OBC 電通の事件もあり、過重労働対策についての関心が高まっています。そこで2017年3月9日(木)に名古屋駅でOBC様のセミナーで過重労働をテーマとしてお話しすることとなりました。こちらは1月17日に開催し、満席・受付終了となったセミナーの再追加日程(追加日程の3月2日も満席)となります。情報は常にアップデートしますが、基本的には同じ内容となります。前回、参加されなかったみなさん、受講料は無料ですので、是非ご参加ください。
労務対策セミナー 【再追加開催】
労働基準法改正も間近?電通事件により更に厳格化される過重労働対策 その最新情報と対応策
~増加する監督署調査の実態と企業に求められる労働時間管理のあり方~
日時:2017年3月9日(木)午後2時~4時
会場:プライムセントラルタワー名古屋駅前店 13F 第21会議室(名古屋駅) 
講師:大津章敬
    社会保険労務士法人名南経営 代表社員 社会保険労務士
 以前より過重労働対策は企業の労務管理における最重要の課題となっていますが、先日報道された電通事件の社会的影響は大きく、今後は残業時間の上限規制や労働基準監督官の増員など、更なる規制の強化が行われる見込みとなっています。そこで今回のセミナーでは、今後、更に高いレベルで求められる過重労働対策・労働時間管理の最新情報、企業として認識しておくべきリスク、そして最低限求められる対策について具体的に取り上げます。
電通事件を受け、更に強化される過重労働対策
増加する監督署調査 最近の重点指摘事項の傾向と対策
企業としていま行うべき労働時間管理の内容とそのレベル
今後議論される36協定上限設定や労働基準法改正の最新情報
人材不足を背景に求められる多様な働き方の具体策

[詳細およびお申し込み]
 ホームページからの受付は後日からとなります。それまでは以下よりチラシをダウンロードし、FAXにてお願いします。
http://roumu.com/obc20170309.pdf