約4割の企業で正社員が不足と回答 最近は本当に多くの会社で人手不足という相談を受けます。当社自身も人手不足の状態が続いており、名古屋駅に移転したところ、正社員の採用については通勤可能エリアが大きく広がることから好転すると予想していますが、アシスタントさんについては名古屋駅地区の人材獲得競争が熾烈な状況になっており、既にかなり苦戦しています。そこで今回は帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」より、企業の人材の状況について取り上げたいと思います。なお、この調査の対象は全国23,228社で、有効回答企業数は10,519社(回答率45.3%)。


 従業員の過不足についての設問の回答は以下のとおりとなっています。
正社員について「不足」していると回答した企業は39.5%(2015年7月より3.3ポイント増加)
非正社員が「不足」していると回答した企業は26.2%(2015年7月より1.7ポイント増加)

 このように正社員では約4割の企業で不足していると回答しています。企業規模では大規模になる程、不足と答える企業が多くなっており、企業業績の回復については大企業が中小よりも先行している実態を見ることができます。もっとも従業員数21名~50名の規模でも41.0%の企業で正社員が不足すると回答するなど、全体として人材不足であることは間違いありません。

 今後、人材が確保できないことにより、事業計画が予定通りに進められないというケースも増加することが予想されます。安定的な人材確保のため、職場環境の整備を継続的に行なっていきたいものです。

[4月14日に名古屋で人事制度改革セミナーを開催]
 以上のような状況を受け、社員の定着を促進するような環境整備が重要になっています。そこで2016年4月14日(木)に名古屋で「人材不足が迫る企業の人事制度改革 そのポイントと進め方~安定的に人材が採用でき、定着し、育つ環境を作るための人事制度」というセミナーを開催します。是非以下よりお申込みをお待ちしています。
http://www.meinan.net/seminar/18788/


関連blog記事
2016年2月26日「退職理由のホンネは圧倒的に人間関係」
http://blog.livedoor.jp/otsuakinori/archives/46922889.html
2016年2月19日「いまの日本の労働の現状と課題がよく分かる資料」
http://blog.livedoor.jp/otsuakinori/archives/46869323.html
2015年9月9日「中小企業の半数が人員不足と回答」
http://blog.livedoor.jp/otsuakinori/archives/45249271.html

参考リンク
帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査」
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p160203.html