国税庁統計に見る日本人の平均年収は415万円 国税庁は毎年、「民間給与実態統計調査」をまとめていますが、本日はその平成26年分より、給与所得者の平均給与の統計について見てみることにします。その結果は以下のとりで、景気の回復を受けてか、男性非正規以外は前年比増加となっており、中でも女性非正規の伸びが大きくなっています。
平均給与 415万円(対前年比0.3%増)
男性 514万円(同0.6%増)
 正規 532万円(同1.1%増)
 非正規 222万円(▲1.1%減)
女性 272万円(同0.3%増)
 正規 359万円(同0.9%増)
 非正規 148万円(同2.9%増

 このように見ると、全労働者の4割近くとなっている非正規労働者の賃金水準の低さが指摘されます。ワーキングプア問題の解消、そして女性活躍推進の流れからも今後は最低賃金の引き上げや同一価値労働同一賃金の問題がよりクローズアップされることは確実でしょう。

 ちなみにグラフは男性給与所得者の年収の分布となっていますが、もっとも多いのが300万円台、次いで400万円台となっています。


参考リンク
国税庁「平成26年分 民間給与実態統計調査」
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2014/minkan.htm