「選考時に重視する要素」の上位5項目 新卒採用の際、学生にどのような能力を求めているのかは、企業が感じている若手社員の課題の裏返しであると見ることができるでしょう。そこで今回は経団連の「2016年度新卒採用に関するアンケート調査結果」から、その調査結果を紹介したいと思います。なお、この調査は経団連企業会員1,339社を対象に実施されたもので、回答数は709社(回答率52.9%)となっています。

 これによれば、選考時に重視する要素の上位15項目は以下のようになっています。
1位 コミュニケーション能力 87.0%(+1.4%)
2位 主体性 63.8%(+3.7%)
3位 協調性 49.1%(+2.7%)
4位 チャレンジ精神 46.0%(▲8.0%)
5位 誠実性 43.8%(▲0.6%)
6位 ストレス耐性 35.5%(-)
7位 責任感 24.2%(▲3.3%)
8位 論理性 23.6%(▲3.6%)
9位 課題解決能力 19.7%(-)
10位 リーダーシップ 16.6%(▲3.9%)
11位 柔軟性 14.7%(▲2.1%)
12位 潜在的可能性(ポテンシャル) 14.6%(▲6.2%)
13位 信頼性 14.3%(+1.7%)
14位 創造性 12.1%(▲2.1%)
15位 専門性 9.9%(▲0.8%)

 図表のグラフは上位5項目の推移となっていますが、2001年頃には拮抗していたこれらの項目のうち、「コミュニケーション能力」と「主体性」を強く求める傾向が明確になり、「コミュニケーション能力」は13年連続で第1位、「主体性」は7年連続で第2位となっています。

 近年、スマホやSNSの普及により学生のコミュニケーションのあり方は大きく変化しており、企業の中で様々なギャップが顕在化しています。コミュニケーションは組織運営の基本であることから、その改善に向けた取り組みが入社後も重要になるでしょう。
参考リンク
経団連「2016年度新卒採用に関するアンケート調査結果」
http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/108.html