名南経営 大津章敬のいい会社を作るための人事労務管理

名南経営 人事労務コンサルタント 大津章敬公式ブログ

2016年12月

企業実務(2017年1月号) 来年は働き方改革が本格的に始動する年になりそうですが、日本実業出版社の「企業実務」2017年1月号でも「中小企業に求められる「働き方改革」への対応」という特集が組まれています。

 その中で、私のインタビュー記事「働き方改革で中小企業実務はどうなるか」が掲載されています。よろしければ是非ご覧ください。


参考リンク
企業実務
http://www.njh.co.jp/accountant/magazine/


obc winc aichi 電通の事件もあり、過重労働対策についての関心が高まっています。そこで2017年1月17日(火)に名古屋でOBC様のセミナーで過重労働をテーマとしてお話しすることとなりました。受講料は無料ですので、是非ご参加ください。


新春!クラウド&労務対策セミナー
労働基準法改正も間近?電通事件により更に厳格化される過重労働対策 その最新情報と対応策
~増加する監督署調査の実態と企業に求められる労働時間管理のあり方~
日時:2017年1月17日(火)午後1時30分~3時30分
会場:ウインクあいち(名古屋駅)10F 1001会議室 
講師:大津章敬
    社会保険労務士法人名南経営 代表社員 社会保険労務士
 以前より過重労働対策は企業の労務管理における最重要の課題となっていますが、先日報道された電通事件の社会的影響は大きく、今後は残業時間の上限規制や労働基準監督官の増員など、更なる規制の強化が行われる見込みとなっています。そこで今回のセミナーでは、今後、更に高いレベルで求められる過重労働対策・労働時間管理の最新情報、企業として認識しておくべきリスク、そして最低限求められる対策について具体的に取り上げます。
電通事件を受け、更に強化される過重労働対策
増加する監督署調査 最近の重点指摘事項の傾向と対策
企業としていま行うべき労働時間管理の内容とそのレベル
今後議論される36協定上限設定や労働基準法改正の最新情報
人材不足を背景に求められる多様な働き方の具体策

[詳細およびお申し込み]
 以下よりお願いします。
https://www.obc.co.jp/click/events/?module=FreeSeminar&action=ContentListShow&FreeSeminarMasterID=1932


健康宣言 最近は「健康経営」という言葉を耳にする機会も増えていますが、企業の労務管理において、社員の健康管理の重要性が増しています。協会けんぽ愛知支部では、健康づくりに取り組む事業所をサポートし、認定・表彰するための「健康宣言」を募集していることから、私どもの社労士法人でも宣言を行いました。


健康宣言

 社会保険労務士は「ヒトと組織の専門家」として、安全かつ健康に働くことができる環境の創造を推進する立場にあります。


 そのためにはまず、自らが安全かつ健康に働くことができる、働き甲斐のある職場の実現を目指し、同時に健康管理面での支援を通じて、従業員一人一人の健康を支えていくことを宣言します。その上で、健康経営の必要性を、社会保険労務士としての立場から発信し、多くの企業が健康経営に取り組むように働きかけを行っていきます。
重点施策
・働き甲斐のある職場の実現
・従業員の健康保持・促進
・健康経営の必要性・重要性の発信
実施事項
・社員の健康課題の把握と必要な施策の検討
・健康経営の実践に向けての環境整備
・従業員の心と身体の健康づくり
2016年12月8日
 社会保険労務士法人名南経営(認定番号 2800398)
 代表社員 大津章敬
http://www.meinan.net/news/20988/


 私も10月に社労士法人の代表に就任して以来、予想以上の仕事の多さに、これまでは十分な対応ができていませんでしたが、年明けからはこの宣言に基づき、社員の健康の維持・向上と、更に働き甲斐のある職場の実現を進めていきたいと考えています。

 みなさんの会社でも「健康宣言」をしてみませんか?また当社もみなさんの会社の健康経営の支援を行っていますので、是非お気軽にお声掛けください。
参考リンク
協会けんぽ愛知支部「「健康宣言」はじめてみませんか!」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/aichi/cat080/201707213


このページのトップヘ