名南経営 大津章敬のいい会社を作るための人事労務管理

名南経営 人事労務コンサルタント 大津章敬公式ブログ

2015年02月

仕事のタスクではなく、目的を伝える 先日、駅の階段を下りているとビルメンテナンス会社の方がモップで掃除をしていました。こういった人々によって駅がきれいに保たれている訳ですが、駅の利用者が多いにも関わらず、我関せずといった感じで、利用者を押し退けるようにしてモップがけをしており、むしろ利用者があわててモップを避けるような状態になっていました。

 そもそも掃除を行う目的とは何でしょうか?それは多くの人々が快適に駅を利用できる環境を構築することです。しかし、この清掃員の方は階段にモップをかけることが仕事の目的になっており、利用者の目線が一切ありませんでした。サービス業としてこれは致命的です。

 仕事を指示する際、タスクだけを伝えるとこのような問題が発生します。まずは仕事の目的を明確に伝え、その上で実施タスクを指示することが不可欠です。よく「うちの社員は言われたことしかしない」と愚痴をこぼす経営者がいますが、それも原因は同じかも知れませんよ。

厚生労働省の「産休・育休復帰支援面談シート」 このブログでも度々お伝えしたとおり、今月は厚生労働省の「平成26年度中小企業のための育休復帰支援プラン導入支援事業」の中の育休復帰プランナーとして活動してきました。多くの社労士のみなさんより顧問先に提案して頂いた結果、当初予定の全国300社は受付から3週間弱で達成し、今年度の育休復帰支援プラン策定支援の申込み受付は終了となりました。多くのご利用ありがとうございました。この事業は来年度も実施されるようですので、引き続き、顧問先等へのご案内をよろしくお願いします。

 さて、今回の育休復帰プランナーの活動の中で、これはいい!と思ったツールが一つあるので本日はそれをご紹介したいと思います。それは妊娠が判明した従業員の産休・育休の取り扱いなどについて面談を行う際に利用できる「産休・育休復帰支援面談シート」です。今回の助成金では、上司や会社との面談で円滑な育休取得と復帰に向けた体制整備を行うことが重視されており、支給申請の際にも面談を行った実績がわかる資料を添付する必要があります。そこで使用するツールなのですが、これが非常によくできています。

 「出産予定日はいつですか?」から始まり、休業前、そして復帰前、復帰後とこれを使って面談をすると漏れもなく、非常によいコミュニケーションを取ることができます。助成金の申請予定がなくとも便利に使えると思いますので、是非以下よりEXCELファイルをダウンロードの上、ご活用ください。ちなみにこのシートは月曜日に大手町で行われた育休復帰プランナーの研修でも多くのプランナーが絶賛していました。
「産休・育休復帰支援面談シート」のダウンロードはこちら
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000067279.xls


参考リンク
厚生労働省「育休復帰支援プラン策定のご案内」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000067027.html

労務の日 社会保険労務士法人名南経営および株式会社名南経営コンサルティングでは、「人に焦点を当てた素晴らしい経営」を実現された方々の生の声をお聴きいただける場として、昨年より6月6日(ろうむ)にちなんで「労務の日セミナー」を開催しています。この労務の日を今年も開催することになりました!

 今年は、かつて名古屋駅前にあったホテルアソシア名古屋ターミナルの再建にあたって、従業員重視の経営で4期連続赤字を脱却し、かつ素晴らしい経営体質に変革をされた元ホテルアソシア名古屋ターミナル総支配人の柴田秋雄氏をお迎えすることになりました。本講演では、経営者の在り方と共に、従業員重視の経営にあたっての取組みと情熱をお話しいただけます。心に刻まれるセミナーになると思います。ふるってご参加ください。
※LCGメンバーのみなさんには本編終了後、特別イベントの開催も予定しております。こちらは決定次第、ご案内しますので是非名古屋までお越しください。


ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦
日本一幸せな従業員のつくり方
 労組専従者出身の経営者が行ってきた従業員重視の経営とは?

日時:2015年6月5日(金)午後2時~午後4時
講師:柴田秋雄氏
     一般社団法人アソシア志友館 理事長
     元ホテルアソシア名古屋ターミナル総支配人
会場:名古屋能楽堂(名古屋城)
日本一幸せな従業員のつくり方
従業員を幸せにすることの経営メリット
職場の一体感を生むために経営者がすべきこと
成果主義に頼らない自律人材の育て方
労働組合のモノサシと経営のモノサシ 等


[講師プロフィール]
昭和36年国鉄に就職、31歳で当時の鉄道労働組合名古屋地方本部の専従役員となる。その後、国鉄を退職し組合役員に専念。平成6年に名古屋ターミナルホテルの販売促進部次長に転身。ホテルはバブルの崩壊とともに4期連続の赤字にあえぐ。そんな中、平成17年代表取締役専務総支配人に就任。柴田流の再建策で、見事、7期連続黒字のホテルに再生した。ホテルは、ビル建て替えのため閉館。柴田氏は総支配人を卒業し、現在は、一般社団法人アソシア志友館を設立。理事長として、講演などを通して、絆や優しさ、ぬくもり溢れる社会を目指して、様々な活動を展開中。

[開催概要]
日時:2015年6月5日(金)午後2時~午後4時
講師:柴田秋雄氏
    一般社団法人アソシア志友館 理事長
    元ホテルアソシア名古屋ターミナル総支配人
会場:名古屋能楽堂(名古屋城)
     地下鉄「浅間町」下車 1番出口より東へ徒歩10分
     地下鉄「市役所」下車 7番出口より西へ徒歩12分
     市バス「名古屋城正門前」下車すぐ(栄13号系統、 栄27号系統、西巡回系統)
     なごや観光ルートバスメーグル「名古屋城」下車すぐ
受講料:3,780円(税込)
   ※名南コンサルティングネットワーク顧問先様については1社5名様まで無料

[詳細およびお申し込み]
 以下よりお願いします。
http://www.meinan.net/seminar/15120/

このページのトップヘ