マイナンバー漏洩 1月に入り、多くの企業で従業員等からのマイナンバーの収集が開始されています。実は当社も先日より、マイナンバーの提出を社員に呼び掛けているところなのですが、いよいよマイナンバーを管理するということで、企業の取扱担当者のみなさんや委託先である社会保険労務士のみなさんなどは、様々な心配を抱えているのではないでしょうか?

 中でもよく聞かれるのが、万が一、マイナンバーを漏洩してしまった際にはどうすればよいのだろうかという心配です。この点について、個人情報保護委員会は「マイナンバー(個人番号)が万が一漏えいしてしまったら…」というパンフレットを作成し、ホームページ等での配布を開始しました。このパンフレットでは、番号漏洩等が発覚した際の対応フローが具体例を交えながら解説されており、また個人情報保護委員会等への報告の基準も示されています。たった4ページに簡潔にポイントがまとめられていますので、まずは内容を確認されるとよいのではないでしょうか。
パンフレット「マイナンバー(個人番号)が万が一漏えいしてしまったら…」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51389500.html