピークを軽く超えるような状況となっています。

 新規求人倍率は有効求人倍率の先行指標となりますが、その10月の値は前月比0.10ポイント増の2.36倍となっており、まだまだ有効求人倍率は上昇しそうな気配を見せています。安定的な事業運営のためには人材の定着を進めることがなによりも重要な状況となっています。

参考リンク
厚生労働省「一般職業紹介状況(平成29年10月分)について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000186006.html

講演 社労士法人の代表として最近嬉しいことが続いています。それは弊社のメンバーがプロとして認められる場面が増えていることです。まずは書籍の出版。従来は、私や同じく社労士法人の社員である服部に出版の話があり、それをメンバーに担当してもらうといった形が中心でしたが、最近はメンバーに直接、執筆依頼が入ることが多くなりました。9月に福間みゆきが出版した「医療&介護 職場のルールBOOK」もその一つでしたが、来年には同様の経緯の書籍が複数出版される予定となっています。
医療&介護 職場のルールBOOK
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870586592/roumucom-22

 そしてもう一つの事例が、各地の社労士会からの講演依頼です。どこの世界でももっとも評価が厳しいのが同業者というのは同じだと思いますが、最近、宮武貴美が大分県社労士会で研修を行ったのに続き、他の複数のメンバーにも全国各地の社労士会から講演依頼が入っています。現在内定しているものも含めれば、社労士会で講演経験があるメンバーは6名となりました。たぶんこんな事務所は全国を探しても他にはないのではないかと思います。

 組織力を高め、よいサービスを提供するのは当然ですが、それに加え、専門性が高いプロのメンバーが集まる社労士法人として今後も人材育成を続けていきたいと考えています。

このページのトップヘ